FC2ブログ

2011.07.04 (Mon)


松本暴言に甘いテレ朝

野党の追及を牽制

民主党政権の生みの親の一人、テレビ朝日は相変わらず民主党には甘い。
日本解体の良きパートナーだからだろうか。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(2011/7/4)

川村晃司
「うーん、なんかちょっと、これまで官邸の地下室で3月11日以来、防災の責任者として地下に潜っていたから、明るい所に出てサッカーボールで、なんでサッカーボールか分かりませんけども、少しストレスが溜まっていたものを発散し過ぎたと思いますけど、最後の『オフレコですよ、いいか』と言う所はテレビカメラも記者も入っている所でオフレコは通用しないという事は、もうこれまでの閣僚経験で分かっていると思うんですけども、ちょっとよく分かりません。少し、もしかして疲れているのかなあという気がします」


モグラじゃうるまいし、明るい所に出て来たらとか、ストレスのせいではとか、閣僚経験で分かっている筈だとか、疲れていたのではとか同情的な発言に終始する川村晃司コメンテーターはやはり部落同盟、反日左翼と相通じる反日マスコミのコメンテーターだけの事はある。

枝野官房長官の松本大臣を擁護する記者会見は民主党政権の自浄能力の欠如をまたまた示した。

枝野
「松本大臣は3月11日以来、防災担当大臣として人命救助に始まって、この震災の最前線に常に立ち続けて、状況についても政府の中で最も詳細に状況を把握し、なおかつ被災者、被災地のみなさんの思いと言うものをもっとも強く受け止めておられる」


そんなに詳しい大臣なら、森まさこ議員が国会で暴露した南相馬市での屋内退避で6人もの餓死者が出たという事実を知らないわけはあるまい。

なかにし礼
「権力に酔ってしまったんでしょうね。テレビはその人格全部を映し出しますからね。そういう事をまだ知らないと言う、文化的な教育の低さというか、言葉の端々に全部出て来て、もうこんな復興相では出来ませんよ。第一、東北の都市や県の名前が分からないんじゃスピーデイーな復興は無理です。即刻お辞めになって頂きたい」


反日左翼なのに、お仲間を斬って見せるなかにしコメンテーター。

寺崎貴司(MC)
「大臣をフォローするわけではないけれど、ここに大臣が居ないので片寄ってはいけないと思うので、敢えてフォローすると、これまでも松本復興大臣は復興構想会議にも出ていて、知事たちとも何回も会っている。仲がいいんだ、この仲でやって行くんだというアピールもあったし、まあある程度ああいうベランメエ調のちょっと冗談みたいで雰囲気を作るというようなこともあったのではないかあと思うんですけども」


自民党政権時代の閣僚の大したことでもない失言をこのような「理解ある」目で見たことがあるだろうか。

川村
「それは無きしも非ずだけれども、復興大臣に任命されてこれからようやく復興基本法が成立して、菅総理自身が任命した中で自分が何をやるべきか、被災者の側に立って、一番今必要なのは何かを現地に行って聞く、そして即断即決で、ある意味では菅内閣の目玉でもあるわけだから、オフレコだけどと言って、メデイアに対しても何か自分のいう事について来いよという、『書くことはまかりならん』みたいな中央目線(?)だ。この辺は菅内閣内閣そのものに対するひとつの大きなマイナス材料で、これを菅さんがどう判断するかという所までいくのではないか」


相変わらずまとまりのない川村コメント。
菅総理は松本大臣を切れと言えないテレ朝のコメンテーターたち。
菅総理には任命責任がある!と何故言えないのか。

「書いたら終わり」と恫喝されても怒れない情けないマスゴミである。

岡田克也幹事長
「被災者のみなさんから見るとやや違和感を感じる言葉かなと」


民主党の幹事長もこの程度の認識である。

村井知事も最初の内は松本大臣を信頼していると発言していたが、被災者たちの抗議の電話が殺到して態度を硬化させた。

記者から村井知事が「発言に問題があった」と言っていると聞いて、松本大臣は・・・

松本
「知事が?ほんとに?うぉーっ!凄い知事やなあ!」


と俺を批判するヤツは度胸があると言わんばかり。
その後記者会見で・・・

松本
「自分はB型で少し短絡的で本意が伝わらないという部分がある」


と釈明した。
自分の血液型のせいにするとは情けない。
確かにB型は少しあれだが、B型の御仁たちも気を悪くしただろう。
女房から電話でたしなめられたとは情けない話だ。
こんな男に復興は任せられない。

テレ朝「スーパーJチャンネル」(同上)
大谷昭宏(ジャーナリスト)
「ただ、これからまたこの問題を野党が追及すると言い出したら、いつまでこんなゴタゴタやってんだよという気になる。だったら松本大臣も『分かった。形で示す』ということぐらいやって見ろよという感じになる。後60日しか国会の会期は残っていない。どうするんだと。いま正念場だ。そのつもりでやって頂きたい」

追及する野党を牽制し、松本大臣の続投をほのめかす大谷コメンテーターも民主党ヨイショの反日コメンテーターである。

もういい加減民主党に見切りをつけよう。
さもないと被災地はもとより、国民の不幸は深まるばかりである。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:46  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.04 (Mon)


松本復興相の暴言

大臣の資格なし

松本復興相の発言がまた問題になっている。
先日「3月11日以来、民主も自民も公明も嫌いだ。政局も大嫌いだ」発言で物議を醸して謝罪したばかり。

そもそも、松本復興相は社会党から社民党、民主党と渡り歩いた政治家で、部落解放同盟副代表、人権擁護法案の推進者として知られている。

松本大臣は宮城県庁の会議室に入室したが、村井宮城県知事ほか誰も居ないのに腹を立てて・・・

松本
「先に居るのが筋だよな」


村井知事が遅れて入室して来て大臣に握手を求めたが、拒否した。
知事から渡された県の要望書にパラパラと目を通して・・・

松本
「県でコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々何もしないぞ。ちゃんとやれ。今、後から自分が入って来たけど、お客さんを呼ぶ時は自分が入ってからお客さんを呼べ。いいか。長幼の序が分かっている自衛隊ならそんなことやるぞ。分かった?」

村井知事
「はい」


ちなみに、村井知事は自衛隊出身とのこと。道理でテレビでの受け答えがしっかりした知事だと思っていた。

松本
「しっかりやれよ。今の最後の言葉はオフレコです。いいですか。みなさん。はい。書いたらもうその社は終わりだから」


どう見ても上から目線で高圧的な発言だ。
会議の段取りがどうなっていたか知らないが、たまたま震災対応に忙しい現場の村井知事が後から入室しただけであろう。
テレビカメラが回っているのを知りながら、オフレコをばらしたマスコミは潰すぞというのは冗談ではなく、一種の脅しであり、震災復興に多忙な筈の民主党石井議員がゴルフに興じているのを記者に見付けられて「いいか、書くなよ!」と記者を恫喝したのとまったく同じ類の発言である。

民主党の成り上がり議員が権力を持つと全員がこのようになるという紛れの無い証左である。

テレ朝「モーニングバード」(2011/7/4)

青木理(ジャーナリスト)
「この人は前にもサングラス掛けて『オレ政局は嫌いだ』みたいにな事言ってて、それは僕もなんとなく共感できない事はないと思ったけど、これは酷い。シャレにならない」


「俺は政局は嫌いだ」発言を批判するエントリーを書いたが、共感など出来ない。 
村井知事と松本大臣はもともと知り合いだからという見方もあるとレポーターは言っていたが、そんな事は理由にはならない。

●福岡出身
●人権擁護法案の推進者
●閣僚トップ資産 7億6073万円(2010年)

青木
「松本大臣は、人権擁護法案の推進者と書いてあるけど、もともと人の弱みの分かる立場の方の筈なんですけどね。今回のやつは、分かんないですよ、どんな背景があったかわかんないけども」


「人権擁護法案」を肯定的に受け止めている青木氏の単純さ(笑)
部落解放同盟の副会長の肩書はスルーしている

羽鳥慎一(司会)
「ここだけ切り取ると、なんだこの人はとなります。もしかしたらもっと色々な前段階があるかもしれない。それにしてもという事ですか」

青木
「ちょっと酷いです」


なんだかんだと批判しながら、甘い甘い。
自民党政権時代の自民党議員の発言だったら(こんなひどい発言をした議員の記憶はないが)こんな程度では済まされないだろう。
それにしても、これで明後日からの国会は荒れる。
また復興支援が遅れる。
これは全て菅政権のなせる業である。
千年に一度の震災が発生した時に民主党政権だったことが日本の命取りになりかねない。
何とかせねば・・・


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:39  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |