FC2ブログ

2013.02.24 (Sun)


日米首脳会談、中国とも仲良くせよと朝日新聞

安倍首相の日米首脳会談は、民主党政権によって大きく毀損された日米関係をなんとか修復し、日米安全保障の重要性を互いに再確認したという点で大成功であった。

 今朝の朝日新聞社説は、冒頭、日米安保の重要性を認めたフリをしつつ、中国の存在を忘れるなと釘を打っていた。
そして最後は「(中国と仲良くしないと)日本は世界に取り残される」という脅し文句で締めくくった。


朝日新聞(2013/2/24)
社説 日米首脳会談―懐の深い同盟関係を

>日米同盟強化に完全に一致できた。強い絆は完全に復活したと宣言したい――。
 安倍首相は日米首脳会談のあと、高らかに成果をうたった。
 日米同盟が大切であることには、私たちも同意する。


>>おやおや、朝日新聞もたまには正気に戻ることがあるのか?

>だからといって、中国との対立を深めては、日本の利益を損なう。敵味方を分ける冷戦型ではなく、懐の深い戦略を描くよう首相に求める。
 首相は、軍事面の同盟強化に前のめりだった。
 首脳会談では、防衛費の増額や、集団的自衛権行使の検討を始めたことを紹介し、日米防衛協力の指針(ガイドライン)見直しの検討を進めると述べた。
 一方で、中国を牽制した


>>あ、やっぱり朝日新聞だ。
安倍首相は日米軍事同盟に「前のめり」だそうである。
中国を牽制してもいけないらしい。


>会談後の演説で、日中関係は最も重要な間柄の一つとしつつ、尖閣問題について「どの国も判断ミスをすべきではない。日米同盟の堅牢ぶりについて、だれも疑いを抱くべきではない」と述べた。
 そういう首相と、米国側の姿勢には温度差があった。
 オバマ大統領は記者団の前で「日米同盟はアジア太平洋地域の礎だ」と語ったが、子細には踏み込まず、「両国にとって一番重要な分野は経済成長だ」と力点の違いものぞかせた。
 ケリー国務長官は外相会談で、尖閣に日米安保条約が適用されることを確認する一方、日本の自制的な対応を評価すると述べたという。
 背景にあるのは、日米同盟を取り巻く状況の変化だ。
 東西冷戦期には、米国とソ連が敵対していた。米国には、日本を引きよせておく必要があったから、同盟は強固だった。
 だがいまは、経済の相互依存が進み、米国は中国と敵対したくない。米中よりも日中のあつれきのほうが大きく、米国には日中の争いに巻き込まれることを懸念する声が強い
 だから米国が日本に求めるのは、いたずらにことを荒立てない慎重さだ。そこを見誤れば、日米の信頼も崩れてしまう。


>>ケリー国務長官は中国贔屓である。
民主党政権そのものも中国贔屓である。
日米安保がありながら「米国が日中の争いに巻き込まれたくない」というのはアメリカの本音かもしれない。
だからこそ核保有による自主防衛で中国とのパワーバランスを取ることが必要なのだ。

>>日米関係の亀裂を求める左翼(中国の回し者)は、「今や米中のG2の時代だ」(寺島実郎)と言ったり、「アメリカにとっては、日本の1億数千万の命よりも、中国の13億人の市場の方が大切」と言ったりする。
「日本はいたずらに事を荒立てるな」と朝日新聞はいうが、事を荒立てているのは中国の方だろう。


>そもそも、グローバル化が進むこの時代、世界を二つの陣営に分けるような対立は起こりにくい。
 日米同盟を大切にしつつ、いろんな国とヒト、モノ、カネの結びを深め、相手を傷つけたら自身が立ちゆかぬ深い関係を築く。日中や日米中だけで力みあわぬよう、多様な地域連携の枠組みを作るのが得策だ。


>>グローバル化の時代だからこそ健全なナショナリズムが必要になって来るのである。アジアの国々も、どちらにつくかと踏み絵を迫られる事態は望まない
アジアの国々は中国の海洋覇権主義と資源漁りに辟易としている。中国の野心を砕く強い日本に期待している。
中国包囲網を作ろうとするアメリカと日本、アジア諸国の連携の動きは正しい。


>対立より結びつきで安全を図る戦略を構想しないと、日本は世界に取り残される。

>>「日本は世界に取り残される」とは朝日新聞らしい結語である。
騙されてはならない。
「中国と結びついて安全を図る戦略」などありはしないのである。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:10  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |