FC2ブログ

2011.12.26 (Mon)


橋下氏を利用する反日勢力

それにつけても金の欲しさよ

毎日のようにテレビに出演して、いまや時の人となった橋下大阪市長。
かつて彼に一定の評価をしていたPonkoは最近、疑問に思う事が多くなった。
六カ月以内にメドをつけるとたびたび広言しているので、彼の行政的手腕は6か月後に評価するとして、彼の人間性に疑問を抱くのである。

昨日のフジテレビ「新報道2001」でも、「口だけ番長」と産経新聞にこき下ろされた前原誠司政調会長と出演していた。
橋下氏は「国のかたちを変える」「今や不連続の時代。有権者に反対されても不連続に挑戦する」と勇ましいのだが、国の在り方にどうかかわるのかと聞かれると、「いや自分は市役所の所長に過ぎない」と逃げる。
大言壮語してみたり、卑下して見せたり、このような使い分けをたびたびテレビで見かけた。
狡猾である。
したがってその人間性をどうも信頼できない。
大前研一氏がブレーンだということも信用できない理由のひとつである。
寺島実郎氏がブレーンだったルーピーハトヤマとおなじ理屈である。

民主党は2009年に大層なマニフェストを掲げて大勝したが、そのほとんど全てが実現できず、マニフェスト詐欺との名誉ある呼称を頂戴した。
メタメタの民主党だが、それでも自民党の人気は上がらないとマスコミはいう。
「一度やらせてみたら」と考えた愚民どもは自分たちが騙されたと知って失望し、ついでに政治そのものに失望したそうである。
大阪維新の会や橋本市長がもてはやされるのは、そういった「既成政党への不信」や「政治不信」のなせるわざだと、したり顔で解説している。
果たして、本当だろうか?

昔から「それにつけても金の欲しさよ」という下の句を付ければ、どんな短歌も出来上がってしまうという冗談がある。
例えば、「秋来ぬと 目にはさやかに見えねども それにつけても金の欲しさよ」という具合である。
今のマスコミがやっていることはそれとまったく同じで、散々民主党政権を腐した後で、「それにつけても自民の弱さよ」と下の句をつけて世論を誘導しているのである。

「戦後体制からの脱却」を掲げて防衛庁を防衛省に格上げし、教育基本法を改正し、その他にもたくさんの実績を上げ、強い日本に回帰しようとした安倍元首相は、日本を解体しようとする勢力によって日本のリーダーの地位を奪われた。
その反日勢力はいまだに存在し、自民党の再生を阻もうとしているのである。
その勢力が橋下大阪市長を利用しているのである。
このような勢力に加担する既存メデイアに対抗するにはネットのみなさんの力で反日勢力を斬るしかないとつくづく思う。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:19  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |