FC2ブログ

2012.04.06 (Fri)


亀井静香、6人はゴミと

6人に明日は無い

国民新党の亀井亜紀子議員は6人の党員の造反に「クーデターだ」と怒っていたが尤もである。
亀井氏が記者会見で離党を宣言した時は、目にうっすらと涙を浮かべていた。
哀れである。
コメンテーターが言っていた。下地幹郎幹事長が「結党時の精神に則り」と言っているが、国民新党が立党した時には彼らは居なかったと。
だとすれば亀井静香氏は自分の作った政党を乗っ取られたことになる。

政権は離脱するが、閣僚や要職に就いている党員は無所属として使ってくれと野田首相に懇願したが断られた。
論理は破綻しているが、亀井氏の党員に対する温情である。
にもかかわらず、6名は亀井代表と亀井政調会長を追い出した。

亀井氏は確かに古いタイプの政治家かも知れないが、夫婦別姓に反対し、人権擁護法案(現在の人権救済法案)に反対していた。
死刑反対は頂けないが、一応保守派と言ってもよい。

一方、政権与党の甘い水に酔い痴れた国民新党の裏切り者6人には明日はないだろう。
彼らの行為は日本人の心情を逆撫でするものである。
次の総選挙で確実に落選する。
造反者に「支えて欲しい」と懇願した野田首相も落選するだろう。
国民新党の6人など員数にも入らない。
にもかかわらず「支えてもらう」と言わなければならないほど民主党は弱体化しているのである。

産経ニュース(2012/04/06)
亀井亜紀子氏「静香氏は、ごみは捨てろと」

 国民新党からの離党を決めた亀井亜紀子参院議員は6日、連立残留を表明した自見庄三郎郵政改革担当相らについて「いつまでもあの6人相手に争っているのはバカらしいと考えている。(亀井静香氏から)ゴミは捨てろ、といわれた」と述べた。都内で記者団に語った。

産経ニュース(同上)
連立継続で合意 首相が自見氏に「支えてほしい」

 野田佳彦首相は6日、新しい国民新党代表として届け出られた自見庄三郎金融担当相と会談し、連立政権を継続することで合意した。
 首相は「これまでと同様に支えてほしい」と協力を求めた。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:04  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.06 (Fri)


鳩山元首相、イラン訪問の愚行

木村太郎がイラン訪問を支持!

普天間基地移設問題で迷走し、日米関係を悪化させた鳩山元首相が民主党の外交担当最高顧問になった時は驚いたが、その鳩山氏が勝手に中国の要人と面談して二元外交した事にもあきれた。
そして、今度はアメリカが目の敵にするイランを勝手に訪問すると言う。
国会でも自民党の山本一太議員に「羽交い絞めしてでも中止させろ」と言われた玄葉外相は「そういう思いも無くはない」と答弁したが、当の鳩山氏は「そんな外交では日本は持たない」とルーピーぶりを発揮して中止の要請を拒否。
核開発を進めるイランへの国際社会の包囲網を堂々と破って訪問するらしい。
その鳩山氏のイラン訪問を木村太郎氏が「二元外交ではない」と擁護する始末。
世の中なんだか狂ってきた。
民主党政権もいよいよ断末魔の悲鳴を上げている。

フジテレビ「スーパーニュース」(2012/4/5)
"お騒がせ" 元首相が火種に?
バラバラ…二元外交批判

安藤優子
「(鳩山氏のイラン訪問は)何の為なんだろうかと改めて思います」

木村太郎
「僕はねえ、二元外交だとは思わない。つまり、個人として行くんであるならば、外交なんて出来るわけはないんで、個人の資格として行くという事になる筈なんですね。それが悪いかと言うと、決して悪い事じゃないと思う。鳩山さんの外交方針は別として、そういうてのはいろんな国のトップの経験者の仕事だと思う。例えばカーターさんは国交のないキューバに行ってカストロと会ったり、それから北朝鮮に行った捕まってたアメリカ人を引き出したりしてますね。僕はそういう事をやる可能性、あの、トップにいた人はやってもいい筈で、それを二元外交だと言って行かさないと言ったら日本の外交の幅が無くなっちゃうと思う

安藤
「なるほど」


恐らく木村太郎氏の発言の根底にはイランの核開発の容認がある。
「個人として行くなら外交ではない」と言いながらカーターが北朝鮮から米軍人の捕虜を取り返したというのは外交以外のなんだと言うのだ。

それにしても、鳩山氏が「日本の外交の幅」とは恐れ入った。
イランに観光旅行に行くわけでもあるまいし、これ以上日本の外交を国際社会の笑いものにして欲しくないものだ。


産経ニュース(2012/4/5)
鳩山氏のイラン訪問 政府が中止要請

衆院本会議に臨む鳩山由紀夫元首相=5日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)
 鳩山由紀夫元首相のイラン訪問をめぐり、政府は5日、鳩山氏に渡航中止を要請した。だが、鳩山氏はアフマディネジャド大統領らとの会談も調整済みとして要請を拒否。予定通り6日から4日間の日程で訪問する意向を示した。政府は、核開発を進めるイランに対し欧米諸国と連携して圧力を強めようとしているが、元首相のスタンドプレーを食い止めることができないでいる。
 玄葉光一郎外相は5日、国会内で鳩山氏に「せめて延期をしてほしい」と要請した。しかし、鳩山氏は会談後、記者団に「政府しか外交ができないということでは、この国はもたない。イランに友人として言うべきことを言って武力的な行動が起きないように努力したい」と語った。
 野田佳彦首相は5日の参院予算委員会で「わが国の国際協調の立場と整合的でなければならない」と懸念を表明。藤村修官房長官も記者会見で「政府や党として行うわけではなく、個人のまさに旅行ということになる。外交ではない」と述べたが、訪問を阻止することはできなかった。
 鳩山氏といえば米軍普天間飛行場移設問題をめぐり「最低でも県外」と主張し、問題を迷走させた張本人。自民党の小泉進次郎青年局長は記者団に「今さら何をやっても驚きませんね。民主党の外交顧問ですから『民主党の外交』を担われているんじゃないですか」と皮肉った。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:33  |  反日政治家  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.06 (Fri)


亀井代表、国民新党を追い出される

泡沫政党の国民新党のことなどどうでもいいことだが、亀井静香代表が連立を解消したというのに、国民新党の自見郵政改革担当大臣は閣僚として居座り、野田総理もそれを不思議とも思わない非常識。
増税反対派の亀井代表と亀井政調会長の両亀井の留守中に、残りの6人が増税賛成、連立維持と決め込んだ。
さらには自見氏を代表に担いで、亀井代表を解任するとはまことにお粗末なお家騒動。

哀れ亀井氏は与党を飛び出し、みずから作った党を追われ、盟友の石原都知事に縋り付くしかない。
その石原氏とて増税派では、流石の古参政治家も「オール・ジャパンで」と粋がっても「オールド・ジャパンだ」とおちょくられ、これかからどうやって政界に生き残るのやら。

そんな国民新党を自民党の新星、小泉進次郎氏は「国民不信党だ」とこき下ろした。
国民新党が連立にすがりつくのは、よほど政権与党のうま味があるからだろう。

民主党に失望していた国民は野田首相が命をかけた増税をめぐる民主党内のゴタゴタと、連立のゴタゴタで、民主党政権に完全に愛想を尽かしたに違いない。
マスコミも野田首相支持率30%などという情報操作をいい加減やめたらどうだ。


産経ニュース(2012/04/05)
亀井代表解任 国民新党議員総会 今後は6人で活動

 国民新党の下地幹郎幹事長は5日夜、国会内で民主党の輿石東幹事長と会談し、連立政権離脱を主張していた亀井静香代表と亀井亜紀子政調会長の2人を同日の議員総会で解任したと伝えた。下地氏ら6人で今後も与党として活動し、新たな代表に自見庄三郎郵政改革担当相を選出したことも伝達した。会談後、下地氏が記者団に明らかにした。

産経ニュース(同上)
小泉進次郎氏「国民新党は国民不信党だ」

 自民党の小泉進次郎青年局長は5日、国民新党の連立政権離脱問題について「党首が『与党から離脱した』と言っているのに、党の人は閣僚として居座る。もう、めちゃくちゃだ」と酷評した上で、国民新党の党名を文字って「国民不信党だ」と皮肉った。国会内で記者団の質問に答えた。
 消費税増税をめぐる野田佳彦首相の姿勢に関しては「『命をかける』というが、最終的に『消費税10%』では済まないのは誰でも分かっている。10%に命をかけて、その先の増税では何をかけるのか」と強調。民主党の消費税増税関連法案の審査過程で、再増税に関する規定を削除したことを批判した。
 小泉氏はまた、民主党の鳩山由紀夫元首相がイラン訪問を予定していることに関し、首相時代に在日米軍再編問題などで迷走した経緯を念頭に、「今さら驚きませんね、何をやっても。民主党の外交顧問ですから、『民主党の外交』を担われているんじゃないですか」と突き放した。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:24  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.06 (Fri)


「民主党はアホ」とケビン・メア氏

ケビン・メア氏メア氏縮小版
けびんメア氏●●●●写真はケビン・メア氏

その通りである。
民主党はアホである。
ケビン・メア氏の著書「決断できない日本」は「おすすめの本」としてご紹介したが、知日派あるいは親日派として大切にしなければらないお友達の一人である。
東日本大震災のアメリカの「トモダチ作戦」の時もメア氏は日米間のコーディネーターとして大活躍したと言われている。
最近、時折テレビでお見掛けするが、日本語がなかなか聞き取りにくい。
数か月前の石原慎太郎都知事との対談は中々よかった。
途中から気付いてビデオ取りしたが、ブログ記事にしようとしてそのままになっている。

保守派には親米と反米とあるそうだが、無益なレッテル張りと保守派同志の争いは反日勢力を利するだけである。
是々非々でアメリカに向き合うべきである。

民主党政権で日米間がギクシャクしていることは事実だが、マスメディアはあからさまにそれを伝えようとしない。
普天間問題ではアメリカは日本が考えている以上にあきれているはずだ。
しかしTPPについては、日本が参加することに最初アメリカは反対だったとよく言われるが、本当だろうか?
何にも決められない日本=民主党政権では足手まといになるだけだと。
しかし、オバマ政権にとって日本の参加は大統領選のブラス材料になるはずだ。
それと、何も決められない日本が入るとTPPの足を引っ張ると言われているが、もうその骨格は既に参加国で出来上がっていて、今さら日本が参加しても変えられないという説もある。
ISD条項も知らなかった野田総理がTPP参加に手を上げてアメリカに胡麻を摺っているだけではないか。

そんな事より、北朝鮮はミサイルをぶっ放そうとしているのに、日本には十分な抑止力が無いことが問題だ。
日本は核武装化で、あるいは100歩譲って、核武装の検討を国際社会に宣言するだけでも抑止力の一部になる。
しかし、アメリカが日本に核を持たせまいとしていることも事実である。
中国と北朝鮮、ロシアへの防波堤として日本を利用したいのならアメリカは日本に核武装させるべきである。
あるいは、少なくとも田母神俊雄前航空幕僚長が提言する核シェアリングを検討すべきである。

いずれにしても、国際社会の中での日本はいつも受け身で主体性が無い。
そうかと思うと民主党の歴代の首相は海外で勝手に国際公約をしてから日本に諮るという事をしている。
それも外圧を利用するという算段でもないらしい。
単なる思い付きである。
第一、日本の首相が何を国際社会に約束しようとも、完全に無視されているのだから・・・
やっぱり民主党はアホなのである。


産経ニュース(2012/04/04)
民主党は「アホ」!? あの更迭部長が激白

 東日本大震災から1年が過ぎた。しかし、いまだに復興は進んでいない。政府の対応の遅さは、なにも震災の復興に限ったことではない。沖縄・普天間基地の移転、TPPへの対応、中国・北朝鮮との外交…いろいろな場面で、日本政府の決断力のなさがいっそう事態を悪化させているようにみえる。多くの国民は、すでに民主党政権に愛想をつかしているだろうが、このような日本の政治を、アメリカはどう見ているのだろうか。
 日本に対するアメリカの本音をはっきり述べた本が話題になっている。「沖縄はゆすりの名人」発言をしたという報道で更迭された、元国務省日本部長のケビン・メアさんの著書「田原総一朗責任編集 自滅するな日本」(アスコム刊)である。
 そもそも、沖縄の基地問題の混乱は、鳩山元首相の「最低でも県外」 発言が発端だ。この発言には、当時、国務省日本部長だったメアさん自身 「アホか」と思ったという。普天間基地の移転問題は、日米両政府が10年の歳月をかけて合意してきたものである。それを民主党政権は、 自民党が決めた合意であり、 政権交代をしたのだから従う必要がない、と言ったのである。アメリカも共和党と民主党の2大政党間で政権交代を繰り返している。その度に国家間の取り決めを白紙にするなんてことはありえない。しかも、「腹案がある」はずの政府の提案は、それまですでに検討されつくしてボツになった案ばかり。メアさんが呆れるのも無理はないだろう
 TPPについても、アメリカの押しつけだという意見が日本では強い。しかし、当初、アメリカ政府内では日本の交渉参加はジャマになるだけだ、決断できない日本を交渉に入れると、ズルズルと時間だけがたち、交渉がまとまらないから、日本の参加を歓迎すべきではない、という意見があったという。このように、沖縄の問題にしてもTPPにしても、本来日本政府が国民にすべき説明をしっかりしないで、アメリカが決めたせいにして、それを口実にずっと言い逃れをしている。何も決断しない、何も実行しない日本の政治に、アメリカはしびれを切らしているのだ。
 日本が、これまで幾多の困難を乗り越えてきたように、今度もまた国民が力を合わせて前へ歩いていくのか、あるいは、自滅への道を進むのか。道筋を決めるのは私たち自身である。今、何を議論し、どう決断すべきか、決める時期にきている。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:03  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.06 (Fri)


「売国奴に告ぐ」(2)

「政治はものすごく大事で、民主主義は恐ろしいものだということを忘れてはいけない。
僕が一番ショックだったのは、2009年の政権交代選挙のときのことですよ。普通、『100年に1度』とまで言われる経済危機においては、国民は保守化するものです。危い状況になったら大胆な実験はやらないものです。ところが日本は、民主党に政権を任せてしまった。民主党を信じていたからではない。『1回やらせてみるか』と、みんながそう言ったんです。そんな実験が許される悠長な事態ではなかったのに……。
 そんなふざけた判断をしては絶対にダメなんです。『1回やらせてみてダメだったら、別の政権を選べばいい』という意見もありました。それはそうかもしれませんが、結果として、その間違った政治家たちが、震災の復興を疎かにした、あるいは普天間の問題をめちゃくちゃにしたり、TPPの交渉参加を表明したりしてしまった。
 震災で死んだ命は帰ってこない。国際公約も取り返しがつかない。普天間の問題にしても、今後新しい政権が立ったところでどうにもなりません。政治は一度まずいことをしでかしたら取り返しがつかない。だから心してかかるんだという真剣さがない人たちが多すぎるんです。高度成長期やバブル期であれば、それで良かったのかもしれないけど」


これは「売国奴に告ぐ」の中野剛志氏の言葉である。
少々長いが引用させて頂いた。
当ブログも民主党政権が発足した直後からそれを予感しサブタイトルにもした。
そして年月の経つごとに民主党政権の弊害が増幅した。
民主党政権時代の負の遺産を帳消しにし、プラスに転化するためには余程腰の据わった保守政党と長い年月が必要になる。

売国ドクトリンから日本を救え

三橋氏はアメリカの投資家やウォールストリートの連中と日本の官僚が最近、あからさまにショック・ドクトリンを仕掛けていると言う。
東日本大震災後の「閉塞感」を煽ってTPPに参加させようとしたり、「財政破綻」と危機感を煽って増税を容認させようとしているという。
グローバル企業や海外の投資家が儲かり、国民は疲弊する。

中野氏の解説を少し尾ひれをつけて敷衍すれば・・・
新自由主義者は市場原理に基づけば全て上手く行く筈だという→しかしうまくいかない→仕組みが悪いからだと言い出す→既得権益に対するルサンチマン現象が起こる→閉塞感の原因は既得権益のためだと思い込む→建設業、郵政、農協、公務員が敵として叩かれる→敵を叩くリーダーに喝采しポピュリズム政治が横行する。

「これはいわゆるポピュリズムです。ファシストの典型的なやり方で、日本だと小泉純一郎、もっと大規模にやったのはヒトラー、現在進行形が橋下徹大阪市長です。要するに、誰かわかりやすい敵をターゲットにして、叩きまくる。強く叩くほどに、人々は溜飲を下げられる。それから、敵を叩いている指導者を見て、そこに不屈の精神を読み取る。このリーダーについていけば、この苦しい状況を突破できるんじゃないかと期待する」(中野剛志)

既得権益を破壊しても、次に必ず誰かがそれを奪い取る。
既得権叩きはインフレ期には有効だが、デフレ期にはしてはいけない。農協や大阪市役所の既得権益などマクロ全体から言えばたかが知れている。優先度は低いと中野氏はいう。

デフレ脱却に経済学者や評論家が侃々諤々の論議を展開し、国民を啓蒙しようとしているのに、政治は民主党の小沢派の役員が揃って辞表を出したの離党したの、国民新党が政権を離脱したの分裂したのとマスメディアが大好きな「政局」で動いている。
増税の問題もさることながら、TPP、憲法改正など論議すべきことは沢山あるのに・・・


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

17:49  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |