FC2ブログ

2011.05.05 (Thu)


辺野古移設を容認していたルーピー鳩山

騙されていた沖縄県民

もうこんな男の話はしたくないが、ウィキリークスでアメリカの公文書がリークされ、ルーピー鳩山が沖縄基地の県外移設を本気でする積りはなかったことが明らかになった。
代替地の目当てもないのに沖縄県民に「国外、最低でも県外」と言って騙していたことが分かった今、沖縄県民の怒り心頭という所だろう。
東日本大震災での沖縄海兵隊をはじめとする米軍の惜しみない支援と自衛隊とのコラボレーションを目の当たりにして、沖縄県民も狂信的左翼を除いて沖縄基地の重要性を再認識してもらえたと期待している。
同時に、ルーピー鳩山、菅首相と民主党の無責任さも再認識したことだろう。


産経ニュース(2011/5/5)
鳩山氏、09年末に辺野古移設容認を米に伝達 ウィキリークスで判明

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相(当時)が2009年末、コペンハーゲンでクリントン米国務長官と会談した際、新たな移設先が見つからなければ、06年に米国と合意した同県名護市辺野古への移設案に立ち戻る意向を伝えていたとされることが、内部告発サイト「ウィキリークス」が5日までに公表した米公電で明らかになった。
 鳩山政権は当時、辺野古に代わる新たな移設先の検討作業に着手。鳩山氏は日本国内では、沖縄県外への移設も視野に06年の日米合意の修正に意欲を見せていたが、米側には逆の意向を示していたことになる
 在京米大使館から米国務省などに宛てた09年12月の機密公電によると、藪中三十二外務事務次官(当時)は同21日、ルース駐日米大使と昼食を共にした際、鳩山氏がクリントン氏に対し、新たな移設先が見つからなければ「日本政府は06年の日米合意に立ち戻る」と確認したと伝えていた。(共同)


共感頂けたらランキングにポチよろしく!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:29  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |