FC2ブログ

2009.10.09 (Fri)


危うい岡田外交

「村山談話」をさらに踏み込む

亀井静香郵政・金融相がモラトリアムのゴリ押しや、「家族間殺人の増加は大企業のせい」と経団連の御手洗冨士夫会長に因縁をつけて暴走したが(ちなみに、民主党は行政刷新会議から経団連を締め出してしまった)、岡田外相の暴走はもっと恐ろしいものである。

数日前、産経新聞が一面で岡田外相が「村山談話」をさらに踏み込み、日韓の歴史共同研究などで土下座外交を推進する危険に警告を発していた。
他紙にはこのように岡田外交を危惧する論調は見当たらない。
産経は今朝の社説でも取り上げていたので、まだお読みでない方のためにご紹介する。

村山談話が私達を如何に呪縛しているか、たかが談話、されど談話。
自民党の首相が誰一人として「村山談話」を否定する度胸無く、一部の保守派有権者の怒りを買って野に下った。
代わりに政権を取った民主党は村山土下座外交を受け継いでさらにそれを深化させるという。
「村山談話」のトゲはますます私達に奥深く刺さってくる。

教科書の共同研究で韓国側の主張は無理難題で話し合う余地も無かったと、会議に参加した日本側の委員が述懐した記事を旧ブログで書いたことがある。
中韓と過去の歴史の共同研究など、どだい無理である。

岡田外相のスタンスでは中国と韓国は今後も日本を恫喝し、金をせびることであろう。
一刻も早くこの政権を倒さないと、将来の子供達は日本人であることを恥じながら肩身の狭い思いで暮らしていかなければならない。
もっとも、どうせその頃にはたくさんの在日外国人のなかで日本人は肩をすくめて生活しているだろうが・・・


産経新聞【主張】(2009/10/9)
岡田外相 心配な村山談話の絶対視
 

岡田克也外相が日本外国特派員協会で、村山談話について「言葉より行動だ」と、より踏み込んでいく考えを示した。外相は行動の中身を明らかにしていないが、極めて危うい考え方である。

 村山談話は自社さ政権時代の平成7年8月15日、社会党の村山富市首相(当時)が発表した談話だ。アジア諸国に対し、日本の「植民地支配と侵略」に対する「痛切な反省」と「心からのお詫び」を表明した内容である。閣僚への十分な説明がないまま、唐突に閣議に出された。
 そこで閣議決定されたとはいえ、当時の村山内閣の姿勢を表明した談話にすぎない。
 岡田外相は「過去の政権では村山談話に反する閣僚などの発言があり、『悪かったと思っているのか』と疑問を抱かせた。そういうことがないようにしたい」と述べた。これが閣僚や政府高官の言論封じを意味するものならば、見逃すわけにはいかない。
 日本は中国のような全体主義国家ではない。閣僚や政府高官といえども、言論は自由である。もちろん、その発言は責任をともなうが、だからといって村山談話を絶対視し、それに反する意見を排除することは許されない。

 岡田外相は日中韓の歴史教科書問題で、「将来の理想は共通の教科書を作ることだ」とも述べた。この発言も疑問である。
 これまで、日韓、日中間で歴史共同研究が行われてきたが、それは共通の教科書づくりを目指したものではない。日本は、各教科書会社や執筆者の原則自由な記述を認めたうえで、学習指導要領などに沿って検定を加える制度だ。これに対し、中国や韓国の教科書はほとんど国定である。共通の教科書を作る土壌がないのだ。
 歴史共同研究で、双方の歴史に対する見方の違いが明らかになっても、統一見解が生まれるというのは幻想である。教科書づくりとは、次元の違う問題である。

 鳩山由紀夫首相が提唱する東アジア共同体構想をめぐり、「米国を加えない」とする岡田外相の発言も問題だ。首相の見解とも食い違っている。
 岡田氏は以前から米国に核先制不使用を求め、「(米の)核の傘から半分踏み出す」とも主張してきた。北朝鮮の核の脅威が増し、東アジアの覇権を狙う中国が軍拡を進める現実をまったく無視しているのは残念だ。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:41  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.09 (Fri)


なんでオバマに平和賞?

なら鳩山氏に環境賞

アメリカのオバマ大統領がノーベル平和賞を受賞した。
過去には日本の佐藤栄作、北朝鮮に何億ドルも与えて宥和政策を取ったが失敗した韓国の金大中などの例があるので平和賞の値打ちなどさらさらなく、オバマ大統領が受賞してもどうってことないが、それにしても核軍縮の演説をしただけで受賞したとはあきれる。
まだ何一つ世界の平和に寄与していないではないか。

口先だけでノーベル平和賞が貰えるなら、おいらの鳩山由紀夫総理だって、国連で二酸化炭素排出25%削減を高らかに謳ったのだから、ノーベル環境賞とでもいうもの作って上げてやって欲しい。
ただ、実現できなくて恥を掻いた金大中の二の舞になるだろうが・・・

鳩山首相はオバマ受賞に「ほんとに嬉しい」と舞い上がり、平野官房長官は来日したら国会で演説してもらわなくっちゃと気が早い。

アメリカさんは怖いから、大統領が来日したら普天間基地移設などの日米合意の履行を迫ってくる。東アジア共同体構想にもアメリカを仲間に入れろと迫ってくるかもしれない。
「広島・長崎にご案内!」などと能天気な事を言っている場合ではないのである。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:08  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.09 (Fri)


情けない民主党の新人議員教育

磨けばダイヤモンドに?

民主党が参院議員の研修会を開いた。衆院議員も145名の新人が13日から研修を受ける。

TBS「総力報道The News」(2009/10/8)


山岡賢次国対委員長
「145人の一期生はダイヤモンドでも磨かなければただの砂利石・・・」


砂利石をいくら磨いてもダイヤモンドにはならない。
公示2日前に出馬を決めた女性候補はポスターも作らずに当選した。一番戸惑っているのは本人である。
こんな新人議員が赤い絨毯を歩いて、年間3億円の税金を使う。

教育内容は・・・

「委員会は最後まで座っていること」「遅刻はしないこと」などの初歩的なものから国会での質問の仕方や立ち振る舞いなどの細部にわたって教育する方針です。
民主党は4年前の83名も当選しながら10人しか再選されなかった自民党の小泉チルドレンの二の舞を避けたい考えで、新人議員の教育が急務となっています。


「最後まで座っていろ」とか「遅刻するな」などと小学生に教えるような常識から教えなければならない新人議員。あまりにも情けない議員のレベルだが、選んだ国民の責任である。

小沢一郎幹事長がマスコミが「小沢チルドレン」とか「小沢ギャル」と呼んだことを怒ってから、自粛してか言わなくなった。
自民党政権の時は、杉村太蔵議員を始めとする新人議員がいろいろと取り沙汰されたが、民主党の新人議員については緘口令が敷かれているのか、報道管制が敷かれているのか、ほとんど聞いたことが無い。

マスコミにとって小沢一郎とはそれほど怖い独裁者なのか。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:04  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |