FC2ブログ

2009.09.20 (Sun)


「小泉進次郎」なら自民は勝てる

魅力ゼロの自民党3総裁候補

「政治に関してはまったくの素人だが、勝負の世界で先を読むことだが取り柄」と自認する永世棋聖の米長邦雄氏が産経新聞(9月18日)に寄稿した「正論」には同感する所が多かった。

要約すれば・・・

●100年に一度の大不況というが、国民は経済の事はあまり気にしていない。

●麻生首相は(景気対策などしないで)就任直後に解散していれば今回の大惨敗はなかった。

●政治家の思惑と庶民の感覚は相当ズレていた。

●有権者は民主党の「子供手当て」も「高速道路無料化」も評価していない。

●マニフェストは実行してもしなくてもいいと思っている人が多く、政権交代して良かったと思っている人が多い。

●国民の大多数、少なくとも過半数は次は自民党に勝ってもらいたいと思っている。

●そのためには民主党の失政と自民党の立ち直りが条件である。

●小泉進次郎が総裁になれば次回は必ず勝てると断言する。
その理由は・・・

1.自民党の古い体質を一挙に払拭できる。
2.政治家として全くの新人である(明治維新の立役者はほとんど20代)
3.小選挙区で民主党候補に勝った。
4.ルックス
5.純一郎氏が壊してしまった自民党を息子が再生するというドラマ性

「小泉氏の複数の番記者によれば、今回の選挙中に日に日に成長して、今や父親と比肩するほどになって来た感があるという」


【正論】「小泉進次郎」なら自民は勝てる

産経新聞のイザブログでPonkoが進次郎君を賞賛したら、どこがいいのかと質問して来たコメンテーターがいた。見過ごしていたら、何と三回も同じ質問をしつこくしてきた。
三度目のコメントに気付いて「理由は進次郎君がイケメンだから」と答えておいた。

ルックスも大事だが、実は彼の演説や立ち振る舞いを見聞きするに及んで、これは大物になると確信したのである。政治家の血を引く家系で帝王学を学び、海外の大学で政治学を学び、シンクタンクに勤務している。優れたDNAを受け継いだ世襲議員の見本である。

しかし、自民党の総裁選に名乗りを上げた三名はいずれも総裁の器ではない。
三人のうち誰がなろうと自民党の再生は不可能である。

加藤紘一の乱で「殿、ご辛抱を」と涙ながらに引き止めた忠臣、日本を呪縛した談話を発表した大臣の息子、聞いたこともない議員・・・
これでは勝てない。

進次郎総裁は願望ではあるけれど、いまのところ実現性は皆無である。
しかも彼の公式サイトをみると、「談話の息子」を応援するという。
ガッカリである。

自民党再生の道は、保守本流に立ち戻ることだ。
だとすれば本命の安倍晋三氏が登場するまでのツナギとして稲田朋美氏(50歳)をおいては居ないだろう。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:08  |  これぞ正論  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.20 (Sun)


民主党ヨイショのフジTV

小沢と鳩山の「権力の二重構造」はない?!

テレビ各局は鳩山新政権への祝辞に溢れている。
結構な事である。支持母体としては当然の行いである。
昨日のフジテレビ「とくダネ!」は小沢氏は変わった。小沢・鳩山の確執や権力の二重構造などあり得ないと全面的にバックアップ。
ちょっと甘いんじゃないのと笑いを噛みしめてしまう。
フジテレビ系の産経新聞一面は「小沢シフト強化」(9/11)「無視できぬ『小沢』」(9/16)「それでも『小鳩関係が心配だ」(9/17 乾正人政治部長)と120人の小沢チルドレンを輩出(?)した小沢幹事長の隠然たる権力を指摘しているというのに。

フジテレビ「とくダネ!」(2009/9/17)

小倉智昭
「長妻さんとか原口さんとか、論客がこれから大臣としてどうやって行くか楽しみだなあ!」

長谷川豊(レポーター)
「楽しみでもありますよね。仙石さんもそうですけど」

岩上安身(ノンフィクション作家)
「小沢一郎さんは(組閣で)ごり押しをしたわけではない。岡田さんと小沢さんの折り合いが悪いとか、それで岡田さんはずしをしたんじゃないかと、まあとにかくいろんな噂は流れたが、言うほど小沢さんが組閣に当って自分のしたいように恣意的にやったとは見えない」


今回の組閣は来年の参院選を睨んで小沢氏の息の掛かった参議院議員を入れたとも言われている。

小倉
「だって、藤井大臣は小沢一郎さんが反対してるとまことしやかに言われてましたもんね」


藤井大臣は政界引退宣言をしたというのに、財務を取り仕切ることの出来る民主党議員が一人も居ないというお粗末さで、拾い上げたというのが真相だ。

藤井裕久財務大臣
「マニフェストそのものを忠実に実行することに尽きる」


と自縄自縛になりかねない発言をしている。
今後、現実の壁にぶち当たってマニフェストがなし崩し的に変更された時にこの藤井発言は思い出すことにしよう。

小倉の「小沢の藤井大臣反対の噂」発言に対して・・・

角谷浩一(政治評論家)
「そんな事はなかった。ちゃんと調整ができている。外でいろいろ言わせるようにしていた向きもある」

長谷川
「小沢さんの影響力だとかに二重行動だとだというのは、多分昔の小沢さんの印象を持っている人達が書いているのではないか。取材でも小沢さんと鳩山さんの関係は非常に良いという声しか出てこない。他の議員は見ているだけなのに、羽田孜さんにスッと手を出して肩を持ったのは小沢さんですよ。やっぱり昔とはちょっと変わった。拍手が起きた」


ご老体の羽田元首相が首班指名で投票するために階段を上がった時に支えたというシーンである。

角谷
「小沢さんのダーティなイメージを持った若い一年生議員は、ああこういう人なんだなというのを目の当たりにした」


政治家のパフォーマンスには常に打算が働いている。
小沢氏が打算で行動したとは言わないが、マスコミのあまりの単純さにあきれてしまう。
そういえしば一時よく言われていた「小沢傀儡政権」という言葉がいつしかピッタリと止んで聞こえなくなった。
時の権力に阿るようになってはジャーナリズムもおしまいである。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:40  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |