FC2ブログ

2011.07.05 (Tue)


松本復興相が辞任

次は菅総理の任命責任だ

渦中の松本復興相が辞任して良かった。
こんな男では被災地の復興は出来ないと思っていた。
そんな男に擁護の姿勢を見せた反日テレビメディアは化けの皮が剥がれた。

しかし、御本人はいまだに自己陶酔から覚めやらぬようだ。
辞任会見で「言葉が荒かった」と表現のせいにしているが、本当は人間の持つ品格の問題である。

ネットでは次のように取沙汰されている。

☆2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震ならびに福島第一原子力発電所事故に際しては、防災担当相を拝命しているにもかかわらず「官邸に引きこもって閣議後の定例会見すら開かない。

☆取材対応も記者との立ち話程度で、原発のことを聞くと『私は担当じゃないから』と逃げる。何をやってるのかさっぱり分からない」(匿名の全国紙政治部記者)

☆「ボンボン育ちで、修羅場をとても仕切れない。地震発生時にはパニックに陥り、以来、会見もできない」(匿名の全国紙編集幹部)

☆「官邸の危機管理センターに詰めていた松本氏がまったくの役立たずで、自衛隊の初動が遅れた」(匿名の全国紙政治部デスク)

☆「震災が発生した3月11日から数日間、被災地救援や物資輸送が滞り、その後の活動に多大な悪影響を及ぼしたが、松本氏はその"元凶"と目されている」(匿名の「週刊現代」記者)


本人は3回も復興大臣を拒否してイヤイヤ就任したとも伝えられ、アンチ菅だからわざと自爆したという噂もある。
それは深読みし過ぎだと思うが、こんな程度の議員しか民主党には居ないということだ。

「岩手でキックオフして3日目にノーサイド」というが、震災復興の闘いはまだ進行中だ。
あなたがレッドカードを食らって退場になっただけである。
まだ「相変わらず嫌いな与野党」と言っているが、そんなに嫌いなら政治家を辞めたらいかが。
民主党に籍を置くことすら許されない議員である。

菅民主党政権は震災と原発事故をどうやって収束させるつもりなのか。
70日の会期延長から10日も無為に過ぎた。
これからも実りのある国会は期待できない。
いっそのこと解散総選挙した方が、被災者の方達のためにもいいのではないか。


産経ニュース(2011/07/05)
松本氏が辞任会見「言葉が荒かった」

 松本龍震災復興担当相が5日午前に行った辞任表明記者会見の要旨は次の通り。

 「今日午前8時45分に首相に震災復興担当相、防災担当相の職を辞する報告をした。(防災担当相就任から)300日余りだったが、環境と防災の大きな仕事をまかされ、奇跡をみたり、地獄をみたりした」

「(東日本大震災の被災地で)3月12日に自衛隊が90人の子供たちを救出した。当時(防災担当相として)私も少しは役に立ったのかなと思い、涙が出た」

 「私は被災された皆さんたちから離れません。松本龍、一兵卒として復興に努力をしたい。岩手でキックオフして3日後にノーサイドになった。相変わらず嫌いな与野党ですが、心を合わせて復興に取り組んでほしい。松本龍も復興に向けて汗をかいていきたい」

 --首相は辞表を受け取ったのか

 「はい」

 --昨日は辞任を否定していた。なぜ心境が変化したのか

 「個人的な思いがある。前を向いて復興のために努力していくのは変わらない」

 --個人的な思いとは

 「話せません」

 --被災災者への気持ちは

 「言葉が足りなかったり、荒かったりして被災者の心を痛めたことを本当におわび申し上げたい。私は去るが、世界最強の復興本部のチームドラゴンは無能な私を除いて最高のチームなので必ず復興のために努力してくれる。ですから、被災者のみなさん、どうぞ安心してください」

 --首相から慰留の言葉は

 「こんな私でも慰留していただいた。『残念です』という言葉だ。首相には、環境と防災で引き立ててくれたことに感謝申し上げると伝えた。後任の人選についての話はしていません」


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:59  |  妄言・暴言・失言集  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.05 (Tue)


反日TBSも松本氏を擁護

今後の手腕に期待するとタレント河合薫

今朝のTBS(毎日新聞)は司会のみのもんたに大臣を批判させて、コメンテーターたちに「だが、非常時だから辞めさせるな、野党は国会を空転させるな」と言わせる連携プレイがよく出ていた。

TBS「朝ズバッ!」(2011/7/5)
毎日新聞『松本復興相が陳謝 助けない発言」


河合 薫(タレント、東京大学非常勤講師)
「困りましたね、ただ私は発言自体は非常に問題があるし、品が無い発言だと非常に残念に思いますけど、だけども言葉尻を過剰なまでに捉え過ぎて、永田町でいろいろな、辞めろだとか、菅さんの任命責任だとか、そういう所にばっかり意見が集約してしまって、また復興が遅れてしまう事になるとこれは本末転倒だと思いますね。松本大臣が被災地をよく歩いていたというのは事実のようなんですね。まあたとえば村井知事も昨日は苦言を呈していましたけども、この会談の直後に行われた記者会見では、『被災地の事をよく知っている方が大臣になって安心だ』というような事も言ってますし、視聴者の中には『言葉尻を捕らえれば批判的になるが、一所懸命やろうという姿が映っています』というのもありますので、今後の手腕に期待したいにのと私は思っています」

この発言には事実の歪曲がある。村井知事は最初は大臣を立てたが、被災者や視聴者からの抗議が殺到して、その後態度を硬化させたのである。
その因果関係を無視して、大臣を立てた発言をことさらに取り上げるのは意図があるとしか思えない。
肯定的な視聴者の意見だけを取り上げるのも意図的だ。


みのもんた
「ただ、俺は九州の人間だから東北の何県や何市がどこにあるか俺は知らないと言ったのはまずかったんじゃないですか」

河合
「そうですね。ただ私の父親も九州の人間ですけども、あそこまでは品が無くはありません」

文字色なぜここで自分の父親が出て来るのだ。

みのもんた
「あなたのお父様はね、大変品があると思いますけども」

尾崎弘之(東京工科大学教授)
「私は九州でB型なんですよ。短絡的で言葉遣いが荒いと、自分の事を言われてるようで」

スタジオが爆笑。「この非常時」に何を遊んでいるのだ。

杉尾秀哉
「これは、通常であればやっぱり辞任しなけりゃいけないという風な話だと思うんですけども、特に一番大事なこの時期に復興担当大臣になったばかりで辞めるということになったら、まわりの部分、それもあって非常にむつかしいですね

今は非常時だ、大臣になったばかりだ、だから辞任は難しいというのは話が逆である。
菅総理の辞任が非常時だからこそ必要であるように、非常時だからこそ、この大臣に任せられないのである。


杉尾

「野党の方もあんまり声高に辞任を要求してないですね」

被災地の事を思うなら辞任を要求すべきである。
民主党とマスコミは国会の空転だと野党を責めるだろうが、追及の手を緩めるべきではない。


尾崎
「やっぱり、このことについてすごく国会が時間を使うというのは非常に大きな損失ですよね。それはやっぱり避けなければいけなくて、松本さんの発言は非常に問題があって、宮城に行く前の岩手でも同じような態度だったという報道もありますけど、やっぱりこれは実質を取って何が必要かという事をもう一度考え直すということになると思います

国会の時間を無駄にするな、「何が必要か=復興支援が必要」と考え直せということである。
国会が紛糾する前に問題の閣僚が辞任するというのは、自民党政権時代でよくあった。「非常時」を理由に民主党の咎を片っ端から免責にするマスコミの世論誘導に騙されてはならない。


みのもんた
「自分の事を客だといってますが、客じゃあないですよねえ」

河合 馨(タレント、東京大学非常勤講師)
「驕りというのがあるんですかね、大臣になってしまうと。この方、4月の復興構想会議が出来た時には、どうして東北でやらないんだと被災地でやらないと良いものは出来ないぞといい事言ってるんですよね。なのに、何でしょうという・・・」

河合タレントは最後まで大臣を擁護して、復興が第一と言っていた。
テレ朝に一視聴者として抗議のメールを送った。


ご意見募集
https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/asazuba/2419/enquete.do>



共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

08:57  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.05 (Tue)


松本復興相に期待する?

今後の手腕に期待するとタレント河合薫

今朝のTBS(毎日新聞)は司会のみのもんたに大臣を批判させて、コメンテーターたちに「だが、非常時だから辞めさせるな、野党は国会を空転させるな」と言わせる連携プレイがよく出ていた。

TBS「朝ズバッ!」(2011/7/5)
毎日新聞『松本復興相が陳謝 助けない発言」


河合 薫(タレント、東京大学非常勤講師)
「困りましたね、ただ私は発言自体は非常に問題があるし、品が無い発言だと非常に残念に思いますけど、だけども言葉尻を過剰なまでに捉え過ぎて、長町でいろいろな、辞めろだとか、菅さんの任命責任だとか、そういう所にばっかり意見が集約してしまっとて、また復興が遅れてしまう事になるとこれは本末転倒だと思いますね。松本大臣が被災地をよく歩いていたというのは事実のようなんですね。まあたとえば村井知事も昨日は苦言を呈していましたけども、この会談の直後に行われた記者会見では、『被災地の事をよく知っている方が大臣になって安心だ』というような事も言ってますし、視聴者の中には『言葉尻を捕らえれば批判的になるが、一所懸命やろうという姿が映っています』というのもありますので、今後の手腕に期待したいなと私は思っています


この発言には事実の歪曲がある。村井知事は最初は大臣を立てたが、被災者や視聴者からの抗議が殺到して、その後態度を硬化させたのである。
その因果関係を無視して、大臣を立てた発言をことさらに取り上げるのは意図があるとしか思えない。
肯定的な視聴者の意見だけを取り上げるのも意図的だ。

みのもんた
「ただ、俺は九州の人間だから東北の何県や何市がどこにあるか俺は知らないと言ったのはまずかったんじゃないですか」

河合
「そうですね。ただ私の父親も九州の人間ですけども、あそこまでは品が無くはありません」


なぜここで自分の父親が出て来るのだ。

みのもんた
「あなたのお父様はね、大変品があると思いますけども」

尾崎弘之(東京工科大学教授)
「私は九州でB型なんですよ。短絡的で言葉遣いが荒いと、自分の事を言われてるようで」


スタジオが爆笑。「この非常時」に何を遊んでいるのだ。

杉尾秀哉
「これは、通常であればやっぱり辞任しなけりゃいけないという風な話だと思うんですけども、特に一番大事なこの時期に復興担当大臣になったばかりで辞めるということになったら、まわりの部分、それもあって非常にむつかしいですね


今は非常時だ、大臣になったばかりだ、だから辞任は難しいというのは話が逆である。
菅総理の辞任が非常時だからこそ必要であるように、非常時だからこそ、この大臣に任せられないのである。

杉尾
野党の方もあんまり声高に辞任を要求してないですね


被災地の事を思うなら辞任を要求すべきである。
民主党とマスコミは国会の空転だと野党を責めるだろうが、追及の手を緩めるべきではない。

尾崎弘之(東京工科大学教授)
「やっぱり、このことについてすごく国会が時間を使うというのは非常に大きな損失ですよね。それはやっぱり避けなければいけなくて、松本さんの発言は非常に問題があって、宮城に行く前の岩手でも同じような態度だったという報道もありますけど、やっぱりこれは実質を取って何が必要かという事をもう一度考え直すということになると思います」


国会の時間を無駄にするな、「何が必要か=復興支援が必要」と考え直せということである。
国会が紛糾する前に問題の閣僚が辞任するというのは、自民党政権時代でよくあった。「非常時」を理由に民主党の咎を片っ端から免責にするマスコミの世論誘導に騙されてはならない。

みのもんた
「自分の事を客だといってますが、客じゃあないですよねえ」

河合 馨(タレント、東京大学非常勤講師)
「驕りというのがあるんですかね、大臣になってしまうと。この方、4月の復興構想会議が出来た時には、どうして東北でやらないんだと被災地でやらないと良いものは出来ないぞといい事言ってるんですよね。なのに、何でしょうという・・・」


河合タレントは最後まで大臣を擁護して、復興が第一と言っていた。

テレ朝に一視聴者として抗議のメールを送った。

ご意見募集
https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/asazuba/2419/enquete.do


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

08:17  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |