FC2ブログ

2010.03.15 (Mon)


朝鮮学校無償化に反対

自虐史観の宮根誠司

日テレで朝鮮学校無償化問題を取り上げていたが、「(朝鮮学校の)子供の未来を考えて」とか「朝鮮半島の悲しい歴史に日本人は反省して」とか怪しげな発言が続いた。

日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」(2010/3/15)
朝鮮学校は適用?除外?「高校無償化問題」


橋下知事と朝鮮学校の関係者との一問一答をまとめると・・・

橋下知事
「朝鮮総連と一線を画することはできないか」

学校側
「我々の教育に支援してくれている実態があるので、大事な支援者の一人なので、それを言われてもキツイ側面がある」


朝鮮総連とは切れないということであり、当然そうだろう。

橋下知事
「教育の場では(金総書記)の肖像画を降ろしてもらいたい」

学校側
「(在日)一世のやった事を僕等(二世、三世)が外すというのは、一世が活きている中で、儒教社会だからなかなかのプレッシャーだ」


一世のやった事を変えられない儒教社会は日本の社会とは馴染まないから、日本から公金を貰おうと思うのが間違いである。

橋下知事
「自由を求めるか府の交付金を求めるかどちらかを選んで欲しい。拉致問題に関して日本人の感情もある。現行の(朝鮮の)国家体制と学校現場は一線を切り離して欲しい(画して欲しい)」


正論であるが不可能である。
結局、橋下知事は「予算は計上するが執行は回答が出るまで保留する」と記者会見で語った。
テレビカメラを意識しての橋下知事のパフォーマンスであろう。
朝鮮戦争でアメリカに大勝したと歴史を捻じ曲げ、日朝関係の歴史教育も偏向しているという事実に橋下知事はまったく触れていないが、肖像画以上に重要なポイントである。

うつみ宮土理
「日本人とまったく同じ人が回りに多いので、私もとても複雑ですよね」

宮根誠司
「日本と韓国・北朝鮮、朝鮮半島とは大変悲しい歴史がある。日本人の我々も大いに反省しなきゃいけない部分もあるそ。の一方で拉致問題がある」

宮根
「朝鮮半島はほんとうに侵略の歴史を繰り返されたわけですよ」


自虐史観にまみれた宮根誠司。

うつみ
政治と子供達を一緒にして欲しくない。北朝鮮は問題のある国ですけど、子供達を見てると、だって日本で学んでるんだから、鳩山さんは友愛の人なんだから、なんか一緒くたにして欲しくないなとちょっと思います」


コメントになっていない。

岩田公雄(読売テレビ解説委員)
子供達に(が)政治の影響力を全部かぶるというのはいかがなものか。しかし(学校側が)日本と同化する姿勢を見せるのも必要だ」


子供だからといって甘やかす大人たち。政治と子供は関係が無いという暴論。感情論。

宮根誠司
「拉致国家である北朝鮮。その子供達は日本で育った。拉致国家ではあるけれども、子供達の明るい未来とかそういうのは別にして、日本という国は、授業を無償化して子供達の未来を支えていきましょうよというのか、いや拉致がというのか、大人の国として日本がどうするのかなあと」


授業を無償化しないと子供達の未来がなくなるみたいなものの言い方は間違っている。「大人の国」といった時点で中立を装う宮根誠司のスタンスは明らかである。

うつみ
「子供達はね。ほんとに日本が大好きで、日本で生きて行こうと思ってる子供達が、ここで突然『あんた達は違うんだよ。無償化にならないんだよ』と突きつけられると『ああ、やっぱり私達は在日コリアンなんだって、そこでまた進もうと思った道がパァーンと途切れちゃうことが気の毒だなあと思って」


「差別」だと言いたいのだろうが、これは正しいルールに乗っ取った「区別」である。
「私達は在日コリアン」だと思わせてはいけないみたいだが、それは紛れもない事実であり現実である。
うつみ氏のような意見はある意味、在日コリアンのアイデンティテイを侮辱した言い方である事を御本人はお気づきでない。

田中統治(筑波大学教育学教授)
「通っている学校で区別されて良いのか。教育に政治の問題を持ち込むべきではない」


なんとアホらしいことを言う学者であることよ。教育は政治の一貫であり、いま論じられているのは「無償化」という政策のあり方である。

坂田仰(日本女子大教育学教授)
「日本の学習指導要項に沿っていない外国人学校に公的資金を入れる事が望ましいのか疑問」

岩田公雄
「ただ、やっぱり子供達をどういう風に考えるかという事を前提としておかなければいけない。やっぱりこういう風に差別されたという風になるのか、こういう理由だからしばらくは貰えないのかと説明が出るようにした方が良い」


子供、子供と子供中心に考える必要はまったくない。公金の投入は明らかに政治の問題である。

宮根誠司
日本と朝鮮半島の歴史をひもといて行くと、いろんな悲しい事実を我々もやっぱり反省しなきゃいけない部分もあるんですが、子供達はいま実際に学校に通っているわけですから、朝鮮学校の皆様ももっと理解されるように情報公開してもらう、そして政治家のみなさんも橋本さんのように朝鮮学校に通って、いまどういうカリキュラムをやっているのかと双方が歩み寄って子供達の一番良い、輝ける未来のために・・・大人が出さなきゃいけない」


朝鮮半島の悲しい事実を日本は反省せよという宮根クン。「親日派のための弁明」(金完燮)の正続2冊を読んでよく勉強してもらいたい。

今日の産経新聞『社説検証」では「産経のみ『無償化反対』教育の中味不問の他紙」と題して産経新聞を除く各紙が賛成しているというあるまじき事実を指摘している。
橋下知事の発言を取り上げたのは産経と朝日だけだが、朝日は「だが今冬の全国高校ラグビー大会で大阪代表として4強入りしたのは大阪朝鮮高級学校だった」と書いた朝日を「分かりにくい脈略だ」と揶揄していて笑えた。

ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

産経新聞「社説検証」

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

21:59  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.15 (Mon)


ゆらく゜鳩山首相

日本を任せたのが間違い
「一度やらせてみた」のが間違い


ブレまくりの鳩山首相が11日、「物質の本質は『ゆらぎ』だ」と詭弁を弄した。
どこまで恥知らずな首相なのか。
政治は物理学ではないのだから、ゆらいでもらっては国民は大迷惑だ。
流石のテレ朝も末延吉正コメンテーターが「民主党には世界で唯一の綱領のない政党だ」と指摘した。一般の人は知らないから、このような重要な事実をマスコミは国民に周知させるべきである。

「二大政党:『綱領』のない政党はどっち?」のアンケートに・・・

民主党    46.3%
自民党    38.9%
わからない  14.8%


とネットリサーチで149人が回答している。回答数が少ないとは言うもののこれは酷い。

同じネットリサーチの「有事の際、核の持込は認めるべきか」のアンケートに・・・

思う    82%
思わない 18%


という良識を示したネットユーザー(現在2264名)とは思えないほど民主党に綱領がない事を知らない。

自民党の新綱領は今年1月発表されたが、しょっぱな・・・

「平成元年のベルリンの壁の崩壊、平成3年のソ連邦の解体は、この目的の1つが達成されたという意味で、我が党の勝利でもあった」

とあるのは噴飯ものである。自民党にそんな力があるのなら、現在の民主党政権による左傾化をとっくに食い止めているはずである。

自民党綱領

それはともかく、ブレまくる鳩山首相は批判されていたが、麻生元首相の時に比べてマスコミの批判は「手ぬるい」と思わざるを得ない。


テレ朝「やじうまプラス」(2010/3/12)
揺らぎを正当化!?
麻生氏ブレを批判


末延吉正(立命館大学客員教授)
「そもそも、なんでこんなに鳩山首相が)ブレるのかというと、民主党は拡大していく時に党の綱領を決めなかった。決めると安全保障も経済政策も、大きな政府か小さな政府かも含めて、纏まらないから、世界の先進国で唯一、党綱領の無い、そして選挙を意識したマニフェストだけだと。そういう問題がここへ来て出てしまっている。野党の時は受け狙いでよかったですが、いま責任与党ですからね。これはもう待ったなしで、逆に急がば回れで国家戦略を含めて、根っこの部分を閣僚と小沢さんの間でいま組み立てないと、色々つぎはぎしていっても時間の無駄になって行くんじゃないかなと」

党の綱領を纏めると分裂するしかないというのだから、一生決められないのだ。
世界に恥ずべき綱領のない政党を、騙されたとはいえ国民はよく選んだものだ。
そういう国民も世界に恥ずべき国民ということである。


小宮一慶(経営コンサルタント)
「人間だから少しはブレルのは仕方がない事だけれど、振り子の原点がない。根っこが無い。何がこの人の根っこなのかというのが分からないからブレまくっているように見えるんじゃないのかという気がする」


麻生元首相のことを「もともと芯がないからブレたとはいえない」と酷評したテレビコメンテーターが居たが、「根っこがないからブレまくったように見える」というのはある意味おかしい。
根っこがないからブレるのである。
強いて言えば鳩山首相の根っこは現実離れのした友愛主義、そして地球愛である。苦労を知らぬ金持ちのお坊ちゃんに日本を任せたのがそもそも間違いだった。


産経ニュース(2010.3.11)
鳩山首相「物質の本質はゆらぎ」 ゆらぐ政治姿勢を正当化?


鳩山由紀夫首相「物質の本質は『ゆらぎ』なんですよね」。鳩山由紀夫首相は11日夜、過去に「民主主義の本質はゆらぎ」と発言したことを記者団に問われ、理系出身者らしく物理学の知識も披露しながら、その真意を語った。
 首相は「地球も宇宙というというものも本質はゆらぎ。人の心も人間そのものも…」と解説した後、「民主主義も多くの皆様の意見を聞きながら、その思いを大事にしていく過程の中で、ゆらぎの中で本質を見極めていくというのが宇宙の真理ではないかな」と、独特の言い回しで民主主義に対する自説を披露した。
 米軍普天間飛行場の移設問題など、首相就任以来、ゆらぎっぱなしの自らの政治姿勢も「民主主義の本質」と言いたかった?


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

00:13  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |