FC2ブログ

2009.12.11 (Fri)


民主党は人民解放軍か

小沢氏「私は人民解放軍の司令官」

小沢幹事長が今年も大挙して中国を訪問し、胡錦濤皇帝に拝謁した。
総勢600人超、うち80人の新人議員を含む民主党議員143人。
昨年同様、一人ひとりが胡錦濤と握手を交わし記念撮影をした。
この写真は生涯忘れ得ない栄誉の記録として、彼等のホームページや機関紙に掲載されるだろう。
まさに媚中を越えた屈中、屈辱外交である。

鳩山首相が友愛の海とした東シナ海のガス田は日中共同開発の合意を無視して中国側の開発が着々と進み白樺」の掘削施設が完成した。
日本との合意を無視する一党独裁政権の中国は日本を仮想敵国として数百基のミサイルを日本に向けていることも忘れてはならない。

このような中国に対して小沢幹事長は「私は解放軍の司令官」だと胡錦濤皇帝に献言した。
すなわち、天安門事件で民主勢力を弾圧した人民解放軍の司令官となって(胡錦濤の先兵となって)民主主義国日本を中国に開放すると約束したことになる。

幹事長とはいえこのような重大発言を無視するわけにはいかないだろう。
これを一面トップで取り上げたのは産経新聞だけである。
朝日新聞のASAHI.COMで「小沢 訪中」をWEB索引すると、なんとトップは民主党のホームページに繋がるようになっている。

いまやマスコミも鳩山首相に対する批判の声を上げ始めるなか、朝日新聞だけがまだ擁護していると誰か言っていたがまさしくその通りである。

安藤優子と共に鳩山首相と会食して以来、民主党批判の矛先も鈍ったかに見えた木村太郎キャスターも・・・

フジテレビ「スーパーニュース」(2009/12/11)

木村太郎
「小沢幹事長は昔から日米中三角関係論を唱えているが、普天間問題で日米関係が怪しくなる一方、これでは二等辺三角形どころか一辺(日米関係)が無くなるおそれがある」


と苦言を呈していた。

小沢訪朝団が訪問した北京は宮崎正弘氏によれば、「砂に埋もれる北京、海に沈没する上海」だそうである。農業政策の失敗で砂漠化が進み北京はいずれ砂漠のなかに埋もれるという。
それ以前にドバイショックの次は北京ショックが来るとも言われている。
日本が中国に飲み込まれてはたまらない。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

11:50  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |