FC2ブログ

2010.01.09 (Sat)


当り屋が正体を現した

戦時賠償を二度も手に入れたオランダ

日本の調査捕鯨団の監視船、第2昭南丸に体当たりしてきたシー・シェパードがオランダから訴訟すると言い出した。
シー・シェパードは別の船から衝突した場面を撮影していたが、このカメラアングルの動画を訴訟の材料にしようとしていたのは明らかだ。
しかし、当てられた第二昭南丸からアングルでは明らかにアディ・ギル号が進路妨害をしている。

オランダと聞いて高山正之氏の本を思い出し、なるほどと合点が行く。
チューリップと水車小屋、杉田玄白「蘭学事始」のオランダ医学、カステラ、テンプラなどのオランダ語で私たちはオランダという国に何となく親しみを覚えるが、実際はまったく違う国なのである。

6日のアジア杯最終予選のイエメン戦でハット・トリックを演じて3-2の逆転勝ちで日本に勝利をもたらした救世主、平山相太(24)は、かつてオランダのサッカーチーム「ヘラクレス」に所属していたが、干されて帰国し「もう二度といや」、「オランダは生理的に嫌い」と発言した。
オランダは中国人に通ずる傲慢と残虐の国だと高山正之氏は『日本人が勇気と自信を持つ本』で述べている。

「オランダは頼みもしないのにむこうから宣戦布告して来た。(中略)自分で仕掛けて負けた戦争の事を60年立ってもまだぐちぐち言い募る変質狂には、呆れるというより、恐ろしさを覚える」

まるでヨーロッパの韓国である。
二度に渡って日本から戦時賠償を手に入れた癖に、昭和天皇がご訪問された時も謝罪を要求し、天皇のお車にガラス瓶を投げつけ、今上天皇のご訪問の際も謝罪を要求している。

その昔、オランダに行った江戸の芸人も嫌いな国だと述懐しいる。当時から彼等の黄色人蔑視は変っていないのだ。

⇒江戸芸人の予言、オランダは変らなかった(高山正之)
⇒オランダ人の歴史認識 自分のふりを見つめては?(高山正之)

オランダ人の歴史観を十分に知った上で私達は世の中の動きを見なければならない。
まさしく「世界はみんな腹黒い」のである。

産経ニュース(2010/01/09)
シー・シェパードが第2昭南丸乗組員を告訴


 南極海で日本の調査捕鯨団の監視船、第2昭南丸と米環境保護団体シー・シェパードの抗議船アディ・ギル号が衝突し
た問題で、シー・シェパードは8日、「海賊行為」の疑いで、第2昭南丸の乗組員をオランダ司法当局に告訴した。
オランダのメディアによると、シー・シェパードの弁護士はオランダで告訴した理由として、ギル号にオランダ人が乗っていたことや、シー・シェパードの母船スティーブ・アーウィン号がオランダ船籍であることを挙げ「オランダには昭南丸の乗組員を裁く権利がある」と主張している。
 同弁護士は、第2昭南丸は公海上で「暴力」を用いてギル号に損傷を与え、オランダ刑法が定める「海上での強奪、海賊行為」に当たると主張。衝突の状況は「すべて映像に記録してあり、証拠は十分にある」と述べた。(共同)


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:49  |  事件  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.09 (Sat)


国運を県下知事に委ねる大馬鹿者

こんなバカを誰が選んだ

平野官房長官が普天間問題で仲井沖縄県知事と会談して、「知事に決断をお願いするかもしれない」と頼んだという。

民主党はバカばりと思ってはいたが、これには心底あきれた。

自民党にもたくさんのバカが居るがこれほどのバカは居ない。

同盟国との約束を簡単に破り、嘘をついてまで引き延ばして普天間基地移設の迷走を続ける民主党政権。

国運に関わる案件を反日の巣窟沖縄の県知事に託すとは言語道断である。

こんないい加減な政党を「政権交代」の掛け声につられて選択した国民も大馬鹿者である。


産経ニュース(2010/01/09)
普天間「決断、知事にお願いするかも」 平野官房長官、会談で表明


沖縄県を訪問中の平野博文官房長官は9日午前、同県庁で仲井真弘多知事と会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の早期決着を要望する知事に対し、平野氏は鳩山政権が5月までの決着を目指す中で、「知事に決断をお願いするかもしれない」と述べた。平野氏は移設問題を含む基地問題について首相官邸サイドが県など地元自治体と緊密な連携をとることも約束した。
 会談では、仲井真知事が普天間移設について「県民は県外を強く望んでいる。早く答えを出してほしい」と訴え、米軍再編ロードマップで計画されている沖縄駐留海兵隊8000人のグアム移転や嘉手納基地以南の6施設の返還が進むことへの県民の期待を説明した。
 平野氏は政府・与党が昨年末に設置した「沖縄基地問題検討委員会」で普天間の新たな移設候補地を検討していることを紹介し、「5月を政治決断できる目安においている」と説明。さらに「知事のご決断をお願いすることもあるかもしれません」とも述べた。
 平野氏は「決断」の意味について会談後、「諸課題を個別に詰める中で政治判断が入るところでは、お願いをしなければ止まってしまう」と記者団に語った。
 会談ではまた、官邸と県側の連携については、仲井真知事が従来の政府への要望に回答がないと訴えたことに対し、平野氏は「窓口を設けて大幅に改善したい」と応じた。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

17:07  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |