FC2ブログ

2013.07.23 (Tue)


自民圧勝、茫然の朝日、右翼化警戒する毎日

自民党が圧勝したことに反日メデイアは落胆している。
そこで考え出したのは低投票率。
有権者の半分しか投票しないのでは、民意とは言えないという論法である。

朝日新聞社説(2013/7/22)
一強下の野党 与党の2倍働こう

「茫然(ぼうぜん)自失の体である。参院選に敗れ、自民党1強体制下に甘んじた野党の姿だ」


(茫然としているのは朝日新聞だろう)

(中略)

政権が直面する難題と、政権交代が起きやすい衆院の選挙制度を考えれば、1強体制は永久に続くわけではない。野党議員には、惨敗に沈んでいる暇はないはずだ。 与党議員の2倍は働く気概で安倍政権に挑んでほしい」

・・・と野党にエールを送っている。

最近は朝日新聞より毎日新聞の方が反日姿勢が強い。

毎日新聞(同上)
衆参ねじれ解消 熱なき圧勝におごるな


政治の安定と着実な改革を求める民意の表れだとした上で・・・

「この結果を有権者から白紙委任を得たと錯覚し、数におごるようではただちに国民の信頼を失う」

と釘を刺す。

「(低投票率)だからこそ、有権者から託されたものを首相や自民党ははき違えてはならない」

「圧勝の反動でタガがゆるみ、党の古い体質が頭をもたげたり、偏狭なナショナリズムが勢いづいたりする懸念はぬぐえない」


また「偏狭なナショナリズム」か。もういい加減聞き飽きた。

「首相は選挙戦終盤に憲法9条改正への意欲を示したが、改憲の具体的内容や優先順位まで国民に説明しての審判だったとは到底言えまい。改憲手続きを定める96条改正も含め、性急な議論は禁物である」

と憲法改正に反対。

 毎日新聞はまだ興奮が冷めやらぬと見えて、今日も安倍政権に注文をつけている。

「安倍首相は靖国神社に参拝するな」と「原発と民意 推進への信任ではない」の2本。

毎日新聞社説(2013/7/23)
靖国と安倍外交 参拝は控え基盤強化

「安倍晋三首相は歴史認識問題を再燃させるような言動を慎み、外交基盤の強化に全力を注いでほしい。そのためには8月の終戦記念日と、10月の秋季例大祭の靖国神社への参拝は見送るべきだ」


これって、中国と韓国の言い分そのものではないか。
それほどまでに中国と韓国の肩を持つのか。

「もちろん本来は国の指導者が戦没者を追悼するのは、人としても国のあり方としても当然のことだ。だが、それには環境整備が必要になる。最大の問題は、極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯のうち14人が靖国神社に合祀されていることだ」

かつて国会で共産党の発議により、全会一致で「A級戦犯は存在しない」と決議した。
毎日新聞は分祀を勧めているが、無意味である。
分祀した所で中韓の批判は収まらないだろう。
なぜなら、それは単なる外交カードで、内心はどうでもいいのである。
日本が狼狽えれば狼狽えるほど、外交カードの効力は続く。

「歴史認識を巡る首相の言動が今後も続き、「右傾化」「ナショナリズム」批判を招けば、政権の外交基盤は損なわれ、安倍外交は思ったような成果をあげられなくなるだろう」
共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2


まさしく中韓の言い分である。
中韓だけが外交ではない。
ここは我慢比べだ。

慰安婦門問題もそうだが、日本のマスコミが中韓に迎合していること自体が日本の外交の障害になっている。

毎日新聞社説(同上)
原発と民意 推進への信任ではない



「自民党の圧勝で、原発推進にお墨付きが与えられたと考える人がいるかもしれないが、誤りだ」



「確かに、選挙公約で『原発ゼロ』を掲げなかったのは自民党だけだった。新規制基準をクリアした原発の再稼働を進め、地元自治体の理解が得られるよう最大限努力するという内容だ」

B層の担がれたお調子者の山本太郎を除いて、「原発ゼロ」を広言する候補者がたくさん落選した。
たったら民意はどちらにあるのか。

もっとも、B層の民意を大事にして「国策を誤っては」ならない。

プロの政治家が国益のために行う判断は時には愚民の民意を超えることか゜許される。

忘れないでほしい」「当然のことながら、再稼働に前のめりになり、原子力規制委員会の判断に介入することは許されない。再稼働は一定のリスクと隣り合わせであることも

40万年前の地殻変動を根拠に結論を出す規制委員会は神経質過ぎるのではないか。
民主党の決めた委員の顔ぶれを精査する必要がある。

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:54  |  2013参院選  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.23 (Tue)


自民圧勝が気に入らない反日TBS

自民圧勝、民主大惨敗から一夜が明けて・・・

TBS「朝ズバッ!」(2013/7/22)
自民65議席で圧勝
「ねじれ」解消

与良正男(毎日新聞論説委員)
「投票率50%では有権者の半分だから、あまりにも低い。衆参両院で過半数取ったから何でもできる。けれどもこの投票率を見れば、やっぱりそんなに奢っちゃいけないねと。全面的に支援されたワケじゃない。これは安倍さん自身も分かっているとは思いますけど」

柿崎明二(共同通信社編集委員)
「50%だとすれば、多数決ではなくて少数決になっちゃう。ほとんどの人が自分たちと関係ない所で決められちゃうというのは、今回棄権した人は反省した方がいい」

柿崎明
「憲法改正まで丸ごとパッケージで支持されたとは限らないですよね」


と国民は景気回復に期待しただけと佐藤ゆかり自民党議員に問いかける。

佐藤ゆかり議員
「今までの経済効果は一本目の矢、二本目の矢で、あくまで金融市場を中心とした期待先行の景気回復だ、実体経済という面から言えば、多くの成長戦略は法案が通らないと実施できない。全国の遊説演説で、『実際に実際に所得が上がったと感じることが出来るのは法案が通ってからですよ、今は効果が出ませんよ』という話をしてきた」


と答える。
佐藤議員は美人である上に、話し方から頭脳明晰であることが分かる。
スタジオはいっせいに呑まれた感じ。

みんなの党の渡辺喜美代表が横からチャチを入れたが歯が立たない。

そのうち、現場中継で山本太郎が出て来てなにやら喋っていたが・・・

みのもんた
「佐藤さんどうですか?」

佐藤ゆかり
「エネルギー政策は独自の路線を張っておられますし、TPPとエネルギー政策がどう連携するのかお話の筋が分からなかったんですが、その辺もありますし、まあ難しいですね」


と軽くいなされてしまった。

途中から杉尾秀哉TBS解説委員が登場。

杉尾秀哉
「(日本を取り戻すのではなくて)自民党を取り戻すという感じですが・・・」


と嫌味を言っていた。

 全体の論調は、野党はこれからどうするという事が中心で、自民党に圧勝させた民意を受けて、日本はこれからどうなるかと言う展望がまったくなかったのは、いかにも反日TBSらしかった。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:36  |  2013参院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |