FC2ブログ

2010.01.14 (Thu)


答弁禁止に喜ぶ官僚

見せ掛けだけの政治主導

官僚は全て悪人であるかのような情報操作で世論を誘導した民主党とマスコミ。
愚民はそれに騙され、政治家主導の国会運営を夢見た。
しかし、官僚の助け無しには不勉強な政治家たちは国会で明快な答弁は出来ないのである。
18日からの通常国会の予算審議で、民主党の菅財務大臣がその実例を見せてくれるだろう。
もともと経済に弱い菅財務大臣が野党の追及に立ち往生する姿が見られる。

舛添要一議員は「民主党の『官僚の答弁禁止』でいちばん喜んでいるのは官僚だ。むしろ官僚に答弁させてシドロモドロにさせた方が、役人が如何にひどいかテレビ中継で国民に明示される。官僚にすれば、質問も答弁も自分達が書いて、矢面には政治家が立ってくれるので、こんな楽な事はない」(VOICE2月号)と言っている。

しかし、内閣法制局が自民党政権下で憲法解釈権を握っていたのには反対だ。
もっと闊達な憲法改正論議が必要である。
平野官房長官は、憲法解釈に関する答弁は一元化しなくてもバラバラになることはないとしているが、実際には、右から左へとウイングが広い野合連立与党ではバラバラになるに違いない。
楽しみである。


産経ニュース(2010/01/14)
法制局長官、通常国会冒頭から答弁禁止 官房長官


平野博文官房長官は14日午前の記者会見で、18日召集の通常国会での内閣法制局長官による答弁について「外す方向で考えている」と述べ、官僚の答弁禁止を柱とする国会審議活性化関連法案の成立を待たず、通常国会冒頭から内閣法制局長官を国会答弁ができる「政府特別補佐人」から除外する考えを示した。
また、法制局長官が自民党政権下で憲法解釈権を握り、「法の番人」と呼ばれたことに関しては「法制局長官は法的見地から内閣に助言する立場。法の番人のようになるという認識は少し違う」と指摘。憲法解釈に関する答弁は一元化せず、各閣僚が質問に応じて行う方針も示した上で、「憲法解釈は今までの解釈がある。バラバラにそれぞれ違うことを言うことは基本的にはない」と説明した。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

23:42  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.14 (Thu)


地検の強制捜査にメディアは

小沢氏の説明責任を問うだけ

昨日は民主党小沢幹事長の周辺に検察の強制捜査が行われ、政界に激震が走ったが、一夜明けて、今日のマスコミはどう報じているかみてみよう。

テレ朝「やじうまプラス」(2010/1/14)

伊藤洋一(経済ジャーナリスト)
「小沢さんは名古屋で国民は理解してくれると言ったが、僕は国民の一人だが理解できない。4億円をキャッシュで渡すのは尋常ではない。事情聴取に応じないと民主党の基盤を揺さぶることになりかねない。小沢さんは説明すべきだ」


民主党の基盤を揺るがすのは当然で、大変結構なことである。
民主党内部からまったく批判の声が上がらないのは、政党として落第である。

江川紹子(ジャーナリスト)
「東京地検特捜部と小沢さんの双方が面子というか沽券をかけて突っ張り合っている感じがしてならない。小沢さんは問題が無いならば説明をして、地検の方もメディアに情報を流すよりも事件そのものを解決すると、双方がそうすればいいのになあと思う」


子供の喧嘩じゃあるまいし、突っ張りあっていると皮相な見方しかできない江川女史。
東京地検は相手が誰であれ法治国家の職員として法を遵守させるのが仕事である。
メディアにリークしたと小沢擁護派は検察を批判するが、偽情報を流したのならともかく、真実ならばリークされて困る側に問題があるということで、それは逆恨みのたわ言である。

なお、「激読み一刀両断」のコーナーでは今日の一面トップに全紙が検察の小沢周辺強制捜査を取り上げていたにも関わらず、まったく無視して他のニュースを取り上げていた。

同上「スパモニ」(同上)

鳥越俊太郎
「久し振りに政権の中枢部に東京地検の特捜部が手を突っ込んだ。造船疑獄までさかのぼる話だ。新聞やテレビの報道を見ているとリーク情報がじゃんじゃん出てくる。今までありえない事で、自由に取材が出来ている所を見ると、検察内部で意見の食い違いがあって、上層部は石川議員の在宅起訴を、特捜部は身柄を取ろうとしたのではないか」


検察の内部事情を物知り顔にコメントしても何の意味も無い。
田中・金丸・小沢と受け継いで来た政治と金の問題の本質を突こうとしないで逃げている。

やくみつる
「昨日小沢さんは『国民が理解したから政権を与えて頂いた』と言ったが、それは違う。政権を与えたのだから説明してよと。時系列を意図的にひっくり返したところがずるいよと思った」

同上「ワイド!スクランブル」(同上)


北野大
「土地を買うことが政治活動なのか。4億円のタンス預金というが、普通の議員ではとても4億円は貯まらない。疑惑があれば堂々と出て説明したらいいではないか。説明しないという事はやましい所があると感じる」


これが一般庶民の考えである。

日本テレビ「ミヤネ屋」(同上)

大宅映子(評論家)
「(自民党に)いい加減愛想が尽きたので自民党じゃないとこにやってもらえばどうにかなるんじゃないかと思ったのが、自民党は一年交代で辞めたけど、これで半年でダメになったらもっと悪いという事だ」

大宅
「(小沢氏が)国民の理解を得ているというのは違うと思う。私たちの投票行動もこれからほんとに責任を持たないと、309(議席)あるんだからねと彼は言ってるわけだから」


民主党に入れた人たちにも責任があるという事だ。
鳩山首相は昨日、「私はコメントする立場に無い」と記者会見で述べ、今日は「小沢さんは政権交代の立役者であり、参院選でも変えるつもりはない」と答えた。

民主党のツートップが政治献金で問題になっている。
鳩山首相は政治献金の入りは母親だという事になったが、出口つまり用途先が不明である。
小沢幹事長は出口は不動産や土地だとわかっているが、入りが分からない。ゼネコンからの献金であることは間違いないが、こんなに疑惑だらけの最高責任者たちに一言も言えない民主党幹部や議員はほんとうに情けない連中である。

マスコミは小沢幹事長に説明責任を問うが、悪いことをしているのだから説明のしようがないではないか。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

23:38  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |