FC2ブログ

2011.05.21 (Sat)


やはり菅首相の人災だった

「偽メール」と民主党の傷ほじる枝野氏の愚

被災者への支援は素早くかつ十分になされるべきだが、同時に福島第一原発事故に対する政府の対応が適切だったかどうかも精査しなければならない。
菅首相と補佐官達は対応が間違っていなかったと強弁しているが、どうやら真実ではないようだ。
菅首相が激怒して事態をますます悪化させたことが次第に明らかになってきている。

安倍元首相が「首相は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべき」とメールマガジンで書いたら、枝野官房長官が「偽メール事件にならなければいいが」と皮肉った。

民主党の偽メール事件をみずから思い出させるような枝野氏の言い掛かりには笑える。
偽メール事件で議員資格停止処分を受けて辞職し、失意のあまり自殺してしまった永田寿康議員は哀れであった。前原誠司民主党代表は辞任したが、民主党は血も涙もないのか。
いかにも内ゲバや総括がお得意のサヨク政権の特徴を示している。


産経ニュース(2011/05/21)
震災翌日の原子炉海水注入 首相の一言で1時間中断

 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発1号機に関し、3月12日に東電は原子炉への海水注入を開始したにもかかわらず菅直人首相が「聞いていない」と激怒したとの情報が入り、約1時間中断したことが20日、政界関係者らの話で分かった。
 最近になって1号機は12日午前には全炉心溶融(メルトダウン)していたとみられているが、首相の一言が被害を拡大させたとの見方が出ている。 政府発表では3月12日午後6時、炉心冷却に向け真水に代え海水を注入するとの「首相指示」が出た。だが、政府筋によると原子力安全委員会の班目春樹委員長が首相に海水注入で再臨界が起きる可能性を指摘、いったん指示を見送った。
 ところが、東電は現場の判断で同7時4分に海水注入を始めた。これを聞いた首相が激怒したとの情報が入った。東電側は首相の意向を受けてから判断すべきだとして、同7時25分に海水注入を停止した。その後海水注入でも再臨界の問題がないことが分かった。同8時20分に再臨界を防ぐホウ酸を混ぜたうえでの注水が再開されたという。
 自民党の安倍晋三元首相は20日付のメールマガジンで「『海水注入の指示』は全くのでっち上げ」と指摘。「首相は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべき」と断じた。これに対し枝野幸男官房長官は20日夜「安倍氏の発言が偽メール事件にならなければいいが」と牽制。首相周辺も「激怒はしていない。安全を確認しただけだ」と強調した。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:03  |  東日本大震災  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.21 (Sat)


日中韓首脳会議と被災地を利用する菅首相

菅首相は国益を主張できるか

今日から2日間にわたって日中韓首脳会議が行われる。
政権の延命しか頭にない菅首相はこの会議と東日本大震災を延命の道具にしようとしている。
最初、この会議の開幕式を福島でやろうと中韓に持ちかけたが断られて東京でやることになった。
中国共産党の機関紙は「日本はみみっちい計算するな」「首脳会議を利用するな」と菅首相を痛烈に批判した。
中国政府もお見通しなのである。

温家宝首相と李明博大統領は菅首相との被災地訪問を渋々了解したのは18日だったという。
菅首相は両氏が被災地を訪問することを手放しで喜んだ。

「温首相、李大統領ともに被災地に入ってお見舞いをして頂けることになり大変にありがたい。関係がより良いものになっていく大きなステップだ」

と菅首相は18日の記者会見で手放しで喜んだが、まったくお人好しと言うかバカというか、反日の二国のパフォーマンスに利用されるだけではないか。
菅首相が両国の首相と大統領を利用してパフォーマンスを狙う一方で、両国も自国向けにアピールしようとしている。
日本に帰化した石平氏は「温首相のナミダ作戦にご用心」と産経新聞(5月20日付)で書いている。
中国では災害になると温家宝首相が被災地に飛び出して行き、独裁政権の情の深さをアピールしようとしている事を知らぬ者は居ない。胡錦濤の強面(こわもて)と温家宝の温情との絶妙の連係プレイである。

中韓が自国民へのアピールを計算して首脳会議に出席するのに対して、日本の菅首相は何を主張するのか。
中国には尖閣衝突問題を、韓国には竹島問題と韓国議員の北方領土訪問計画を問題として突きつける度胸はあるのか。
私たちはこの首脳会談の成果を厳しく分析評価しなければならない。


産経新聞(2011/5/20)
「温首相の『ナミダ作戦』にご用心」
中国問題評論家・石平氏

 日中韓首脳会議では、中韓首脳が被災地を訪問し、避難住民を「激励」する。仕掛け人は中国の温家宝首相で、キーワードは「尖閣」だ。昨秋の中国漁船衝突事件で、日本国民の対中感情はいっそう悪化した。
 西太平洋制覇という長期戦略を進める中国にとって、日本の対中警戒感の高まりは戦略推進の大きな障害となる。温首相は、避難住民を激励する映像が流れるように仕掛け、日本人の警戒心を解くことを狙っているのだ。
 さらに隠された意図もある。米軍の「トモダチ作戦」が大きな成果を挙げ、日米同盟は強化された。だが、米首脳はまだ被災地を訪れていない。中国で「映画スター」との異名をとる温首相はおそらく、被災者の手を取り、涙を流す“名演技”で、何とか劣勢を挽回したいと考えているのだろう。得意の「ナミダ作戦」には用心が必要だ。(談)


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:51  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.21 (Sat)


黒岩知事、脱原発宣言のおそまつ

ルーピー鳩山と同類か

黒岩祐治氏はフジテレビ「報道2001」の司会をしていた頃から、司会であることをわきまえずに出演者に食って掛かることが多くて嫌いであった。
それが視聴率アップになると勘違いした尊大な態度が嫌いだった。
もちろん態度だけでなく、そのリベラル思想も含めて嫌いだった。

その黒岩氏が神奈川県の知事になってしまった。神奈川県にとっては不幸な話であるが有権者が愚かであったから致し方ない。

橋下知事が国歌斉唱時に起立しない教員はクビにすると言ったら、反論したのも黒岩氏。
「黒岩祐治 橋下大阪府知事」でググると「報道2001」で両者が激論を交わしたことが分かる。この頃から感情的に対立していたようだ。

その黒岩氏、菅首相の浜岡原発の全面停止を大英断だと絶賛し、「脱原発、太陽光の時代へ」と言い出して「太陽の神奈川」を実現するそうだ。「国と敢然と戦う覚悟」だそうである
神奈川県知事になって舞い上がっているらしい。
現実に立脚しないリベラリストという意味ではルーピー鳩山と相通じるものがある。
左翼の巣窟、川崎市のある神奈川県はリベラル県知事の誕生で要注意である。


産経ニュース(2011/05/20)
「脱原発で太陽光の時代へ」黒岩知事が所信表明

 神奈川県の黒岩祐治知事は19日に開会した県議会第2回定例会の本会議で所信表明を行い、「脱原発で太陽光の時代へ」と、太陽光発電の普及による神奈川からのエネルギー革命を宣言。県民総力戦による「太陽の神奈川」の実現を呼びかけた。
 黒岩知事は東日本大震災の被害に言及。「危機におけるリーダーにとって最も大事なことは、進むべき方向性の旗を明確に示すことだ」と述べ、「日本復活のモデルを神奈川で示したい」と復興に取り組む意欲をみせた。喫緊の課題を福島第1原発事故に伴う電力不足と指摘し、「太陽光発電を圧倒的な勢いで普及させることにより、電力不足を補っていきたい」と話した。
 神奈川の将来像を「いのち輝くマグネット神奈川」とし、これを目指すための基本姿勢として「県民総力戦」「国と敢然と闘う覚悟」「スピード感」の3つを列挙。「太陽の神奈川にしようとしているというメッセージを強烈に発信していく」と決意を語った。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:42  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |