FC2ブログ

2009.12.06 (Sun)


小沢一郎とヒトラー

小沢一郎とWILL1月号



WILL1月号は総力大特集「小沢一郎とヒトラー」
今や権力を一手に収めた独裁者小沢一郎氏をヒトラーになぞらえて・・・いやヒトラーより酷い独裁者だと糾弾している。
しかし、それ以上に民主党政権は亡国への道だと痛感する記事が満載。
まだお買い求めでない方は是非お読みいただきたい。

国債大暴落で日本経済失速(大前研一)


大前氏は中国への企業進出を勧めた。しかし失敗した企業が多いのに頬かむりしているのは評価できないが、この民主党批判には同感。

「業績を上げていた西川郵政社長の後任の斎藤氏は郵貯銀行を国債買取機関にしようとしている。亀井氏が『金はいくらにでもある。ドンドン使え』というのは藤井財務相のいう50兆円の赤字国債をいう。
国民は国債を買っているつもりはないが、個人金融資産はすべて国債に化けていて1400兆円はイザとなれば政府がパクる。郵政事業の再国有化はその仕掛けを徹底しようというものだ」


パクリ方の3種類も解説。

「民主党政権発足二ヶ月でわかったことは民主党は経済については何もわかっていないということである。また社民党という極左から、亀井国民新党という自民党の中でも最も大型予算・無駄遣いを標榜する極右まで翼を拡げた民主党連立政権が、普天間や郵政再国有化で国債の暴落を誘発する可能性まで内包してしまった恐ろしさを知るべきである。
各大臣が学芸会よろしく、人気取りのためか色々勝手なことを言うのは仕方がないことではあるが、評価は市場が下す、という大変恐ろしい現実が迫っていることも忘れないでもらいたい」


あな恐ろしや。

今月の朝日新聞(本郷美則)

対米外交で岡田外相と鳩山首相の閣内不一致が見られている。

「ことは日本の対米姿勢の大転換であり、政権交代前の自公内閣時代なら、朝日は屁理屈をこねまわしても閣内不一致としてガンガン批判しただろうに、今や『政府広報紙』然だ」

「それにしても、先の衆院総選挙で『生活第一へ政権交代』を掲げた民主党を、『一度やらせてもいいではないか』と安易な感情論で選び、『政策選択より政権選択』を叫ぶ朝日などメディアの政治宣伝に、うまうまと乗せられた全国2984万余の民主党支持者らは、どんな心境で、新政権のダッチ・ロールを見つめているのだろう


今朝のテレビ番組では偽装献金の説明責任があるとしながらも、9割が鳩山首相を支持している。50人のアンケートだそうだが、インタビューに出てくるのは鳩山続投の応援団ばかり。
テレビも全て民主党の「政府広報紙」である。

「選挙に大勝したら、全国民の民意を手中に収めたと錯覚するような幼稚極まる政治感覚で、政権与党は「数」を力に何でもできると突進されたのでは反民主の国民は大迷惑だ民主党政権が立ち上がり早々から千鳥足になっているのは、マニフェストが十分な検証も経ない票だけを狙った「巧言」であり、「国民あって国家なし」の民意絶対主義では国が滅びるとしている。同感!

官僚匿名座談会

国交
「政治主導という錦の御旗に振り回されて幹部は右往左往。情報収集の手間や細かい事務作業が増えて、政治主導なのに以前より忙しくなっているのが不思議」

総務
「ポスト鳩には菅さんも岡田さんもすっ飛ばして小沢さんの寵愛を受けているうちの原口一博大臣起用説が出ているくらい。それこそ『神輿は軽くてパーがいい』を地で行く事になる」

外務
「なんだかこの政権を見ていると、一党独裁の中国を思わずにはいられない」

経産
「財務省の財務省による財務省のための仕分け事業だった」

財務
「正直、方法には疑問が残る。権限のない民間人の仕分け人が、行政の事業の内容や組織・制度に改革の余地はあるか判断するなんて、突き詰めれば議会制民主主義化ワークしていないという事だ」


事業仕分けに憤懣やるかたない官僚の本音が聞ける。

蒟蒻問答
小沢・亀井・斉藤 亡国のトライアングル

この三つ巴の権力構造と小沢独裁で日本は滅ぶ。


民主党には綱領がない。というより持てない。

堤尭
「本来なら綱領がない政党なんかに票は入れないよ、しかしマスコミが「政権交代」を煽り、票を振り込ませたわけだ。先の選挙はいわば『票振り込め詐欺』だ(笑)」


鳩山内閣閣僚の国家意識を総点検
(柿谷勲夫)


①国歌国旗法案 ②靖国観 ③北朝鮮・中国の脅威 について、閣僚の過去の言動が総点検されていて参考になる。

「日本志民会議」で日本を立て直す
(山田宏 杉並区長)


こんな立派な市長が居たとは知らなんだ。杉並区を日本のモデルにするという。いまは非常事態だから全員が自助努力せよという。依存心からはいい社会は生まれない。
日本は沈没するタイタニックで①経済力 ②防衛 ③教育の3つの穴がある。
①は成長戦略と公務員大幅削減 ②は自分の国は自分で守れ。東アジア共同体を作って誰が喜ぶのか。中国の核ミサイルが日本を狙っているのにアメリカを排除する理由は全く不明。②は道徳や歴史教育の充実。
山田区長は成人式で「英霊の言の葉」から20歳の青年の遺書を読むという。その切々たる内容に場内はシーンとなり、中には涙を流している女性もいる。

「彼らは自分たちが犠牲になることで、日本を守り、新しい日本が作られるのだと信じて、命を捧げたのです。今日、君たちがきれいな着物を着て、乾杯ができるのは彼らのおかげでもある。彼らがいなければできなかった。その人たちの分まで立派に生きていくことが君たちの責務なのだ」

山田区長は成人式で特攻隊の遺書を読んで戦争礼賛をしている」と的外れの批判をする人もいるが、式の後、「こんな話、知りませんでした」「あの人たちの分まで頑張ります」という手紙やメールが沢山届くという。
成人式ではいつも荒れる沖縄の成人式でもやったらいかが。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

11:10  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |