FC2ブログ

2010.02.05 (Fri)


横綱の資格無かった朝青龍

横綱にした横審の責任

強ければなんでも許されると思い込んだ朝青龍と相撲を格闘技としか見ない観客のおかげで日本の相撲は地に落ちた。
Ponkoはいままで、朝青龍の横綱の品格を問題にし、国技である相撲を貶めたと批判し続けてきた。

しかし、相撲は国技ではない、朝青龍は日本の相撲界を牽引する立役者だとする朝青龍ファンからの苦言も沢山頂いた。
朝青龍はヒール(悪役)の役目を果たしていて人気が落ちた日本の相撲を活性化しているというが、相撲はプロレスとは違う。
土俵を作る前に神に祈る祭事を行うことからみても、それは神事である。
このような伝統と形式を守ることが大切だ。
古き良き伝統を守ったために、相撲が下火になったら、それはそれで構わない。変に近代化して伝統を失ってまで活性化する必要は無い。
相撲協会が朝青龍の人気を頼りに朝青龍を甘やかしてしまったのが、結果として朝青龍を引退に追い込んでしまった。
その前に朝青龍を批判せず、その人気を盛り上げた盲目的ファンにも罪がある。

大方の反論を招くと思うが、貴乃花の相撲界の近代化・合理化にも必ずしも賛成できない。
学校教育に取り入れる案は賛成だが、タニマチの廃止、サポーター制など疑問である。

話を元に戻せば、朝青龍は最初から横綱の資格は無かった。
資格のない者を横綱にして、横綱にした後も横綱としての教育を怠り、今回の結果を招いた。
最大の犠牲者は朝青龍かも知れない。
身から出た錆とはいうものの、モンゴルの好青年を最高の栄誉から絶望の底に突き落とした。
朝青龍には別の世界での活躍を期待したい。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

00:16  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |