FC2ブログ

2011.06.12 (Sun)


民主党石井一議員のお粗末

野党が被災地がと

被災者が苦しんでいるのに、外遊中にゴルフで遊んでいる所を新聞記者に見つかって、「お前、ああだこうだと勝手なことを書くなよ」と恫喝した民主党の石井一議員が、今日のテレ朝「サンデースクランブル」に自民党の石破茂政調会長とテレビ出演してその愚かさを露呈していた。

テレビ朝日「サンデースランブル」(2011/6/12)
居座る菅総理!いつ辞める?
"退陣包囲網"でも続投意欲


石井
「瓦礫とか原発とか順調に進んでいる。未曾有の大災害に誰がやっても同じだ。目の覚めるような結果は出て来ない。だからそれについては我々は着々とやっていく。(中略)菅さんはバトンタッチした後に、民主党がどうなって行くかについてかなり関心が高い」

「順調に進んでいる」なら誰も菅降ろしはしない。
菅首相は辞任した後の日本の事を心配しているのではなくて民主党の事(多分小沢対策)を心配しているなんて、石井氏は語るに落ちた。


【菅総理の辞めない理由】

菅総理
「谷垣自民党総裁が『あなたが辞めようが辞めまいがそう簡単には協力出来ないと言ったから、(そうであるならば)最後まで自分の責任を全うする」(10日の参院予算会議で)

まるで子供がただをこねているみたいである。
総理の椅子にしがみつくためには、どんなことでも理由にしてしまうというお粗末さ。


石破茂
「震災発生の次の日から復興担当大臣を置けと言ってきた。一次補正予算も全会一致で成立した。その時から二次補正予算をすぐ組むべきだと言ってきた。
ところが、辞めるとか辞めないとかいう事になってから初めて指示が出た。現場ははたまったものじゃない。10日に復興基本法が通ったがこれもわが党の(提案)そのままではないか。法律を書き予算を組むのが仕事だ。菅総理はそれをやると言わないでずうっと引き伸ばしてきた。だから辞めるべきだと言っている。党利党略でもなんでもない」

菅総理は最初は22日に国会を閉会して延命を図ろうとしたが、不信任案に再生する議員が民主党からも多数出るという話から身の危険を感じて、「通年国会にする」などと作戦を変更して菅降ろしをはぐらかそうとしたではないか。

テリー伊藤
「菅さんが降りなければ予算が通らないではないか」

石井
「いやそんな事はない。もし仮に通さなきゃ、予算執行ができないのは野党の責任だ。野党になればいくらでも批判は出来る。自分は阪神淡路大震災でも復興に携わってきたが、こういう時には批判はいくらでも出来る。実際の効果はなかなか出て来ない。構想会議をやり、いまもうすでに全部出来上がっている。今週の終わりに答申が出ればサッと出来る。それを自民党は受けられるのか受けられないのか。二次予算は誰がやっても出来る。今まで怠慢でやって来なかったのではない。今度出てきたら誰がやったってそれを通さなければ被災地が困る」

無茶苦茶な事を言っている。
そして相変わらず「被災地が困る」と被災地を人質にしている。

石破
「財源を何処から持ってくるかが問題だ。夢みたいなことは誰でも言う。借金のほかに4Kを如何するかの答えが出ていないから二次補正予算が組めないでいる。政府と党の意見がバラバラだ。民主党の党内の意見を纏めなければ交渉はできない」

石井
「そういう議論は不毛の議論でここでやるべきではない」

佐々木正洋(司会)
「でも国民の身にもなってくださいよ」

石井
「いや、だから待ってくださいよ。私は楽観している。どこから金を持ってくるかは、借金したら国債の格落ちもするから、いま鋭意考えている。3Kの問題にしても・・・」

佐々木
「いや4Kです」

石井
「だから4Kの問題も、おそらく妥協しなければいけないだろう。しかしながら後の高校の無料化とか高速道路とかはすでに執行してどんどん行っているのだから、自民党がやろうがこちらがやろうが、そんなに違う話じゃない。結論はもうそこにある

佐々木
「でも、7月の終わりにもう一度検討するという話になりましたよね」

石井
「うん、だから今のところは◯◯(聞き取れず)についてはそれだけの処置をするけれども、ほかの所は徴収するとかいう形でどんどん話は前に進んでいる。それが全体を逼迫するという話ではない」

テリー伊藤
「菅さんはいつ辞めるのか」

石井
「総理の立場に立って考えてやって欲しい。あなたが総理だったら・・・」

テリー
「私だったら予算委員会で補正予算が通ったら辞めると言う」

石井氏は一時間かけて菅総理に「名誉ある撤退」を求めたが、この男に任せておこうと納得したと言う。どこまで本当やら・・・

石井一
「必ず自問自答して菅総理は辞める。だから周りが辞めろ辞めろ、あんたが辞めなきゃ協力しないなんて言うのはおこがましい。総理に最後に自分の納得のいく形ぐらいを取る自由は与えてやればいい

菅首相は「一定のメドがつくまで」は納得しないのだから、それを待っていたら何時になるか分からないではないか。
こんな無茶苦茶なヤクザ屋さんのような議員を「ゴルフぐらい問題ではない。将棋や碁だったらいいというのか」と擁護したフジテレビ「とくダネ!」の竹田圭吾(Newsweek日本版」編集長)コメンテーターは恥ずかしくないのか。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:44  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.12 (Sun)


細野氏外遊で統合会見休止の愚

どこまで国民を馬鹿にするのか

産経新聞(6月11日付)が26面で、細野首相補佐官が外遊したために政府と東電の統合会見が9日以来開かれていないと批判している。
細野ごときが不在のために会見をしないとはもってのほかである。

7日の夜に細野氏が突然「事故の説明と協力への感謝のために9-15日まで米英仏を訪問する。明後日から統合会見は休む」と切り出したという。
そもそも原発事故の発生以来、政府は事実を隠蔽し、国民を騙してきた。
その事務局長が外遊で大事な会見を休むとは一体何事か。

「私が調整役なので(統合会見)が機能している面があり、調整できないなら一つでやるメリットがなくなる」

と細野氏は弁明したという。思い上がっているではないか。
政府と東電と保安院などバラバラで勝手に内容の異なる会見をしていたので統合したのも情けない話だが、統合したものの調整役が不在だから会見しないとはずいぶん国民を舐めた話だ。
細野氏が帰国するまで国民は福島第一原発の状況についてつんぼ(差別用語失礼)桟敷に置かれるというのか。

こんな国民無視の民主党政権に愚民たちはいつまで我慢しているのだ。


産経新聞(2011/6/11)
政府・東電統合会見 細野氏外遊で中止
「伝える意思」に疑問符


(前文略)細野氏が統合会見をキャンセルするのは今回が初めてではない。菅内閣不信任案が採決された今月2日にも、「国会対応のため」として中止した。
会見の中止について、日本大学法学部の伊藤英一教授(コミュニケーション政策)、は「『政治主導』を掲げていたのに政局に左右されるのは皮肉。本当に情報を伝える意思があるのか疑問だ。細野氏しかできないという理由も理解しがたい」と手厳しい。

情報混乱揺らぐ信頼

会見をめぐっては、発信する正確性を確保するための統合会見であるはずなのに、それが揺らいだだケースもあった。
原発への海水注入の判断をめぐる問題では、細野氏が、資料を配って、「事実をお話しする」と自信に満ちた表情で経緯を説明したにもかかわらず、原子力
安全委員会の班目春樹委員長が資料の表現に反発すると、「正確な情報を伝えられていないのは反省点」(細野氏)と釈明して訂正したこともある。
「私を信じてほしい」という細野氏の言葉で始まった統合会見だったが、高崎経済大の八木秀次(憲法学)は「『信用してくれ』という人ほど信用できない。親分(首相)の一大事や外遊より会見が二の次だというなら、細野氏の立場は何なのか。国民の大多数が発表を信用していないのではないか」と指摘。伊藤教授も「代理の責任者をおくべきだ。情報一元化を政府がやる会見自体が大本営的発表だが、情報が二転三転し、信頼は揺らいでいる」と批判している。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

00:30  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |