FC2ブログ

2012.12.11 (Tue)


公明党の連立離脱 望むところだ

自民党は保守本道に戻れ

 選挙戦の真っ只中、公明党の山口代表が、憲法改正や集団的自衛権の行使について自民党が強行すれば連立離脱もあり得ると言い出した。

 その意図が奈辺にあるか知らぬが、小判鮫の様に自民党にくっついて甘い汁を吸って来た公明党が、今さらここに来て何を言い出すのか。
牽制球を投げた積りかも知れないが、自民党がいまひとつ真正保守の賛同を得られないのは、このような公明党といつまでも連立しているからである。

 テレビメディアでも、公明党の政策や心情は自民党より民主党に近いのではないかと揶揄されている。
石原新党は橋下徹氏と合体して日本維新の会となったが、総選挙後は「旧たち日」のメンバーを中心に連立して公明党との長い間の腐れ縁を切った方がスッキリしていいのではないか。

そうすれば自民党に愛想を尽かした保守勢力も安倍政権のもとに戻ってくるだろう。


産経スポーツ(2012/12/11)
公明党・山口代表、連立離脱に言及

 公明党の山口那津男代表(60)は10日のTBSラジオ番組で、衆院選後に自民党と連立政権を組んだ場合、自民党が憲法改正や、憲法解釈の変更による集団的自衛権行使の容認を強行すれば連立を離脱する可能性に言及した。自民党の安倍晋三総裁(58)の言動を念頭に、けん制したとみられる。集団的自衛権の行使容認に関し「現行憲法の柱を守ることが重要。そこをはみ出さないように公明党がしっかりと軸を守る役割を果たしたい」と強調。「それでもはみ出したいというなら限界が来るかもしれない」と指摘した。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

17:01  |  2012衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.11 (Tue)


B層は安倍氏に投票するか

B層の研究B層の研究


今日の産経新聞一面は・・・

「自公300議席超す勢い 民主激減 80割れも」

という見出しが躍っている。
そんななか、適菜収氏の近著を読み返してみた。

「(民主党政権の)閣僚はガラクが勢ぞろいです。
元グラドル、元暴走族、元活動家、元詐欺師・・・
(中略)
一番悪いのはこうしたバカを政界に押し込んだ国民です。
やはり、ためらわずに言うべきだと思います。
わが国はバカに支配されています」


そのバカな素人が玄人の仕事に口を出す時代がやってきた。
誰もが参加したがる今の時代の象徴がB層だと適菜氏は言う。

「ゲーテの警告」「ニーチェの警鐘」(いずれも当ブログでご紹介済み)に続く第三作は、このB層の危険性についてさらに論じている。

巻頭の「B層用語辞典」と巻末の「B層オバカ年表」が面白い。

「B層用語辞典」の一部をご紹介すると・・・

●天下り・・・・B層が官僚を批判するポイントのひとつ
●NPO・・・・広義では非営利団体のこと。狭義では左翼の隠れ蓑
●温暖化・・・・3.11の原発事故以後あまり語られなくなった
●格差社会・・・普通の社会のこと。格差が無い社会は不健全
●官から民へ・・「玄人から素人へ」という流れのこと
●差別・・・・・文化・文明の原理
●シェフの気まぐれサラダ・・・プロは「気まぐれ」に料理をつくるな
●事業仕分け・・B層向けのSMショー
●首相公選制・・B層が首相を決める制度
●人権・・・・・歴史的にみて、人権思想が人権の抑圧に加担してきた
●地方分権・・・痴呆に権利を与えること。たとえば、神奈川県の黒岩知事
●民意を問う・・政治を放棄すること


巻末の「B層おバカ年表」は2005年の小泉解散から今年9月26日の安倍晋三自民党総裁の誕生までの様々な出来事と失言を扱っており、新年を迎えるに当たり振り返ってみるのも一興である。

目次をご覧になれば著者の主張はおよそ想像できるが、そのなかのいくつかを拾ってみると・・・

「日本人はなぜ英語をしゃべることができないのか?
必要が無いからです。
理由はそれだけです。」


橋下徹氏は・・・

「自民党のいう公共投資は要らない。子供達にせめて英語くらいは話せる教育に金を使え」

と街頭演説で訴えていたが何とする。

「英語が出来るかどうかは学力ではなく国力に関係するものです。フランスに英会話学校が少ないのはそれが理由です」

日本の駅前なんとかの英会話教室は潰れたが、日本の地下鉄その他の案内板で韓国語や支那語が溢れているのを見るのは日本人として恥ずかしい。
フランス語を誇りにしているフランスの首都パリの地下鉄には外国語の案内板などひとつも無い。
もし、あそこに日本語の案内板などあったらゾッとするだろう。
「折角パリの雰囲気を楽しもうとしてやって来たのに」と。
何も外国人観光客に迎合することなどないのだ。
日本に来たら日本語を学ぶことこそ日本を知ることになるのである。

「テレビ朝日御用達の屋山太郎という評論家がいます。保守論客を装っていまずが、頭の中には改革の二文字しか躍っていない。兎にかく官僚組織が憎いので、それを解体するためにはアナーキストだろうがなんだろうが絶賛する。その検証のなさは実証済みです。(中略)鳩山由紀夫を讃え、麻生太郎をこきおろす。こうした寝言を言っていた老人が、性懲りもなく現在橋下に接近しています」

「この際、はっきり言わせてもらいますが、日本がここまでおかしくなった理由は保守がバカになったからです

「民意を政治に直接反映させると、国が滅びるという歴史的事実に対する理解がなければならない。(中略)ところが社会が幼くなくなった結果、首相公選制や地方分権を唱え、参議院の解体を目指す野蛮な勢力が増長してしまった

「橋下は『ふわっとした民意を誘導するのも政治』と述べています。B層は熱狂した時の気分しか覚えていないということを橋下は経験的に理解しているのです」

橋下はその文明社会の敵です。その根底には国家解体のイデオロギーがあります。労組と対立姿勢を示したり、保守層向けのリップサービスを怠らないので勘違いされていますが、橋下氏の本質はアナーキストであり、メンタリティとしては古いタイプのの左翼です」


「橋下は天性のデマゴーグです。テレビ的な反射神経に優れ、B層の感情を動かす手法をよく知っている。御調子者で個別の政策には疎いので、革命勢力取っては一番利用しやすいタイブです」


確かに橋下氏は都内の街頭演説で「維新は東京では惨敗だ」と嘆いて聴衆の同情を買おうとしたり、公示後にツイターを更新したことを最初は「法的に問題ない」と開き直っておきながら、「もしかしたら逮捕されるかも・・・助けて!」と泣き言を言ってB層の同情を買おうとしている。
要するに態度も言葉も軽いのである。

「近代大衆社会において、政治はプロフェッショナルによる知的な活動という前提が破壊されてしまった(中略)わが国は民主主義ではなくて、議会主義の国です。(中略)そもそも成熟しないから、悔い改めないからB層なのです。間違った選択をしても、責任転嫁の上、自己正当化します。(中略)彼等は決して反省しません」

民主党に政権を与えてしまったB層は、反省もせずに今度は第3極に投票し、同じ過ちを繰り返すのだろうか。
古い自民党に戻すくらいなら第3極がいいのだと。

「政治家の役割は、民意の暴走から国家・社会・共同体を守ることです」

マスコミは民意の暴走をそそのかし、政治家自身もマスコミを利用して民意の暴走を促している。
安倍政権によるプロフェッショナルな政治でマスコミと民意の暴走を止め、日本を再生して欲しいものである。


「日本をダメにしたB層の研究」(適菜収 講談社 2012年10月 1300円+税)

【目次】

B層用語辞典
はじめに 座り込む人たち

第一章 B層とはなにか?

知らないことは言わないほうがいい
偽史はこうしてつくられる
モーニング娘。と価値の混乱
小林秀雄と《コスパバカ》
B層とはなにか? 
B層は単なる無知ではない
B層は陰謀論が好き
大衆とB層の違い
反原発デモと坂本龍一 《参加》の気分が重要
神奈川県を独立国にする?
現代人の《未来信仰》

第二章 今の世の中はなぜくだらないのか?

B層が行列をつくる店 
氾濫するB層鮨屋
デブブームは不健康ブーム
エリック・クラプトンのビジネスに学ぶ
ロパクを擁護する
自由になれない理由
B層を利用する英会話ビジネス
《国際人》など存在しない
数学を悪用しない 
保守を偽装する人々
大学教授の学力崩壊 
人権派が政治をダメにする
人権思想はテロの根源

第三章 今の政治家はなぜダメなのか

60歳を超えても10代に見える生き方
小沢一郎の正体
土井たか子と小沢の売国活動
ポピュリズムはなぜ暴走したのか
フアミコン世代が国を滅ぼす
橋下徹というデマゴーグ
卑劣な人間のパフォーマンス
亡国の船中八策
平気で墟をつく人たち
伝統文化を破壊する人々
政治利用された「A級戦犯」
100センチの視点
悪人は悪人顔をしている

第四章 素人は口を出すな!

国民は成熟しない
誰もが参加したがる時代

小沢一郎の三権分立論 
全体主義のロジック
民主主義はキリスト教カルト
「民意は悪魔の声である」

おわりに 新しいものはたいてい「嘘」

参考文献

B層おバカ年表


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

14:43  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |