FC2ブログ

2011.08.22 (Mon)


子供手当ビラぐらいで自民はガタガタ言うな!?

田丸美寿々が自民党批判

ようやく菅総理が辞任するらしいという事で、いつ辞めるかの話題から誰が総理になるかの代表選にマスコミの焦点は移ったが、誰が総理になっても民主党政権では代わり映えがしない。

連日、テレビ各局は代表選候補者を登場させているが、どう贔屓目に見ても、とても日本を任せてみようかと言う気にはなれない。

20日のTBSテレビ「朝ズバッ!」でも、小沢(鋭)、馬淵の候補者が出て、「財源ナイナイ神話は嘘」という「テニアン男」の川内博史議員や渡辺周議員がコメンテーターをやっていた。自民党からは小坂憲次議員。
申し訳ないが、軽い民主党議員に比べて、やっぱり格が違う。
この小坂議員に対し田丸美寿々コメンテーターが自民党批判をしていた。
野党としていまいち迫力に欠ける自民党を批判するのは結構だが、その理由はチト違うのではないか。

TBS「朝ズバッ!」(2011/8/20)

小坂憲次
「(子供手当のビラなど)党として決めた事を簡単に変えてしまっては、党として成り立たないのではないか」

田丸美寿々
「いやあ、でも、この未曾有の大震災を前にして、子供手当のビラひとつぐらいでねえ、ガタガタ言わない方が良いんじゃないですかねえ、と私は思います。もっともっと自民党はねえ、キッチリ救国内閣ぐらいのつもりで協力したらいいと思うんですけどねえ」


政権与党でもないのに「救国内閣のつもり」は無いだろう。
震災直後、政治停戦を申し入れて自民党が様々な協力をしていることをマスコミは伝えないだけである。
「未曾有の大震災だから野党は協力せよ」と言うのは野党殺しの文句である。
民主党には任せられないから解散総選挙で民意を問えというのが野党の使命である。

民主党内部ですら、復興案の提案を菅総理が握りつぶしていたのである。

内閣官房参与が激白「復興ビジョン、首相に握りつぶされた」

小坂氏の指摘通り、三党合意を簡単に覆して、幹事長が謝罪するなど確かに前代未聞で政党の体をなしていない。
小沢一郎氏の党員資格停止を党として決定したにも関わらず、処分の停止や撤回を言い出し、候補者全員が票が欲しくて「小沢詣で」では国民も呆れるしかない。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

19:23  |  バカ女シリーズ(続)  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |