FC2ブログ

2011.04.02 (Sat)


「大連立」煽る毎日新聞

解散総選挙の時期を明確にしてからだ

小沢一郎氏が民主党代表だった2007年、読売新聞の渡辺恒雄会長が民主・自民の大連立を画策して失敗した。
そして今度は毎日新聞が連立を煽って国民を誘導しようとしている。

3月27日のTBS「サンモニ」で、倉重篤郎毎日新聞論説室専門編集委員が大連立は必ず起こると自信たっぷりに言っていた。
そして昨日のTBS「朝ズバッ!」でも与良正男毎日コメンテーターが大連立を急げと主張していた。

TBS「朝ズバッ!」(2011/4/1)

与良正男(毎日新聞論説委員)
「私は大震災が起こった直後から、ここでも喋ったし、コラムにも書いたりしましたけど、大連立した方がいいと思ってます。今からでも遅くないと思います。やっぱり、ひとつは政治への信頼だと思います。今、ものすごく国民の皆さん、この三週間振り返って、日本がすごく優しい社会になりつつあるなと思っているんですう。みんなで支え合おうという気持ちがすごい醸成されてると思ってるんですけど、やっぱり長期化すると、原発問題もね。という中でやっぱりそれを持続するのは大変。最後は政治が信頼できるかどうかと思うんですよねえ。
 で、みんな、やっぱり民主党政権だけで大丈夫かと思っているわけですよお。
だから、もちろん連立するためには基本政策がどうのこうのと言うんだけど、国を救うとか国民を救うとかいう一点を持ってすればみんな一致すると思うんです。
 自民党は長く政権を担当してきたわけで、もちろん責任もあるし、経験者もたくさん居てベテランも居る。谷垣さんが入るか入らないかは想定部分であって、別に谷垣さんでなくてもいいんだけど、やっぱり一緒にやるという事が必要。
谷垣さんが『年度が変わったから』という理由はさっぱり分かんないけども、今からでも遅くないと思うんで、僕は一緒にやればいいと思いますねえ。

 菅さんを下したら協力してもいいよとか、相変わらず、もしそのレベルでやってるとしたら大間違いだと言いたいですねえ。やっぱりいま日本は3.11の前と後ではほんとに大きく変わってるわけですよね。全然変わってないではないかと思わせるのが国会のわけですよ。僕はこの三週間、どれだけの人から国会議員は何やってるかと。まあ何もやってないわけじゃないけど、つなぎ法案が通ったからね。これからもっと大事なのは政治への信頼なんです。大丈夫かと。大丈夫ですということは国会議員、挙げてやらなきゃいけないことだと思ってまして、今からでも遅くないから連立した方がいいと思います」


まったく無責任なコメントだ。
二大政党制の必要をあれほど強調し、政権交代の必要性を説いて国民を誑かしておいて、その政権交代がまったくの失敗であったことを棚に上げて3.11の前後で日本は変わったと?

菅首相では日本を救えないと思うからクビを挿げ替えろといっているわけで、政争でもなんでもない。
「政治への信頼が大事」というが、正しくは「民主党政治」への信頼が大きく損なわれたという事だ。誤魔化してはいけない。

この三週間、国会議員が何もやっていないというが、自民党の森まさこ議員(福島)らは被災地に飛んで毎日支援している。

大災害を理由に与野党の対立の原点を曖昧にしてはならない。
大連立の条件はバラマキ4Kプラス菅辞職の5Kだけでは駄目である。
自民党の谷垣総裁が首相になろうとも駄目である。
災害復興の大筋を決めた後、半年以内に解散総選挙で民意を問うべきである。
なぜならば、災害復興の一点においては与野党は協力できるが、価値観も国家観も異なる与野党が協力できる筈がないからである。
本来ならば災害復興の自信が無い菅首相以下、民主党の全員が野に下って自民党と総入れ替えすべきである。

大連立で民主党政権の延命に手を貸すようでは、大震災の犠牲者も浮かばれないであろう。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:53  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |