FC2ブログ

2010.01.08 (Fri)


韓国の長官、天皇陛下の訪韓に反対

それで結構、日本国民も反対である

やんごとなき天皇陛下が蛮地にお出掛けになり、生卵でも投げつけられたら大変である。
いや第二の安重根が現れたら取り返しのつかないことになる。

そもそも、安重根に暗殺された伊藤博文は日韓併合に反対だった。朝鮮のような未開発の国に巨額の国費を投じることには反対だった。
先見の明があったと言える。
朝鮮半島に毎年国家予算の3割も投じて近代化したにもかかわらず、終戦後は戦勝国のような顔をして敗戦国の日本を足蹴にした。恩を仇で返した。
そしていつまでも何かにつけ日本に難癖をつけて、今でも金をせびろうとしている。
伊藤博文を暗殺した安重根は、韓国では英雄かも知れないが、日本では卑怯な殺人鬼である。
そんな犯罪者の遺骨など探して返す必要はさらさらない。
日本はこのような厄介な隣人の言いがかりに対して凛とした態度を示すべきである。
韓流だの何だのと二流の文化をもて囃すのは反日勢力の仕業であり、騙されてはならない。


産経ニュース(2010/01/08)
天皇陛下訪韓に反対 韓国国家報勲庁長官が発言


韓国国家報勲庁の金揚長官は8日、1909年に初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した独立運動家、安重根(1879~1910年)の遺骨問題が解決されなければ、天皇陛下の韓国訪問に「反対する」と述べた。聯合ニュースが報じた。
安重根は中国遼寧省大連市の旅順口地区で処刑され、同地で埋葬されたとされるが、遺骨は見つかっておらず、韓国政府が調査を続けている。
 金長官は、日本政府が「遺骨に関する資料や情報を明らかに持っている」とし、埋葬地などの記録や写真を提供するよう求めた。金長官は、植民地時代の抗日独立運動家、金九の孫。(共同)


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

23:05  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.08 (Fri)


藤井も菅も小沢の手玉

マスコミは菅新財務大臣を歓迎

藤井裕久財務相が健康を理由に辞任した。
しかし誰も健康のせいだとは思っていない。
小沢幹事長に「全然政治主導になっていない」と面罵され、鳩山首相には暫定税率の廃止を覆され、「やってられない」と漏らしたそうな。
その上、自由党が解党した時の10数億円の政党補助金を小沢一郎氏は国庫に返却せずに、藤井氏に預けた形になっているらしい。
藤井氏はそれを知らなかったと言い、国会での追及を恐れたとも言われている。

いずれにしても、順序からいえば野田副大臣がなるべきものを菅副総理が後を継いだ。
Ponkoが民主党内では保守派だと見る野田副大臣は実力から言っても入閣すべきを小沢幹事長に嫌われて入閣を果たせなかった。
一方、菅副総理はポスト鳩山を狙って、国家戦略室でも仕事をさぼり鳩山首相との距離を置いていたが、逃げ切れずに鳩山首相と一蓮托生の危険が出てきた。
予算編成に少しは噛んだというが、嘘であろう。
これから国会開催までにいくら懸命に勉強しても細かな予算の数字は覚えきれまい。
なにせ、「政治指導」で官僚の答弁は禁止されたから、今さら官僚に助けてくれとは言えない。
まさしく、ここでも民主党のお家芸の「ブーメラン」が飛んでいるのである。
自民党にとっては攻め込む絶好のチャンスである。
イラ菅をイライラさせて自ら墓穴を掘らせるがいい。

一方、国家戦略室は行政刷新会議の仙石由人大臣が兼任となったから、ますます国家戦略など手薄になる。
結局のところ、国家観も歴史観も持ち合わせていない民主党議員は国家戦略など立てられず、国家戦略無き成長戦略はあらま欲しき数字を羅列しておしまい。目標達成の筋道などトンと分からぬ。

予算編成の最高責任者であった藤井裕久財務相が辞任して、国会での論戦に答弁できないのは由々しき問題であるのに一向にそのような批判を展開しないマスコミはおかしい。
ドタバタしている民主党にマスコミは産経新聞を除いてまだエールを送っている。

産経新聞(2010/1/6)
小沢氏と確執?政権痛手


藤井財務相は12月22日に首相に辞意を伝えていたと報じたことに対し、テレビメディアは一斉に反発。

TBS「朝ズバッ!」(2010/1/7)

嶌信彦
「まあ、産経は、だけど最近激しいですね」

みのもんた
「一番キツイですよね。でも分かる」


おやおや、みのもんたは好意的。

テレ朝「スパモニ」(同上)

三反園訓
「今日の新聞に、閣僚が辞めると必ず『なんとかの打撃』だとか『影響が大きい』と書くんだけども、『打撃』と書いたトコは無いわけですよね」


産経新聞には『痛手』と書いている。

東ちづる(女優)
「私はポジティブに考えている」


NHKの終戦記念日番組で思い切りサヨク的発言をする左巻き女優は当然民主党支持者である。
鳥越俊太郎氏ほか、菅副総理が適任だと歓迎していた。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(同上)

川村晃司
「噂としてあったかも知れないけれど、(22日は)ちょっと早すぎる。体調の事を話題にしたのではないですかねえ」


この後、渡部恒三前最高顧問が登場して藤井氏辞任の真相は10年後に話すとか、小沢氏献金疑惑については個人の問題だからノーコメントだと逃げまくりながら、したたかに鳩山政権の宣伝をしていた。
こんなロートル議員をマスコミはどうして重用するのだろうか。

なお、新任の菅財務大臣は就任早々の7日午後の記者会見で・・・


「円は90円台、出来れば半ばあたりが貿易の関係で適切ではないかという見方が多いわけですから。もう少し是正の方向が進めばいいなと、円安の方向に進めばいいなと、まあこんなふうに思っております」


この発言の直後、円は急落した。
円高を示唆した藤井前財務相も、異例の円安の口先介入した菅財務大臣も、鳩山首相に似て言葉が軽い。
官僚を厳しく批判してマスコミの喝采を得ても、所詮はポーズ。
野党自民党の国会論戦での容赦ない追求に期待したい。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

22:59  |  民主党の正体  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |