FC2ブログ

2011.06.04 (Sat)


間抜けな朝日新聞社説

民主党政権延命で日本解体を狙う

菅首相辞意表明―不毛な政争に区切りを
■辞任はやむなし

 「菅直人首相は与党から大量の造反が出て、不信任案が可決されれば、衆院を解散する構えだった。だが、いざ不信任案が可決されかねない、少なくとも大量の造反で党の分裂は避けられないという状況に追い込まれると、方針を転換した」


菅総理が不信任ならば解散する積りだったなどと思うのは大間違い。一年生議員の多いお小沢派に解散するぞと脅したに過ぎない。
いま解散したら民主党は二度と政権をることは出来ないと民主党員の全員が思っている。
菅のトリックにだまされたルーピー鳩山と同じレベルの稚拙さだ。

「東日本大震災の被災地では、いまなお10万人が避難生活を強いられている。福島第一原発の事故は収束への苦難の作業が続く。とても総選挙をできる状況にはない。一方で、総辞職をしたならば、新たな首相選びや政権の枠組みづくりが難航し、政治空白が長引きかねない。 ここは、とにもかくにも政治の混乱は避けたいという選択だったのだろう

首相の座を手放したくないだけの菅総理に対してずいぶんと好意的な見方である。「政治の混乱を避けたい」のではなくて「辞任は避けたい」だけだったのである。菅の死んだフリに騙されたルーピー鳩山はいい大人のくせに「嘘つき!」と女学生のように怒り(女学生に失礼か)、「政治の混乱」はますます深まっただけである。

朝日新聞は採決に賛成した二人だけでなく、小沢氏も処分せよと菅氏に迫る。
そして世代交代して新しい看板を立てろと要求している。
その一方で、自民・公明党は首相候補も政策も明示しないで不信任を提出した「まったく責任野党の名に値しないやり方だった」と批判する。
不信任議決案を出す時に次の首相候補者の名を上げるなど聞いたこともない。政策を明示しないというが、復興庁の新設など自民党の出した提案を民主党は丸呑みしたではないか。

「過去4代、たて続けに1年前後で交代した首相のあとを受けた菅首相も、短命に終わりそうだ。海外には「またまた日本の首相が代わる」というニュースが配信された。外交にとって、大きなマイナスだ」

菅総理に新しい看板を立てろと言いながらその新しい看板も短命に終わると勝手な予測をしているが、クルクル首相が変わると自民党を批判し解散総選挙を迫ったのは朝日新聞ではないか。
解散して民意を問う事に反対し、そのくせ外国の目を憚る朝日新聞は支離滅裂であり、ジャーナリズム精神がまったく欠落した最低の新聞である。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:05  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |