FC2ブログ

2011.05.11 (Wed)


衝突事故の「あたご」に無罪判決

これでいいのでは

亡くなられた漁師は確かにお気の毒だと思う。

しかし、事件当初からブログにも書いたように海自の「あたご」側の責任を問うのは無理があると思っていたのでこの判決は致したかたないと思う。

遺族がもうほっといてくれと言っているのに、漁協が判決を不満としてこれ以上騒ぐのはいかがなものか。

漁師がライフジャケットを着けていれば助かっていたのではという人がいるが、それは漁師の心意気を知らない人たちだ。

「板子一枚下は地獄」という矜持を持って仕事をしている漁師たちが救命胴衣を着ける筈がない。
第一それでは様にならない。

今後も自衛隊の活動をめぐる国民との事故が発生する可能性はある。
真相を究明し事故の再発を防ぐとともに自衛隊は被害者への十分なる弔意を示し、国民も自衛隊の活動に一層の理解を示すべきだろう。
今回の大震災での自衛隊の活躍に国民は括目し、その存在意義を再認識した筈だ。
無論、自衛隊は国軍として他国からの侵略に対して国民の生命と財産を守るのが本来の目的である。
マスメディアも震災の復興が緒に就き次第、その点を強調して国民の意識改革をすべきである。

産経ニュース(2011/05/11 11:20)
あたご無罪「どうして」ショック隠せない漁師達

 事故から3年-。海難審判の裁決と異なり、横浜地裁が出したのは、あたご側に対する「無罪」の判断だった。行方不明のまま死亡認定された吉清治夫さん=当時(58)=と、長男の哲大さん=同(23)=の地元、千葉県勝浦市川津の漁業関係者からは「あり得ない」「どうして」など、憤りと落胆の声が相次いだ(以下略)
www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/506424/

共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

14:05  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |