FC2ブログ

2009.09.08 (Tue)


サルでもわかる(続き)

真の平和はバランス・オブ・パワーで成立する

国防には2つの方法があると田母神氏は説く。
ひとつはアメリカなどの覇権国に依存する方法。もうひとつは自立して国を護る方法。
前者は戦力も経費も少なくて済むが独立国としては自立する方向に近づくべくきだという。

そのためには・・・

①総理の下に各省庁を横断した極秘の戦略本部を作り、軍事分析から外交戦略を練る。

②非核三原則の「持ち込ませず」を削る。

③武器輸出三原則は「共産圏諸国および国際紛争の当事国、またはその恐れの国に限定する(1967年の佐藤栄作内閣時代の三原則に戻す)

④専守防衛を止める。

⑤集団的自衛権は行使する。

⑥NTP体制からの脱退


ところが民主党政権になれば、このすべてが御破算になる。

「中国の野心を封じるには南西諸島の自衛隊基地建設が必要であり、政府は次期中期防衛計画に「陸自60名ほどを与那国島に配置すると7月7日に報道されたが、選挙の結果、民主党が政権を取ったらどうなるか分からない」

本書が書かれた時は選挙前だった。
選挙で大勝した民主党は「防衛大綱」の改定すら来年に先送りするという。
国防意識がゼロなのだ。

「尖閣諸島問題とうのは単なる資源争奪だけの問題ではありません。すぐれた軍事問題なのです。そいて軍事的平和は、唯一、対峙する二国の軍事バランスの上に成立します。逆に言えば腰の引けた対応が、戦争を誘発するのです。入り口できちっと対応しておけば、戦争にならないということです」

よく引き合いに出されるチェンバレン英国首相の宥和政策がヒトラーの第二次世界大戦を誘発したという歴史的事実がそれを証明している。

諸国の平和を愛する気持ちを信頼して戦争することを一切放棄すると宣言した日本国憲法がいかにバカげたものか。
現在の緊迫した国際事情にそぐわないものか。
お花畑で遊ぶ左翼平和主義者たちは「真の平和」とは何か思いを致すべきである。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:46  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |