FC2ブログ

2009.10.29 (Thu)


あんたには言われたくない増税

所得税の控除廃止は増税

民主党の前代未聞のバラマキ愚策「子供手当て」と引き換えに「扶養控除」と「配偶者控除」を廃止するという。子供の居ない家庭、子供が巣立った家庭にとっては踏んだり蹴ったりだ。
しかも「子供手当て」は所得制限無しで金持ちにも給付されるというから不公平な話である。
不公平と言えば、生活保護を受けていた方が下手に働くより得になるとか、母子加算の復活もみのもんたのように正直手放しで喜べない胡散臭さを感じる。
(生活保護や母子加算の受益者の地域的な分布とか受益者の生態を統計的に知りたいといつも思う)
今度は更に特定扶養控除も廃止または縮小される見込みだ。
結局、民主党政権で平均的な家庭が一番ダメージを受けるのではないかと思う。
こんなことをして、バラマキのこっちを増やしてあっちを減らすなどと同じパイの配分しか考えていしないから、「成長戦略が無い」と批判されるのだ。
所得税控除の廃止は増税そのものである。消費税は4年間上げないといいつつ増税しているのである。
麻生政権の「小さな政府」「中福祉・中負担」から鳩山政権の「大きな政府」「不公平な福祉・大負担」とどちらがいいか。
それでもまだあなたは民主党を支持するのですか?

産経ニュース(2009/10/29 21:19)
特定扶養控除も見直し対象に 強まる増税色


平成22年度の税制改正を議論する政府税制調査会(会長=藤井裕久財務相)で、高校生や大学生の子供がいる家庭を対象とした所得税の「特定扶養控除」見直しの動きが出ている。鳩山政権の目玉政策でもある公立高校の実質無償化との兼ね合いから検討課題として急浮上。不況による税収不足も表面化する中、主要政策の財源を確保したいという事情も透けてみえる。各種控除見直しを含む所得課税改革の議論は、事実上の増税につながる。

■控除縮小も

「まったく手をつけずに残すのがいいのか。議論したい」。27日の政府税調後の会見で、古本伸一郎財務政務官は特定扶養控除を今後の税調議論のテーマとしていく考えを示した。
 特定扶養控除は16歳~22歳までの子供がいる世帯の教育費負担を軽減するため、課税所得を一定額差し引く仕組み。現行の控除額は所得税で一律63万円、住民税は同45万円。
 特定扶養控除は「子ども手当」(中学卒業まで)が支給されない世帯が対象で、民主党は見直し対象外としてきた。しかし、来年度から実施する公立高校の実質無償化と同様の政策目的を持つこともあり、議論の余地があると判断した。古本政務官は「(同控除の)排除はしない」とし、全廃でなく縮小する考え。例えば控除額を38万円に縮小すれば、高校生の子供2人がいる収入700万円の家庭では、所得税分だけで年間約8万円の負担増になる。

■政権の火種

 税制改革で「控除から手当への転換」を掲げる鳩山政権。来年度から子ども手当の支給が始まるのに伴い、所得税の扶養控除と配偶者控除の廃止方針も打ち出している。特に扶養控除廃止は「子ども手当の導入と同時期が望ましい」(峰崎直樹財務副大臣)として、配偶者控除より先行して来年度からの実施を目指す。
 所得控除の廃止・縮小などは、落ち込んだ税収を穴埋めする意味合いもある。扶養控除と特定扶養控除を単純に全廃しただけで、それぞれ8千億円と5千億円の増税効果がある。
 税調はサラリーマンの必要経費を差し引いて課税する「給与所得控除」にも上限を設けるか検討する方針。だが、各種控除の見直しは大学生を抱える家庭などには増税色が強まり、不公平感も高まりかねない。鳩山政権が拙速な対応に走れば、思わぬ「火種」になる可能性もある。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

22:57  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.29 (Thu)


テレ朝の鳩左ブレ礼賛

逃げる鳩は卑怯なり

国会論戦第一ラウンドは野党がジャブを繰り出すも鳩山総理はフェイントでかわすだけ。
日本郵政社長の官僚天下り、民から官への逆行、有名無実の国家戦略室などのストレート攻撃もダッキングで逃げまくって試合にならない。
鳩山総理は4年間でマニフェストを実施するからその時にジャッジしてくれと言うが、それまで待てない。
事業仕分けチームは小沢幹事長の一声で32人から7人に縮小して前途多難、故人献金問題、普天間基地移設問題とこれから3回ダウンしたらノックアウトだ。
全ての責任を前政権の責任にして逃げまくったが逃げ切れないのはこれからの日本経済の行方。
民主党不況と増税は必ず来る。
その時、民主党に声援した国民とマスメディアには責任を取ってもらおう。
その時の証拠として吐き気を催しながら反日勢力の言質を書き残す。

テレ朝「スパモニ」(2009/10/29)
鳩山総理VS谷垣総裁 国会論戦第一ラウンド
軍配はどっち


有馬晴海(政治評論家)
「野党慣れしていない、つまり与党ボケということとになると思います。人を追求する、追い込むというような作法が身についていない」

所太郎(レポーター)
「返す刀が切れ過ぎたかなと言う鮮やかな感じがした」

三反園訓
「鳩山さんは自分言葉で話していて非常に新鮮な感じを受けた。自民党は何を言っても『あなたたちに言われたくない』と言われたら返す言葉がない」

東ちづる
「官僚が作った作文の棒読みではないので変ったなと思った」

やくみつる
「自民党も自己批判しない全部否定されてしまう」

三反園訓
「野党になりきっていない。立ち位置というか自民党が何を目指すかが無い」


さんざん手下に言わせておいて、腕を込んで聞いていた大御所が最後に口を開く・・・

鳥越俊太郎
「何十年にも渡って政権を担ってきた政党だから今ある問題は全部前政権の責任だから、何を言って空しいところがある。政治家は自分の言葉で堂々と所信を述べるのが当然だ。今までが当然じゃなかった。ようやくこれで正常な路線に戻って来たのかなという感じがする」


鳩山総理は「正々堂々と所信を述べた」のだろうか。私はそうは思わない。子供じみたレトリックで野党の攻撃をかわしただけである。

鳩山総理
「ビジョンが無いと言いますが、あなたがたには言われたくない」


これで論戦が深まらない。「首相がこんな軽い発言を国会でしたのを初めて聞いた」と誰か言っていたが、これでは子供の喧嘩である。
これが「自分の言葉で喋っている」というなら日本の総理大臣は幼児であり、それを選んだ有権者は幼児以下であり、新政権を礼賛するマスコミも幼児以下である。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:13  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.29 (Thu)


テレ朝「くらま事故は管制官の責任」

学者を使ういつもの手口

「くらま」衝突事故で朝日新聞が他紙よりもいちはやく韓国船の船員に取材して無理な追い越しをしたと言質を取ったのは、途中でその部分を削除してネットで指摘されて復活したという恥知らずを別とすれば評価したいと前の記事で述べた。

実はそれには裏があったのである。
今夜のテレ朝「報道ステ」で日本の管制官が指示したとして責任は無理な追い越しを掛けた韓国船ではなくて海保の管制官だと印象操作を図った。

テレ朝「報道ステーション(2009/10/28)
護衛艦と貨物船の衝突
「管制の指示でも問題浮上


ナレーション
「当初、貨物船がルールを逸脱した航行をした事が原因だと見られていた。しかし、新たな証言が飛び出した」

イ・ヨンギュ次長(韓国・南星海運)
「管制室の指示通りに動いたのが事故のきっかけ」

野俣光孝次長(第七管区海上保安本部次長)
「指示ということは行っていません。あくまでも情報提供ということで・・・」

ナレーション
「食い違う言い分。なぜ衝突は起きたのか」

イ・ヨンギュ
「(通常通り)右に舵を切ろうとしたら関門管制官が左に舵を切るよう指示が出た。それで護衛艦と衝突した」

野俣
「前方の船舶の左側を追い越すよう情報提供すると共に、自衛艦が居るため注意するよう情報提供しました」

ナレーション
「しかし海保側はあくまで追い越しのタイミングや方法は船長の判断で行うべきものだと強調した」

野俣
「航空管制などと違いまして、あくまで援助措置ということですね。船長が周囲の状況を含め、安全を確認した上で判断すべきものとなると」

山田吉彦(東海大学海洋学部教授)
「安全が確認できない限り、追い越してはいけない海域なんですが、左側を通って追い抜いていいというアドバイスをしてしまった。航行管制の問題が指摘されても仕方ないと思います」


両論併記させて最後は自説に適う大学教授を登場させて決め打ちをする朝日のいつもの手口だ。

古館伊知郎
「複合要因だった事が考えられるわけですよね。『情報提供だ』と言ってますけど、管制に疑問符がありますし、そのアドバイスにしてもコンテナ船にしても『くらま』にしても、やっぱりああいう場所での航行上の注意義務にクエッションの部分が3方向から出てますから。これを全部突き合わせていかなければいけないと思いますね」


おいおい、被害船の『くらま』にどのような航行上の問題点があるというのだ。
護衛艦がそんなに憎いのか。

チンパンにも劣る史上最低の防衛大臣と、史上最低の外相がよほど確りしないと、友愛の鳩ポッポは韓国に賠償金を払うと言い出すに違いない。
なにせ「村山談話」を深化させ、土下座外交が大好きな宇宙人だからである。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:03  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.29 (Thu)


天に唾する自民党?

民主党は「天」か

国会の論戦が始まった。
録画してはおいたがなぜかビデオチェックする気が起きない。
テレ朝「報ステ」を観て腹が立った。
予想した通り、鳩山首相は議場の新人議員の拍手と声援に酔いしれて勝ち誇ったような応答をしていた。

テレ朝「報道ステーション(2009/10/28)
初の国会論戦"鳩山VS"
「あなたには言われたくない」


谷垣自民党総裁の質問はおおむねポイントを突いていたと思う。
これに対し、鳩山首相の反論は正面から反論するのではなく、はぐらかしと言い逃れに過ぎなかった。
西村政副調会長の菅副総理・国家戦略担当大臣に対する批判も国民の疑問を代表したものだった。
鳴り物入りで発足した国家戦略室は名ばかりの看板倒れで全然機能していないのは紛れも無い事実である。

一色清(朝日新聞編集委員)
「谷垣さんの質問はそれぞれもっともだったと思いますが、ただなんか届かない部分があるのは、やはり天に唾するような所が少しありますよねえ。やはり直前まで政権与党でしたからねえ。財政支出をどうするのとか、成長戦略がないじゃないかとか言いましても、自民党も無かったような感がしますし、それから普天間どうだ、天下りはどうだとしても自民党が解決できなかった問題だという事がありますよねえ。だから強い野党になるには自民党はどういう政党であるかをはっきりさせて、攻めるためのポジションを固めるという事がまず大事かなという気がしましたねえ」


今日の国会論戦が始まる数日前からマスコミは自民党がかつての野党のようにネガティブな姿勢を取るべきではないとしきりに牽制していたのに気付かれた方も居られたと思う。

自民党が選挙で大敗したのはそれなりの理由があったであろう。有権者は「政権交代」で新しい政治を夢見ていたが、いざ政権交代して一ヶ月も経たないうちからボロが出始めた。
それを野党に指摘されて、あんたには言われたくない、あんた達が解決できなかったから俺達だってと居直られては良識ある有権者は民主党に幻滅したに違いない。
それと、普天間移設の問題は時間が掛かったが日米で合意に達したものである。

古館伊知郎
「なすり合って痛快に揚げ足を取るということではなくて実りある論戦をして欲しい」


まだ論戦のすべてをチェックしていないので分からないが、外国人参政権、人権擁護法、日教組の復権、靖国神社の代替施設など民主党の反日サヨクへの傾斜を指摘したのだろうか。
立党の精神に立ち戻って真正保守としての自民党のポジションを鮮明に打ち出す事こそが自民党再生の道である。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

09:50  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |