FC2ブログ

2013.02.18 (Mon)


隕石落下 広島原爆の30倍という不謹慎

似非日本人の感覚


今日のテレ朝「モーニングバード」を見ていたら、「隕石落下の衝撃波が広島原爆の30倍」だと解説していた。

比べるに事欠いて、「広島原爆の30倍」はないだろう。

確かに衝撃波を科学的に計算すればそうなるかもしれないが、その与えた物理的・精神的被害はロシアに落下した隕石の比ではない。

 「広島原爆」という人類史上最大最悪のアメリカの殺戮行為を、自然現象の隕石落下と比較するテレビ朝日の感覚はまったくお粗末である。
最近のテレビメディアはこのように常識を逸した報道が多い。
やはり、似非日本人がメディアを操っているのではないかと思わざるを得ない。

【追記】
「広島原爆の30倍」はNASAの発表に基づくものだと分かった。
恥知らずのアメリカは原爆投下の贖罪意識をひとかけらも持ちあわせていない。
逆に日本人が「二度と過ちを繰り返しませぬから」と懺悔している。

日本は一刻も早く自主防衛を果たして一人前になれ!

共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:51  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.18 (Mon)


TBS「サンモニ」の安倍バッシング

アベノミクスは心配だと

JNNの世論調査によれば、安倍内閣の支持率は76.1%と何と1割近くも上がった。

しかし、TBS「サンモニ」の安倍バッシングは止まない。

TBS「サンデーモーニング」(2013/2/17)
国会論戦 TPP、憲法、原発、補正予算・・・


田中秀征氏は・・・

田中
「安倍内閣は当面の問題に全力を投入する姿勢を取っていて、安倍首相も麻生副総理も慎重な所が良い」


と好意的なコメントをした。

続く幸田真音(作家)もアベノミクスで「長期金利が上がった時にコントロールできるのか」と疑問を呈した以外は・・・

幸田
民主党政権が終わってよかった。やっぱり自民党には安心感が持てる。野党側のインパクトが無い」


と好意的なコメントをしたのに対して・・・

高級和服を召したオバさんの田中優子(法政大学教授)が反論。

田中優子
私は安心感より不安感の方が強い。いまは慎重だが参院選が終わるまでの作戦ではないかと思う。憲法改正と国防軍を何時出そうかと持ち続けている。経済政策もこれでいいのか。どんどん格差が広がって行く事を考えると簡単にこれで景気が良くなるとは考えられない。いろんな意味で不安感が募っている」


と左翼丸出し。

「参院選が終わるまでの作戦」大いに結構。
憲法改正と国防軍は自由民主党の党是である。

その自民党に有権者は圧倒的な支持を表明したのである。

「格差が広がるから景気が良くならない」とは本末転倒。
景気が良くなれば格差も縮まる。
とは言え、そもそも「格差」はサヨクのレッテル貼りである。

もっとひどいのは涌井雅之(造園家・東京都市大学教授)のコメント。

涌井
もともとこれ(安倍政権)は右利きのハンドルの自動車だ。離しておくと右の方に傾いていく。それを秀征さんが言うように一生懸命真ん中を保っている。この状態がほんとにいつまで続くのかなということと、健全に真ん中に戻すという力があまりにも足らな過ぎる。与野党が拮抗して、そこでアウフヘーベンしてひとつの大きな方向性を作っていくという作用を持てなくなったのはちょっと心配だ」


日本という自動車が左に切り過ぎているから、安倍政権が右に戻して真ん中を進もうとしているのである。
実際の自動車の様に、手を離せば自動的に真ん中に戻るという作用は無いからだ。
「アウフヘーベン」などとヘーゲルの哲学用語を持ちだして恰好を付けているが、民主党を始めとする野党には拮抗力は無い。
もう国民がこの3年間の民主党政権の酷さに見放したのだ。
左に振れた振り子が元に戻っただけだ。

辺真一
「滑り出しは上々で、国民の76%が支持しているのは、それはそれで結構な事だ。ただし憲法改正問題とか、外交摩擦で先送りされている問題で日本が孤立しないよいうに、国際社会の支持や理解を得られるような外交努力が欠かせないとみている」


「憲法改正」が外交摩擦になるのは、あなたの出生国である一部近隣特亜諸国との間であって、国際社会ではない。

【陸上自衛隊 オスプレイで初訓練】

関口宏(司会)
「尖閣諸島で対立する中国に日米の緊密な連携をアピールする狙いがあると見られていますが、なんだかどんどんどんどん自衛隊の活動が広がってるような気が、優子さん、僕はするんですが」

田中優子
「はい。私、自民党政権になった時に『日本の沖縄化』が始まるんじゃないかと予測をしたんですね。まさにそうなって来ていて、アメリカはもう世界の警察を辞めますといっている。自分たちが命令者になって恐らく日本にそういう役割を押し付けてくるんじゃないかと思うんです。ですから沖縄本島に米軍基地がありますけれど、離島の八重山には米軍基地はない。そこまで自衛隊が担当すると。こういう現象がどんどん広がって行って、国防軍に至るプロセスのなかで、アメリカの前衛になって行くというか、中国を牽制するための前線基地にさせられていくんじゃないかなという気がしています

関口
「是非そうならない事を祈りたいと思います」

沖縄は反米一色である(中には良識ある保守派もいるらしいが)。
日本が沖縄のようになるという事は、日本が反米一色になるわけで、米国の「前線基地」になどなるはずがない。
米国の「前線基地」ではなくて、日本みずからが中国や北朝鮮や韓国を牽制するための自主防衛をするのなら、田中センセは是とするのか。そうではあるまい。
中国の手先であるからして、日本の自主防衛(国防軍)など認めないであろう。

「風を読む」のコーナーでは、「ええじゃないか・・・?」いうタイトルで、江戸時代末期に、大衆が「ええじゃないか」と意味もなく踊り狂ったことになぞらえて、アベノミクスに狂喜する大衆であるかのようにアンチアベノミクス論を展開していた。その論たるや粗にして雑であり、見当違いも甚だしいので省略する。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

13:48  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |