FC2ブログ

2009.12.15 (Tue)


小沢恫喝を擁護する川村晃司

陛下より習近平に敬語使う川村晃司

オバマ大統領が陛下に会見した時に深くお辞儀をしたのが屈辱的だとアメリカの一部のマスコミが騒いだ。
100日ルールを破って今日の午前中、陛下に会見した習近平はお辞儀をしなかった。
天皇陛下を馬鹿にしているのだ。
欧米人と違って東洋人、ましてや中国人が初対面の相手には自然に頭を下げて挨拶するものである。

テレ朝「やじうまプラス」(2009/12/15)

川村晃司
「こういう形で習近平さんが天皇陛下と面会される時に、じゃあ一体、一体天皇陛下はどういう言葉を掛けるのか、習近平さんがどいう話をされるのかという所にどうしても注目が集まるワケですけども、こういう事を設定したという意味では、羽毛田長官も小沢幹事長も政治利用しているといえなくもない。
小沢さんの会見を見ていると明らかに記者の方が押されていて、何かヒールになってしまっていて、一方で羽毛田長官はルールを持ち出して、ルール対ヒールの争いになっていますけど、実はこの1ヶ月ルールは以前にも破られていて、タイの要人が来ている時にどうしてとも被災者の方を慰めたいと宮内庁が一元的に天皇陛下のスケジュールを管理するという事に対して、宮内庁の側からもいまや羽毛田さんに意見出来る人は居ないと言われてるんですね。そういう意味では新たなルールをきちんと公開してそれがガラス張りになって国民が納得できるような、天皇の国事行為を作っていく必要があると思います」


お気づきの方も居ると思うが、この川村晃司の敬語使い方に天皇陛下軽視、習近平重視が露骨に表れている。

「習近平が天皇陛下と面会される」と習近平に敬語を用いる一方、「天皇陛下がどういう言葉を掛けるのか(お掛けになるのか)」と天皇陛下については敬語を省略し、「習近平が話しをされる」と敬語を使っている。

話の途中で迷走して主語と述語が噛み会わないのはいつもの川村調。
小沢幹事長が陛下を政治利用したというのは分かるが、どうして羽毛田長官が政治利用したのかさっぱり分からない。

外国要人の天皇陛下拝謁は「公的行為」であって憲法の定義する「国事行為」ではない。
小沢幹事長も川村晃司も根本的に間違っている。
天皇陛下の国事行為とルールを新しく作れとはどういう意味か。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(同上)

川村晃司
「羽毛田長官も『曲げて陛下にお願いした』と自分でみずから曲げたとまで言っているわけですよね。だからそういう事を言うんであれば、会見をする時にキチンと辞めてからこういう事は官僚として言うべきだというのは筋が通っている。今辞めなさいといっているわけではないから。天皇の国事行為はどういうものであって、ルールは誰がどういう形で作るのか、今までもこのルール破られたことがあるんですよ。今回初めてじゃありませんからね。そういう事をキチットしていく事が大事だと思いますね」


ルールは出来ていた。文書化もされていて慣例というほど軽いものではない。

寺崎貴司(キャスター)
「しかし政治利用かどうかという批判はついてくるのではないか」

川村
「そうですね。どちらから見ても、どちらも政治利用。それで一番心を痛めてるのは天皇陛下ご自身ですから、天皇陛下の気持ちを一番優先されるべきだと思います」


サヨクブログは官僚とウヨクが逆にこの件を政治利用していると反論している。

「天皇陛下のお気持ちが一番大事」などと気の利いた風の事を言って、誤魔化しているが、宮内庁を再三再四恫喝したのは゛政治利用以外のなにものでもない。

テレ朝「スパモニ」は完全にこの問題をスルーした。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

15:44  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |