FC2ブログ

2010.04.04 (Sun)


鳩山政権5月にジ・エンドか

今日のNHK日曜討論から

NHK日曜討論の普天間基地移設問題の部分のあらましをご紹介する。
鳩山政権はこの問題を5月までに解決しなければいよいよ窮地に陥るとの感を強くした。
そしてどう見ても起死回生の策は無く、最後の断末魔が見られる期待感が高まってきた。
第三者的に見ても民主党連立政権側は防戦一方で、勝負はついていた。
言葉を弄して言い逃れをしているだけの細野豪志(民主党)議員。
5月までに決着しなかったら総辞職か解散せよとの野党の要求に、決着しないと言う仮定の問題には答えられないと鳩山首相と同じ逃げの姿勢で言質を取られることを避けていた。

細野豪志(民主党)
「自民党時代だって、95年の沖縄での不幸な事故があってから現行案に落ち着くまで10年掛かっている日米安保を締結したのは自民党ですから。この自民党がやって10年だったのを新しく政権を取った我々が1年以内にやろうというのは本当に大変なことだ


相変わらず前政権に責任を転嫁しようと言う浅ましい魂胆。

高木陽介(公明党選対委員長)
「鳩山首相は最低でも県外といって沖縄の皆さんに期待を抱かせた。そして腹案があると言った。また期待を持たせたが、報道で聞こえてくるのは結局県内がベースだ。鳩山首相は人の痛みが分からないのかな思う。
自公政権は合意を取りながらやってきた。ようやく環境アセスをやって杭を打てる。こないだの党首討論でも『杭ひとつ打てないじゃないか』と鳩山さんは言ったが、そうやって努力をして来て、ようやく出来るとなった段階で机を全部ひっくり返したのは民主党
ですよ。与党ですよ。それをいま大変だという言い方をされても、ひっくり返すならしっかりとその前の段階で『腹案』をもっていただかないと県民の皆様方には本当に過酷な問題だと思いますよ」

茂木敏充(自民党幹事長代理)
「(前政権は)一つ一つ丁寧に進めてきた。橋本さんも小渕さんも森さんも小泉さんもみんな沖縄に行って声を聞いてきた。鳩山政権が出来て総理は一度も行っていないではないか。移設先とアメリカの合意を取る、そして2010年迄に普天間の危険を除去するの三つを5月末までにクリアーするのはほとんど無理ではないか。ベストというかオンリーワンの案を潰してしまったのは鳩山首相だから5月までに出来なかったら厳しく責任を問われる」


茂木氏は鳩山退陣を迫り、総選挙で民意を問え、われわれは受けて立つと繰り返し言っていた。
「なぜ5月までと決めたか知らない」と答える無責任な重野安正(社民党幹事長)、自見庄三郎(国民新党幹事長)の愚論は文字起こしする価値もないので割愛。

市田忠義(共産党書記局長)
「沖縄の地元紙は(鳩山首相を)これほどの選挙詐欺はないと言っている」


沖縄タイムズか琉球新報のサヨク新聞は当然そういうだろう。

江田憲司(みんなの党幹事長)
「沖縄は支配の歴史だ。当時の橋本総理と知事が10数回に亘って直接談判して、その年の暮れには沖縄の市町村の代表のみなさんは涙を流して、やっと総理が沖縄のことを考えてくれたと、そういう中で辺野古の沖合に決めた。そうやってガラス細工のようにまがりながらも積み上げたものを全部ご破算にしておいて、5月までに決着させると言っている。ここまで沖縄県民の期待を煽って今更県内だとそんな馬鹿な事はないと思う。決着を付けることが出来なかったら辞めるのが総理の責任だ

江田
「最悪は普天間基地が残るということだ。歴代政権をいくら批判してもいいが、歴代政権は残らないように努力して、それを全部ひっくり返して5月にやるといったのだから、もし危険が残るようなことがあれば、安保の観点からも沖縄の負担軽減という観点からも総理が責任を取るべきだ。それ程の大きな問題だ」

この問題に関わって来た江田氏らしいコメントだ。

司会
「5月から先送りすることはありませんね?」

細野
「総理があれほど言っているから、5月が区切りであることは間違いないと思う」


共同通信社の4月3-4日の世論調査によれば・・・
米軍普天間飛行場移設問題が期限の5月末までに決着しなかった場合の鳩山由紀夫首相の進退について

「辞めるべきだ」   47・1%
「辞めなくてよい」  45・3%


愚民たちの民主党ポケはまだ治ってはいないようだ。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

23:56  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.04 (Sun)


鳩山「腹案」発言にサヨクもあきれた

テレ朝系パックインジャーナルも混乱

民主党ヨイショのテレ朝系パックイン・ジャーナルも、さすがに鳩山首相の「腹案」発言にリカバリーショットは打てなかった。

朝日ニュースター「愛川欽也 パックイン・ジャーナル」(2010/4/3)
党首討論をまじめに見れば


コメンテーター達の共通の意見は鳩山首相は「腹案がある」と心ならずも言ってしまったが、腹案など持ち合わせていないのではないかということであった。
さすがに民主党ヨイショのコメンテーター達も救いようがないらしい。
しかし、メディアのその責任を転嫁するコメンテーターも居た。

吉田俊実
「メディアの報道もそこ(腹案)に集中していますね。何かだんだん民主党が追いつめられて来たなと。それをメディアもそれを作ってしまっていないかなという感じがします
メデイアが民主党を追い詰めていると言うのである。

吉田
「基地を全部どこかに持っていけというんではなくて、たまたまある基地の機能のひとつですよねこれであんまり民主党を潰してしまっていいのかなともちろん民主党も情けないですね。『腹案』ってそれを普通『腹案』って言いませんよね」

普天間基地の返還は政府の長年の課題であり、「たまたまある基地」ではない。せっかく実現にあと一歩まで来た現行案を理由もなく潰したのは民主党政権である。

愛川欽也
「党首討論を全部みたけど、つくづく日本はまだ敗戦国やってるなと思った。世界に外国の軍隊を置いて、その軍隊に思いやり予算を払って、引越し代を払ってる国はあるんですかね。谷垣さんがアメリカの議員なら分かるが日本の議員だ。ボクは学童疎開から来ているから、呪縛のようにアメリカがあって仕方がないなら仕方がないなりの言い方はないかなと思う」


愛川氏は「学童疎開」のトラウマから抜けきれない反米平和主義者である。
酔っぱらいの繰り言はまだ続く・・・

愛川
「抑止力かなんだが知りませんが、仮想敵国がどんどん変わっていって、ソ連がなくなってロシアになったら消えたので、中華人民共和国になって、これが資本主義の国になっちゃったから、今度は北朝鮮相手に東アジアでは敵国にみえるからそれをセイブ(?)するためにアメリカが大切なんだということが染み込んでるんですよ。テレビのお陰で・・・」


コメンテーター達もキンキンの暴走に面食らって押し黙っている。中国が資本主義国になったなんて滅茶苦茶だ。

愛川
「基地は本来あるのはおかしい。フィリピンは家賃上げたらアメリカが出てっちゃったけど、アメリカとフィリピンの関係は悪くなんてなっていませんよ」


アメリカが手を引いたために中国が出て来たという話をどこかで聞いたことがある。
沖縄県民の声を聞けとキンキンが叫ぶので、さすがの川村晃司テレ朝コメンテーターも稀にいいことを言った。

川村晃司
「ただそこまで沖縄の人の気持ちに火をつけたのは鳩山総理の発言なんですよ。鳩山総理の腹案発言もそうですが、いささか軽い。民主党連立政権は沖縄県民の気持ちを掬い取っていないのではないか。選挙に勝つために言ってしまった。しかし、今取り返しのつかない発言になっているから何とかしなけりゃいけないとどんどん自分を追い詰めている感なきにしもあらずだ。やらなければならないのはアメリカに対する発言だ」


突然、ここでCMが入ってしまったのは偶然か。
ガラスの目玉の鳩山首相は対等だというアメリカにモノなど言えるはずがない。
「トラスト・ミー」と言うのが精一杯だったのだから。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

08:31  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |