FC2ブログ

2012.06.20 (Wed)


1億円強請られた原巨人監督

明日発売の週刊文春が暴露

巨人軍の原監督が女性の日記を巡って反社会的組織(暴力団)に一億円を恐喝されたという記事が明日21日に発売される週刊文春に掲載される事が分かった。

原監督は事実を認めファンに謝罪しているが、そんな事で済まされるものではない。

フジテレビ「スーパーニュース」(2012/6/20)

先程、原監督本人のコメントが発表された。

原監督
「1988年頃、私はある女性と関係を持ちました。強請られていると感じ、不安を覚える一方、私を助けてくれるものだとも解釈し、要求された現金を渡しました」


「私を助けてくれると解釈した」とは下手な言い訳である。
なぜ正直に強請られたと言えないのか。

ナレーション
「球団によると、原監督は2006年8月、プロ野球関係者と名乗る二人に1988年頃の不倫関係について強請られ、一億円の支払いに応じたと言う」


「私個人の不徳の致すところであり、プロ野球の監督という立場にある人間として、深く反省しています」

ナレーション
「球団は今回の記事について原監督が反社会的勢力に不当な利益供与をしたという印象を与え、名誉を傷つけるとして・・・・」


球団が原監督を当然「懲戒解雇」にするのだと思ったら・・・・

ナレーション
「出版元を相手取り、損害賠償を求める訴えを起すことにしている」


自分の耳を疑った。
巨人は球界を牛耳って横暴な行為をするが、またかと思う。

安藤優子
「読売巨人軍としてはこ2人組の男と言うのが反社会的な勢力であるとの認識は無かったとしている。つまり、問題は無かったと」

木村太郎
「この問題は反社会的な男だったかかどうかは別にして、反社会的な人間じゃなかったら強請られてもいいのかという話になってしまう。しかも、一億円を強請った男が反社会的でないなんてことがあり得ない。暴力団の正式の組員だったかどうかは別にして、それを疑わなかったというのも信じられない。一億円を強請られたことを警察にも言わな方というは非常に社会的に問題が多いと思いますね」

安藤
「何か後ろ暗い事があったのじゃないかと思われても仕方がないと・・・」

木村
「というか恐喝はほっといちゃあいかんですよ」


読売新聞のナベツネこと渡辺恒雄会長はたかがブンヤの分際で政界の大連立を仕掛けるなど不遜の極みであり、あのすべてに傲慢な態度は許せない。

また金の力にものを言わせて訴訟に踏み切るのか。
そんなことをしたら原監督はますます面目を失う。
責任を取って監督を辞任すべきだある。
政界も球界も責任をとって辞任するということがなくなってしまった。
人間の矜持というもののかけらもない、なんとも情けない世の中になったものである。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

11:30  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |