FC2ブログ

2011.06.16 (Thu)


菅叩きが手ぬるいマスコミ

政争の具にしている野党?

民主党政権になってからというもの、マスコミの対応が自民党政権時代とまったく違うと思う事が多い。
やはりマスコミの中に反日勢力が潜入し、日本を解体しようとしていることは思い過ごしではないようだ。
菅総理を誰に代えても変わらない、「何をするかが」大事だなどと寝とぼけた事を言って菅政権を擁護している。
何をするかが今ほど明らかな時はない。

①震災からの早期の復旧・復興
②原発事故の収束
③デフレ経済脱却
④国際競争力の強化
⑤民主党政権で弱体化した外交力の回復
⑥防衛力の強化
などなど、すべきことは沢山ある。

フジテレビ「とくダネ!」(2011/6/15)
"延命の口実"と批判も
1.5次補正予算とは?


野田財務相(VTRで)
「2回目の補正だから2次補正だと思う」

少し大きい文字小倉智昭
「国民にほとんど見えてこないのは、菅さんが総理大臣としての資質が全くないのが本当なのか。それとそれは政争の具ではないのか。そこの考え方が本当に分からない。本当に与野党が菅さんがダメだと思ってるなら与党の両院総会で徹底的につるし上げればいい」


野党の自民党が両院総会を開いても菅首相をつるし上げることはできない。
民主党が両院総会を開いても肝心の菅政権が出席しないという噂も流れている。またもや逃げの態勢か。

高木美保
「国会中継の視聴率が上がっているという。菅さんが悪いのか、政争の具にしている野党が悪いのか、国民は見極めようとしている。その中で出て来るのは『あなたが悪い』と言ってもどこが悪いのか。『我々がこう出来るんだから、変えるから任せて欲しい』という強いメッセージが分からないから悩ましい。私たちもどうコメントしていいか分からない。自己犠牲と言うか『いいものはどんどん決めようよ、ツケは後で払う』ということでいいのではないか」


野党が与党を批判する事を「政争」の一言で片付けてしまうのは間違いである。
むしろ政権与党である民主党の内部抗争こそ政争の一語に尽きる。
「どうコメントしていいか分からない」ならコメンテーターを辞退して勉強し直してくるがいい。
菅総理の残した大きなツケは後で払えるようなものではない。

デーブ・スペクター
「菅さんのどこが悪いのか週刊誌にも書かれているが、伝聞が多くて確認できない。民主党を客観視して、菅さんが居ても我々はこうやってると何で言えないのか。全部菅さんが悪いとか、自分たちが選んだ総裁でもあるわけだから、民主党は自虐的にならず、もっとうまくPR出来ないのか」


民主党擁護者のデーブはいつも「民主党は良い事を一杯しているのにPRが下手だ」と言うが、具体的に民主党政権がどんなにいい事をしたのか一言も言わない。
さすがの小倉キャスターも呆れて・・・

小倉
「『こんなにうまくやってる』という所は無いんだもん」

デーブ
「まあ部分的に・・・全部悪いというわけでもないと思う」

小倉
「見えて来ないんだもん」

さすがの小倉キャスターも少しは目が明いてきたか。
デーブは日本の政治に口出しなどしないで、下手なダジャレを飛ばしながら、アメリカのタブロイド版の芸能界ゴシップの紹介でもやっていればよろしい。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2
]

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:50  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.16 (Thu)


集団ヒステリーは適語表現

福島社民党党首こそヒステリーおばさんだ

イタリアの国民投票で反原発グループが勝利に抱き合ったり、叫んだりしてはしゃいでいる姿をテレビで見ておぞましいと思ったと前記事で書いた。
自民党の石原伸晃幹事長がそれを「集団ヒステリー」と指摘したが、まさにその通りだと思った。
それは沖縄の基地反対グループや愚かな平和運動の騒ぎと通じるものがある。

泡沫政党の党首が石原氏の言葉に噛み付いたが、彼女こそ何でも噛み付くヒステリーである。
「命」とか「平和」とかいう重い言葉を軽々しく使ってもらいたくない。
テレビの公開討論会では人が話していても割り込む、意図的に長々と喋る、中味が無いことで悪名高いヒステリーおばさんである。
マスコミもこのような影響力の小さな泡沫政党の党首の戯言などいちいち取り上げて報道するなと言いたい。

日本はヨーロッパの一部の脱原発、反原発の動きと、それに便乗する日本の反原発に惑わされることなく堂々と日本独自のエネルギー政策を取るべきである。


産経ニュース(2011/06/15)
石原氏の発言に社民党・福島党首が批判

 社民党の福島瑞穂党首は15日の党会合で、自民党の石原伸晃幹事長が原発再開をめぐるイタリアの国民投票で反原発派が勝利したことを「集団ヒステリー状態」と指摘したことについて、「『命を大事にしたい』という生身の人間の感覚からほど遠い」と批判した
 同時に「自民党が原発を推進してきた結果、福島第1原発事故が起きた。世界の人々の気持ちが全く分かっていない(原発)利権の政党だ」と非難した。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:48  |  バカ女シリーズ(続)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |