FC2ブログ

2010.03.12 (Fri)


公明党、政権与党に擦り寄る

公明党は民主党にもともと近いと鳥越俊太郎

テレ朝「スパモニ」(2010/3/11)
公明"子供手当て"賛成へ 民主に「急接近!?」の理由


鳥越俊太郎
「ボクはねえ、政局的な問題も勿論あるんだけど、もともと公明党っていうのは、出来た時から『平和と福祉』を掲げていたわけですね。そういう点で言うと、民主党と政策的には一番近いところに居るわけですね。自民党と組んでいたこと自体が本当は、公明党、創価学会という成り立ちから言うとおかしいわけで、そうするともう自然に民主党に近づいていくのは当然かなと」

公明党は主義主張よりも常に政権与党でありたいという願望があるだけである。
さもなければ、思想信条の違う自民党と10年以上も同衾しているはずがないのである。
かつてPonkoは公明党を瘤取り爺さんの瘤に例えたことがある。
自民党は公明党と言う醜い瘤をいつまでつけていたのではダメだと。
いままでずいぶんと足を引っ張られて来た。
だから、公明党が政権与党となった民主党に擦り寄って民主党の瘤になればいいと。

さて、問題はここで有権者が次の参院選で賢い判断を下すかどうかである。
政教分離の憲法に違反している公明党に賢い有権者は鉄槌を下すべきである。
公明党が民主党に擦り寄ることは十分に予測されたが、予想より早くにじり寄った。
まことに節操の無い政党である。

余談になるが、鳥越俊太郎の隣で「はいはい」「そうですね」と合いの手を入れる女性キャスターの赤江珠緒は、今は亡き筑紫哲也の助手であった通称クサマンこと草野満代を彷彿とせるのである。

「筑紫哲也『妄言の研究』」(宝島社 2004年)ではこう書かれている。

「『News23』における草野満代(以下クサまん)のポジションは、筑紫学校の優秀な教え子といったところだろう。小、中学校には必ずいた優等生の女の子。価値判断の基準は『先生の言うことは正しい!』自分にに盲目的に従う生徒を、教師も憎かろうはずがない。クサいまでの優等生ぶりは、画面からムンムンと伝わってくる」

以下、具体的に、草野満代が如何に筑紫哲也にべったりであったかをその言動で証明している。そして・・・

筑紫哲也の手先となって働いたからには、左翼のレッテルがべったりと貼られ・・・(中略)・・・テレ朝は可能性がありそうだが、最後は『格落ち(テレ東京)』か『都落ち(地方)』のいずれかを選ぶしかない」

草野満代はその後どうしているのだろうか寡聞にして知らない。
赤江珠緒はもともと反日左翼局のテレ朝だから格落ちの心配はないのか。
いずれにしても、テレ朝ごとき反日左翼のテレビ局は総務省が放送免許を剥奪すべきである。
TBSもNHKも。
ところが政権交代で原総務相となり、その可能性は無くなった。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

09:33  |  2010参院選  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |