FC2ブログ

2012.09.26 (Wed)


テレ朝、安倍新総裁に早くもイチャモン


「安倍総理が誕生してしまった!」

安倍新総裁が誕生して数時間も経たない内に、反日テレビ朝日の安倍新総裁叩きが早くも始まった。
それも敗戦の将である石破茂政調会長を中継でインタビューして、この総裁選が党員の意見を反映していないという姑息なイメージ操作で新総裁を貶めようとしている。
石破氏からネガティブなコメントを引き出そうと躍起になっていたが、石破氏はそれには引っかからなかった。

テレ朝「スーパーJチャンネル」(2012/9/26)
地方票でダントツも・・・惜敗"返り咲き" 新総裁に協力は?
「地方票反映されない総裁選」
今後自民党にダメージは?


小木逸平(キャスター)
「自民党の総裁選では党員票156票という圧倒的な差をつけながら惜しくも決選投票で及ばなかった自民党の石破茂前政調会長と中継がつながっています。石破さん、圧倒的な党員票を獲得しましたけど、それでも及ばなかった、その敗因は何だったとご自分で解析していますか?」

石破茂
「それは実に簡単な話で、国会議員票が足りなかったということですね」

小木逸平(キャスター)
「国会議員票が集まらなかった要因は何でしょうか?」

石破
「いろいろな要因がある。198人の国会議員が考えた結果で、一人一人の胸の内は私は分からない」

小木
「ただ、あの、165票は非常に大きい票で、安倍新総裁も会見で石破さん、石原さんと一緒にやって行かなければいけないと話をしていましたが、安倍新総裁のもとでの協力はどういう風にされていくのですか」

石破
「これはルールに則って選ばれた新総裁だから、新総裁の人事権は絶対ですよね。とにかく自民党が今の現職議員だけれでなくて、いま議席の無い人、これから新しく有権者の審判を得られる人たちが、衆参で一人でも多く当選できるようにみんなで全力を尽くすのは極めて当然の事だと思う」

後藤謙次
「総裁選の最中から『私が選ばれることが自民党が変わったことを強く国民にアピールできるのだ』と言っていたが、結果として、党員票を永田町が敢えて無視する形で安倍さんが誕生してしまった。党が変わったと言うイメージを打ち出すのは非常に難しいと思うが、その辺はどうするのか」


「安倍さんが当選してしまった」とくやしそう。
朝日新聞は安倍たたきが社是だから仕方ないか。

石破
「党員の声を永田町が無視したというマイナスイメージを如何にして国民の皆様方に持たれないか。このルールで選んだ。こういうルールだと承知で私も立候補した。そしてこの結果が出た。だから、多くの党員の支持を頂いた。それをいかなる場合であれ、自民党の一員として、政権奪還、奪還が目的ではないが、落選した人や議席のない人が一番国民の声を聞いて歩いているから、そういう人たちを当選させるために党員の一人としてみんなと頑張る」


自民党の派閥がまだ生きていると批判したいのがアリアリ。

大谷昭宏(ジャーナリスト)
「これから安倍さんも石破さんの声を大事にしていかないと、成り立たないと思う。安倍さんは日本維新の会を相当評価している。石破さんはそれとは距離を置いているようにみえるが、どういう対応を取るのか」

石破
「維新の会もわが党も候補者を立てて戦う。今から協力するのしないという話ではない。国民の審判を受けてどこが第一党になるかによって決めて行くべきだ」

(以下略)

中継が終わって・・・

後藤
「安倍さんに対して相当配慮している。安倍さんも石破さんも対中強硬派なので対中外交をどうするか聞きたかった」

大谷
「尖閣に対してかなり強硬だ。国民は相当注目している」


危機感を抱いて注目しているのは国民ではなく、中国とその手先である後藤・大谷の輩であろう。

小木
「三者が協力していけるかどうか」


なんともテレ朝の底意地の悪さが透けて見えて、不愉快だった。
石破氏の言う通り、総裁選のルールに従って負けたのだから、第三者がとやかく言う事は無いだろう。
安倍氏は当選した後、「ノーサイド」だと言った。
野田首相も同じ事を言ったが、小沢氏は離党した。
反日マスコミは自民党の分解を狙って今後も色々と情報操作をして来るだろう。
クタバレ朝日新聞、テレビ朝日!


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:28  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.26 (Wed)


祝 安倍総理誕生!

遂に安倍晋三氏が再び自民党の総裁になった。

次の総選挙の結果次第で、首相に返り咲くことになる。

期待はしていたが、こんなに早く安倍氏が首相になるとは夢にも思わなかった。

安倍氏におかれては過去の辞任に仕方に関するマスコミとマスコミに洗脳された誹謗を完全に覆すべく、また前回やり残した国づくりのために尽力して頂きたい。

勝った安倍氏の顔には笑みは無かった。
責任の重さと新しい意欲をかみしめているようだった。

安倍新総理に祝杯をあげよう!


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:19  |  政権奪回  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |