FC2ブログ

2011.05.27 (Fri)


今日の産経新聞から

曽野綾子氏と遠藤浩一氏の正論

今日、産経新聞を持って病院に行ったら、看護婦さん(今は看護師と言うらしい)が「ウチも産経です」と言う。
家庭欄とか健康美容の記事がいいし、漫画の「ヒナちゃんがはじめは面白くなかったけど最近面白くて主人も面白いと言っている」とのこと。
社説や政治の記事は産経が一番で、読売、毎日、朝日と質が落ちているのですと言ったけど理解できなかったようだ。

さてその産経新聞で今日ふたつのコラム記事が目を引いた。
ひとつは一面の曽野綾子氏のコラム「小さな親切、大きなお世話」の「『安心病』の特効薬は」である。

曽野氏はNHKのニュースで「安心して・・・したい」と校長、保母、母親、視力障害者、漁港の人、アナウンサーが流行語のように言うのを見ていておかしな気分にとらえられたという。
人生には安心して暮らせる生活などというものはなく、そんなものがこの世にあると思っているとしたら日本人全体の精神の異常事態だと手厳しい。

被災者の人達は元の生活に戻りたいと思っているだけであり、曽野氏の指摘は誤解を招くかもしれない。
しかし、曽野氏の真意は「絶対の安全」や「安心できる暮らし」を求める人間を批判しているのである。
Ponkoも戦後の日本人にこのような幼児化した人間が増殖していると思う。
絶対の安全を原発に求め、原発側が「物事に絶対安全はないから事故を想定して避難訓練もする」というと「事故が起こる想定で原発建設をやるのか」とやられ「原発は絶対に安全です」という子供じみた応答になると曽野氏は言う。

「『安心して暮らせる』とか『絶対安全でなければ』とかは、共に空虚な言葉だ。それはこの世に、完全な善人も悪人もいないのに、幼稚な人道主義者が、自分は善人とそうでない人は悪人と分けることと似ている。こんな子供じみたやり方では、政治はもちろん、経済も文学も成り立ちえない。国民全体が知らず知らずに感染している『安心病』をまともな感覚にまで引き戻す特効薬はないものか」

一言で言えば「平和ボケ」ということか。
「政治家が、よく分からない時に限って『きっちりとやる』という癖があることは国民も気が付き始めたようで・・・」
という件(くだり)には笑った。
福島みずほ社民党党首や反日朝日コメンテーターの川村晃司がよく使う言葉である。

もうひとつの記事はコラム「正論」の遠藤浩一拓殖大学教授の「『政争発言』は首相の延命助ける」である。
五百旗頭復興構想会議議長が「偉大な国は、国家的危機に際して挙国一致で対応してきた。日本も政争などしている場合ではない」と宣託したが、「一見中立に聞こえる発言が、政争の一方の当事者、すなわち復興を政権延命に利用しようとして憚らぬ菅直人首相に与したものであることを見落としてはならない」という。
マスメディアも産経新聞を除けば「政争」を指摘する論調が大部分であり、菅政権の延命を手助けしている。

遠藤氏は関東大震災の場合でも4か月後に首相が交代して逞しく復興を実現したという歴史的事実を上げて次のように結語している。

「この危機に際して、挙国一致内閣は依然として有力な選択肢のひとつと考えられるが、菅氏自身がその最大の障害となっていることを忘れてはならない。より有能で誠実な内閣をつくることも、復興に向けた重要な「工程」の一つなのである」


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:30  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.27 (Fri)


安倍元首相待望論

ぃぃぃぃぃぃぃ WILL7月号
     

安倍再生プロジェクトを

「WILL」7月号のグラビアは天皇皇后両陛下の被災地ご訪問の御写真と天皇陛下のお言葉が載せられている。
皇室がある限り日本は大丈夫だという思いがする。

今月号は何と言っても安倍元首相の「原発・震災復興 私ならこうやる」と三宅久之「安倍元総理 再登板待望論」の2本である。
テレビメディアのコメンテーター達は、「たしかに菅首相は無能だ、しかしだからと言って誰か変わる人がいるのか」という。
そのような馬鹿げた論調が世論を誘導し、菅首相の延命を手助けしているのである。

安倍氏は発災後約一ヶ月、政治休戦してきたが、今後は野党として協力と同時に政府の対応が適切であったかどうか検証して行く義務があるという。
まさしくその通りである。
前記事でも言ったように「言った言わないはどうでもいい」事ではないのである。
阪神大震災との比較がよくされているが、安倍氏がこの記事を書いた時点で一本の法案も通っていない。野党が反対したためではなく与党は法案の提出すらしていない。仮設住宅の設置も阪神大震災時が1ヵ月で1200棟だったのに4月3日時点で僅か36棟。
その原因は民主党の「勝手に動くな」という「政治主導」のはき違えだという。

安倍氏の地元である山口県の水産大学が練習船を救援物資の輸送に出そうとしたら、水産庁が「教育目的に作られた船だから」と許可しなかった。相談を受けた安倍氏の取り計らいで実現したが、民主党政権では官僚機構は常に政務三役の指示待ちで独自の判断では動けない。

もうひとつは市民運動家上がりの菅首相のパーソナリティだという。
彼の思考は常に「政府VS市民」「企業VS消費者」「経営者VS労働者」という対立の構造にあるという。
しかし、この思考は菅首相だけでなく民主党の思考でもあると思う。
労働組合を支持基盤とするゆえであり、リベラル思想に基づく無節操なバラマキ政策がそれほ示している。

いままで弱い側の立場に居たものが、強い立場になったものだから、その独断専行は目に余りものがある。
数日前のフジテレビ「とくダネ!」に出演した青山繁晴氏も福島第一原発の海水注入の中断を「言った言わない」論議の中での菅氏のパーソナリティに言及していた。
リベラル傾向の強い小倉智昭キャスターもさすがに「菅さんのパーソナリティなんかに左右されてはたまったもんじゃない」と怒っていた。
今回の海水注入問題は吉田所長の独自の判断で中断していなかったということでケリをつけたようだが、政府は東電にすべての責任を転嫁している。

しかし、安倍氏は3月11日に原子力災害対策特別措置訪に則って政府が原子力緊急事態宣言を布告した以上、電気事業者は官邸の指揮下に入り、すべての権限と責任は官邸にあるという。

「ということは、宣言以降、『東電非難』は出来なくなるのですが、菅総理はそのことを分かっていません」

菅総理だけでなく、枝野官房長官も東電を非難し責任転嫁しているのが現状である。
先程のニュースでも、東電が震災直後の放射能データを隠してた事が錯覚し・・・

枝野官房長官
「国民のみなさんに申し訳なく、東電に対しては怒っている」


と良い子ちゃんぶって記者会見していたが、国民は東電をコントロールできない民主党政権に対して怒っているのだ。

多くの識者が指摘しているように、安倍氏も安保会議をなぜ開かないのかと疑問を呈している。
産業界を敵視してきたために業界との接点がないこと、復興構想会議に実務者がほとんど居ないこと、浜岡原発の唐突な停止などにも言及し・・・

「このような大災害の時に自民党が与党でなかったということは大変残念で忸怩たる思いがあります。われわれが踏ん張れなかったということを、大変反省しなければならない」

と反省の弁も述べている。
そして、国のリーダーを代えるべきだと主張し、最後は天皇陛下のお言葉のなかの「雄々しく」というお言葉とおりにわれわれも「雄々しく」この震災を乗り越えて行かなければならないと結んでいる。

なお蛇足ながら、安倍氏もPonkoが記事で指摘したように、震災復興会議のメンバーの一人、御厨 貴氏の「小さな漁協は東北の風物詩」という発言を「情緒的な旅人の目線で、本来必要な産業的視点を欠いている」と痛烈に批判していた。

「私ならこうする」は編集部がつけたタイトルだろうが、安倍氏は「徳政令」的なスキームで被災者を救い、金融機関の融資を図るべきだと述べている。

「安倍元総理 再登板待望論」(三宅久之)

安倍氏の寄稿に続いて三宅氏が安倍氏再登板を待望している。

「菅直人という人は総理大臣としては史上最低」
「政権与党のトップとして、これほど無能な人はいない」
「自分の権限や立場を脅かしそうな可能性のある人物をすべて排除しようとするタイプの政治家」


とこき下ろし、「自民党と違って民主党は代表解任の規定がない」から居座ることが可能と指摘。

「岡田幹事長自身が17年前の自民党時代、自民党所属のまま、野党が出した宮澤内閣不信任案に賛成している」

横粂議員が不信任案に賛成すると宣言したら、岡田氏は離党せよと迫ったが、よく言えたものだ。
新聞記事に基づいて質問するなと国会で怒った仙石氏自身が野党時代に新聞記事に基づいて質問していたなど、民主党にはこういう恥知らずが多すぎる。
民主党の阿呆な話はさておいて、三宅氏は次のリーダーは民主党には居ないと断じている。

「自民の谷垣総裁も、残念ながらそれを託すには頼りない」

私はこういう時であれば、いやこういう時だからこそ、今一度、安倍晋三元総理に再登板して欲しいと思っている。安倍元総理は残念な形で退陣しましたが、その志は大きく買っている。戦後初の教育基本法改正、憲法改正の前提となる国民投票法の制定、防衛庁の防衛省格上げなど、短いなかでも一内閣でひとつできればいいというくらいの大きなことをいくつもやりとげている」

体調が回復したというから国難の今だからこそぜひとも彼のリーダーシップに期待したいとエールを送っている。

総理退陣の裏側にも触れたうえで・・・

「今、日本をなんとかしたいという高い志を感じる政治家は、安倍元総理のほかに見あたりません」

「私の主観だが、
下村博文、衛藤晟一、高市早苗、稲田朋美といったメンバーは中核となってくれるのではないでしょうか。山本一太、世耕弘成らも参加するでしようが、彼らだけが旗を振るという形ではないほうがいい。
今すぐに菅総理を引きずり降ろすことだけわ考えるより、国難の時代だからこそ、こうした動きを少しずつ外側から強化することで、民主党政権に揺さぶりをかける。
私も政治記者、政治評論家の『最後の仕事』として『安倍再生プロジェクト』の陰の後見人になれれば、と願っている。政権実現までを見届けることができなくても、少なくとも、日本の未来に貢献できることだと信じています


ご意見番の三宅大老を後見人とした安倍内閣の再来に期待したい。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:28  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |