FC2ブログ

2011.05.06 (Fri)


菅総理、狂気の浜岡原発停止要請

狂気の政治主導は国を滅ぼす

菅首相が海江田経産相と二人だけで相談して、中部電力の浜岡原発の運転を全面的に停止する事を要請した。
狂気の沙汰であり唐突感は免れない。
中部電力の所長は海岸の砂丘が津波の防波堤になっており、念のためにその内側に急遽コンクリートの防波堤を作ると言っていた。緊急電源供給装置も津波に襲われない高地に設置する計画を立てていた。

東海地震は確かに怖い。しかし、だからといっていきなり国が一企業の企業活動の停止を命令してよいものか。
一基は廃炉の作業中、二基は運転中である。
菅首相は勝手に浜岡原発を停止させて、この夏場の電力供給をどうやって賄っていくのか。国民に節電を求めると言っているが、どの程度の節電を要請するのか。
民の安全を心配するというより、保身のための手立てとしか見えない。

何の展望もなく独断で物事を進める菅首相はもはや狂った独裁者でしかない。
菅政権の狙いは、そして民主党の狙いはやはり日本解体にあったのか。


産経ニュース(2011/05/06 20:16)
菅首相会見詳報「東海地震に十分対応できるよう中長期対策が大切」

 菅直人首相は6日夜、首相官邸で記者会見を開き、静岡県御前崎市にある中部電力の浜岡原子力発電所の運転停止を要請したことを明らかにし、「東海地震に十分対応できるよう防潮堤の設置など中長期の対策を確実に実施することが大切だ」と述べた。記者会見の詳報は以下の通り。

 「国民の皆様に重要なお知らせがあります。本日、私は内閣総理大臣として海江田(万里)経済産業大臣を通じて、浜岡原子力発電所の全ての原子炉の運転停止を中部電力に対して要請しました。その理由は何と言っても国民の皆様の安全と安心を考えてのことです。同時にこの浜岡原発で重大な事故が発生した場合の日本社会全体に(与える)甚大な影響も合わせて考慮した結果です。文部科学省の地震調査研究推進本部によれば、これから30年以内にマグニチュード8程度の想定の東海地震が発生する可能性は87%と極めて切迫しています。こうした浜岡原子力発電所の置かれた特別な状況を考慮するならば、想定される東海地震に十分対応できるよう防潮堤の設置など中長期の対策を確実に実施することが大切です。国民の安全と安心を守るためにはこうした中長期対策が完成するまでの間、現在、定期検査中で停止中の3号機のみならず運転中のものも含めて全ての原子炉の運転を停止すべきと私は判断しました。浜岡原発では従来から活断層の上に立地する危険性などが指摘されてきましたが、先の震災とそれに伴う原子力事故に直面して私自身、浜岡原発の安全性についてさまざまな意見を聞いて参りました。その中で、海江田経済産業大臣とともに熟慮を重ねた上で、内閣総理大臣として本日の決定をいたした次第です」
 「浜岡原子力発電所が運転停止をしたときに、中部電力管内の電力需給バランスに大きな支障が生じないように、政府としても最大限の対策を講じて参ります。電力不足のリスクはこの地域の住民の皆様をはじめとする全国民の皆様がより一層、省電力、省エネルギー、この推進をしていただけることで、必ず乗り越えていけると私は確信をいたしております。国民の皆様のご理解とご協力を心からお願い申し上げます

 --中部電力は東海地震の揺れが起きても安全性の問題がないとし、国も容認してきた。なぜ浜岡原発だけなのか。夏場を迎え原子炉すべてを止めれば、電力需要よりも供給量が下回ると思うが対策はどうか

 「只今、申し上げましたように浜岡原子力発電所が所在する地域を震源とする、想定される東海地震が、この30年以内にマグニチュード8程度で発生する、そういう可能性が87%と文科省、関係機関から示されております。そういう浜岡原発にとって特有といいますか、その事情を勘案をして、国民の安全安心を考えた結果の判断、決断であります。また、電力不足についてのご質問でありますけれども、私は、これまでの予定の中で言えば、多少の不足が生じる可能性がありますけれども、この地域をはじめとする全国民のみなさまの理解と協力があれば、そうした夏場の電力需要に対して十分、対応ができる、そういう形が取り得るとこのように考えているところです」

 --浜岡原発だが、どういった法律のどういう根拠に基づく要請なのか。法的な担保がない場合、中部電力が断ったらどうするつもりか

 「この要請に関して後ほど、海江田経済産業大臣から詳しくご報告をさせていただきますけれども、基本的にはこの私が今日申し上げたのは、中部電力に対する要請であります。法律的にいろいろな規定はありますけれども、指示とか命令という形は現在の法制度では決まっておりません。そういった意味で、要請をさせていただいたということであります。もう1点は?」

 --中電が断ったらどうするつもりか

 「ここは十分にご理解をいただけるように説得をしてまいりたい。このように考えております」


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:02  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.06 (Fri)


組織で動けぬ民主党

所詮はガレキの集まり

菅首相肝いりの「復興構想会議」の五百旗頭真議長が6月中に提案書を出すらしいが、一方では枝野官房長官が被災地を訪問して、宅地復興の支援策だの、東北地方の高速道路を無料にするだのと被災地にコミットしている。
復興構想会議との整合性を取っているとは思えない。
仙石官房長官といい、小沢一郎氏といい被災者を激励しつつコミットしているが、みんなイイカッコシイのパフォーマンスに見えてならない。
みんなテンデバラバラで勝手動いているようしか見えない。
民主党は組織的に動くことの出来ない政党であり、今回の大震災と原発事故でそれが証明されてしまったのは国民にとって真に不幸なことであった。

もともと極左事務局と能天気リベラル派、似非保守派とガラクタを寄せ集めた政党だからまとまって動くことが出来ない。
親小沢と反小沢の構図だけでなく、菅首相を批判した中間派の桜井 充財務副大臣は少しは気骨のある男かと思ったら、問題になって菅首相に「すみませんでした」と平謝り。「原発周辺は10年~20年は住めない」と首相が言ったと証言した松本健一内閣官房参与は「首相は言わなかった」と前言を撤回して更迭を逃れた。
首相が言わなかった事を言ったと嘘をつけばフツーは更迭だろう。
菅首相は松本氏が翌日訂正したから許すと言ったが、ますます菅首相が言ったという事を証明したようなものだ。

似非保守派の松原 仁議員や長島昭久議員はテレビに出て視聴者を幻惑しているが、騙されてはならない。所詮は民主党員にすぎないのだ。
Ponkoは一時、民主党のこれら保守派と自民党の保守派が合体してガラガラポンなどと夢見ていたが、浅はかであった。
ことほど左様に民主党はガラクタの集まり、綱領も作れない民主党に政権担当能力も資格もないのである。


産経ニュース(2011/05/05)
宅地復旧へ支援策検討 仙台市視察で枝野氏

 枝野幸男官房長官は5日午前、東日本大震災の被災状況把握のため、宮城県を訪れた。地滑りで崩れた仙台市の住宅地を視察後、宅地復旧に向け、住宅金融支援機構の融資以外にも新たな国の支援策を検討する考えを記者団に明らかにした。津波被害の大きかった名取市も視察した。
 これに先立ち、枝野氏は村井嘉浩知事と県庁で会談し、がれき処理費用の国負担などをめぐり意見交換。県庁内にある政府の現地対策本部職員を激励した。
 一方、仙谷由人官房副長官は大震災翌日の3月12日に震度6強の地震に見舞われた長野県栄村を訪問。村役場で阿部守一知事や島田茂樹村長に「栄村の被害には関心が薄いと思われがちだが、政府として村の再建に協力したい」と述べた。

産経ニュース(同上)
枝野氏、高速無料化で東北、常磐以外も検討「復興に…」

 枝野幸男官房長官は5日、東日本大震災復興をめぐり東北、常磐自動車道以外の東北地方にある有料道路も無料化できるか検討する考えを表明した。地滑りで崩れた宅地復旧に向け、住宅金融支援機構の融資以外にも新たな国の支援枠組みに取り組む方針も明らかにした。いずれも視察先の仙台市内で記者団の質問に答えた。
 有料道路の無料化について、枝野氏は「少なくとも東北の東半分、あるいは東北を横断するところでは無料化で復興につなげたい」と述べた。
 枝野氏は津波被害の大きかった名取市や女川町も視察。佐々木十一郎名取市長らとがれき処理負担や高台移住をめぐり意見交換した。村井嘉浩宮城県知事とも県庁で会談し、政府の現地対策本部職員を激励した。

産経ニュース(同上)
小沢氏、千葉に避難の障害者激励「国家の命運かけ何とかする」

 民主党の小沢一郎元代表は5日午後、千葉県鴨川市を訪れ、東京福島第1原発事故で周辺市町村施設から避難してきた障害者を慰問した。原発事故について「国家の命運をかけ何とかしなければならない」と強調した。
 障害者が「一刻も早く福島に戻りたい」と訴えると、小沢氏は「私も東北出身なので、皆さんの気持ちは痛いほどよく分かる。頑張ってほしい」と激励した。


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

00:07  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |