FC2ブログ

2011.08.23 (Tue)


最後まで汚い男

あの男は最後の最後まで汚い男だった。

四面楚歌で退陣を迫られたにも関わらず、失政で退陣するのではないと国会で大見得を切った。
支持率がマイナスになることはないから1%になっても退陣しないと言い張った男だけの事はある。
まことに破廉恥で恥知らずな男である。
もうこの男の事は記憶から消し去りたい。
不愉快でたまらないのである。
顔を見ただけで虫唾が走るのである。

あの男の場合は、市民運動あがりの出来損ないで、二世、三世議員の帝王学を学んだ正統派の政治家ではないことがそもそもの原因である。
やはり日本の伝統と文化を十分に理解し、身に着けた人間でないと日本の指導者にはなれない。
そうであれば別に二世、三世である必要はない。
民主党の指導者の愚かさを目にするにつけ、自民党の稲田朋美議員、そしていずれは小泉進次郎議員などに日本を引っ張って行って欲しいとつくづく思うのである。


産経ニュース(2011/08/23)
菅首相“失政退陣”を完全否定

 「首相を辞する決意をしたのは、何か間違ったことをやったから責任を取るということではありません」。菅直人首相は23日の参院財政金融委員会で、東日本大震災の対応などこれまでの政権運営の正当性を訴え、「失政」によって退陣に追い込まれたわけではないとの認識を示した。
 たちあがれ日本の中山恭子参院幹事長代理は、震災や福島第1原発事故の対応のほか、米軍普天間基地の移設問題、領土問題など菅政権が積み残した課題を列挙。そのうえで「こうした問題がまだ解決していない。この責任を取って退陣するのだろう」と詰め寄ると首相は完全否定した。
 首相はまた、低迷する内閣支持率について「世論調査の厳しい数字は率直に受け止めなければならない」としつつも、「脱原発依存」宣言などを念頭に「私が提起した政策が否定されたのかというと、同じ世論調査でもそうではない数字が出ている」と強調。この日も自己正当化とも受け止められる答弁に終始した。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:04  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.23 (Tue)


「たけし」でテレ朝変身?

なぜか民主党批判

最近、反日サヨクのテレ朝はどうしてしまったのか?
「ビートたけしのTVタックル」で民主党批判を続けている。
一説によれば、たけしのプロダクションの意向で、てテレ朝もそれに従わざるを得ないとか。
だとすれば、たけしの世直しの力はたいしたものだ。

関西ではそれ以上の本音トークの番組があるようだが、テレ朝も高視聴率を狙って二匹目のどぜうを狙っているのではないか(笑)

22日の「TVタックル」を見逃した方に、そのあらましをご紹介する。

ゲストに「沖縄の人はごまかしとゆすりの名人」と発言したとして3月に更迭されたケビン・メア元米国務省日本部長が出演したのには驚いた。
「sengoku 38」こと一色正春元海上保安官の出演以来のヒットである。
メア氏は8月17日、「ゆすり発言」は事実ではないと共同通信記者を名指しで抗議したが、メア氏の発言内容はある意味正しい。
日本人の奥さんを持ち19年も日本に住んでいる親日派のメア氏を更迭に追い込んだのは日本政府の落ち度でもある。

産経ニュース 2011/08/18
メア氏、「ゆすり発言で」で共同通信記者を批判


導入部で取り上げられた経産省事務次官、資源エネルギー長官、保安院長の3名の更迭ニュースでは、本当は予定の退職で、退職金が1000万円以上割り増しされて総額6千数百万円から7千数百万円とは庶民には夢のような話だ。しかも天下りの道も残されている。
メア氏が退職金をこんなに貰えるのは羨ましいと言い、「沖縄の人はゆすりの名人」の話から、そんな事は言っていないと、その話に進むかと思ったら、突然三宅氏の「なでしこの国民栄誉賞はおかしい」という発言に切り替わってはまったのは残念。

傍らの勝谷誠彦コラムニストがメア氏を「属国日本の総督みたいなもんだ」と揶揄していたが、その場をわきまえない勝谷氏の空回りにはいつも辟易とする。

代表選の候補者は「帯に短し襷に長し」で、かくれサヨクの大竹まことが週刊文春記事を紹介していた。

ま・・・前原
た・・・樽底
ば・・・馬淵
か・・・鹿野
の・・・野田
か・・・海江田
お・・・小沢(鋭)


とはよく言ったものだ。
この顔ぶれを見て、たけしが「(このうち誰かが総理になるとは)我々実感がないよ」というのが共通した国民の気持ちだ。

三宅氏が「民主党は自民党政権時代に、小泉・安倍・福田・麻生と総理を盥回しにし時に『国民の信を問え』と言ったが、解散総選挙の声は出ないのか」とテニアン男の川内博史議員と渡辺周議員を問い詰めていたが、のらりくらりと言い逃れていた。

「民主党の正体に迫る!」と称して今回は須田慎一郎(ジャーナリスト)民主党の危うさを指摘していた。
前々回で山際澄夫元産経新聞記者が取り上げた「市民の党」と菅総理との癒着関係を再び取りあげたのも良かった。
民主党は党員サポーターに在日外国人が居ること、つまり日本の総理大臣を外国人が選ぶことの不合理を指摘。

ネットの住民にはお馴染みの「民主党政権には綱領が無い」という事や「日本解体3法案」も取り上げられていた。
綱領は無いが、その代わり「マグナカルタみたいなものはある」とテニアン男が詭弁を弄し、ケビン・メア氏が・・・・

メア
「民主党(政権)に決まった時に、こういう問題が生じるとみんなに分かってたわけでしょ。旧社会党と自民党から出て行って、特に安全保障条約をどうやって維持できるか、アメリカから見ても疑問があった」


須田
「その(綱領)代わりに『民主党政策集 INDEX2009』があって曲者なんです!」


左翼集団の民主党事務局が作った政策インデックスから日本解体解体3法案をここで紹介。

①夫婦別姓
②永住外国人への地方参政権付与
③人権侵害救済法案


の3つである。
日頃ネットには馴染みのない有権者がこの番組で啓発されるのはとても良い事だ。
ただ、解説者が須田慎一郎(ジャーナリスト)では迫力に欠けた。
やはりここは、前回に続いて熱血漢の山際澄夫元産経記者でなければならない。

【外国人の地方参政権】

須田氏の解説にテニアン男はニヤニヤ笑って抗議し、渡辺周議員は苦い顔をして耐えていたが、ここで、「閣議決定で日本国籍の者しか参政権は無いとしている」と書類を示して抗議。
だったら、なぜ永住外国人に参政権を与えようとしているのか。

メア
「国籍取れなくても、永住外国人は投票できるのですか?それはおかしいじゃないですか?」


しかもそれは、外国人でも人権侵害審査員になれる事と連動しているのである。

【人権侵害救済法案】

江田法相
「政権交代後、やはり何としても新しい人権救済機関を作りたい」


当ブログ記事でも取り上げた三宅久之氏の「民主党はみんなポンスケだから、誰を選んでもポンスケが出て来る」発言は完全に人権侵害になるそうである。

メア
「これは何の為にやろうとしているか分からない。なんだか60年代の中国の大文化革命みたいなようですね」


「めどが付いたら辞任する」と言った菅総理はもはや国際社会の相手にされず、世界的な金融危機を相談する電話首脳会談に日本は無視された。
まさに外交の空白である。

メア氏は民主党政権になって安全保障関係が大丈夫かなと心配していたが、自民党の出身者も多いので大丈夫かなと思っていた。
しかし普天間問題で鳩山前首相の「トラスト・ミー」といいながら社民党と連携して沖縄の米軍再編に決断できなかったのが一番悪かったと述懐。

テニアン男は「沖縄県民の意見を尊重しなければならなかったので、鳩山氏の判断は悪かったとは思っていない」と反論。

三宅久之
「私は本当に反省してんだけど、政権交代に賛成したんですよ。いろんな癒着が解消されるのかと。だけど結果論として、この体たらくを見るとやっぱり民主党に政権を託すには未熟過ぎたという事で反省するわけですよ」


テニアン男は「いやまだ二年ありますから」と開きなおり、三宅氏に今までダメだったのに、後二年でできるわけはないと決めつけられていた。

最後に、たけしが・・・

「国民は理想では、民主党になってちょっと良くなって、それに懲りた自民党に政権が移ってまた良くなってと国民は考えたけど、(民主党政権になって)逆に落ちちゃったんだよ。だから逆のスパイラルみたいに国民は感じてるから相当参ってるなと思うよ」

と纏めた。
一言で言えば二大政党制にもなっていないのに、あたかもそうであるかのように勘違いした、あるいはマスコミに勘違いさせられた国民の悲劇と言えよう。

勝谷誠彦
「民主党に立ち直ってもらわないと」


この男はどこまでバカなのだろう。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:11  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |