FC2ブログ

2009.09.06 (Sun)


アメリカにビビるな!?

鳩山擁護のテレビメディア

鳩山代表がNYタイムズに寄稿した論文は日米同盟の否定かとアメリカが危惧したが、どうぞアメリカさん、ご心配なく。鳩山氏はアメリカに楯突く度胸なんぞはありませんから。
その証拠に、ブレまくり専門の彼はアメリカの反応に驚いて「あれは私が寄稿したのではない」と強弁した上に、早速意見を修正した。
しかし、あの論文はどう見ても真正面からのアメリカ批判だ。
従属的親米に与しないPonkoはアメリカ批判は大いに結構だと思うが、ブレまくりは困る。

民主党の最大の支持母体であるテレビメディアは鳩山氏に「アメリカなんかにいちいちビビルな」とエールを送った。

TBS「サンデーモーニング」(2009/9/6)
"鳩山首相"への米国の懸念


浅井慎平(写真家)
「WSジャーナルなど、アメリカは正確に冷静に見ている。今迄よりいい流れに来ているのではないか。印象はいいのではないか結果的には」

大宅映子(評論家)
「VOICEと新聞記事のニュアンスがちょっと違う。国内向けに書いた論文を、政治家があの時点でアメリカに対するメッセージといったら物凄く強く受け取られてしまう」


国内向けと国外向けと二枚舌を使えというのか。政治家の思想信条はそんなものではなかろう。

関口宏(司会)
「別に間違ったことを言っているわけではないが、ただアメリカにしてみればカチンと来るという話で」

金子勝(慶応大学教授)
「アメリカ一色は間違いで、アングロサクソン系は金融自由化を続けて来ていまボロボロなわけですよ。スタンフォード大学のスナイダー教授は鳩山の言ってる事はもっともだと言っている」

寺島実郎
「ここでの議論の流れが僕は重要だと思う」


それまた寺島実郎の尤もらしいご宣託が始まる(笑)
なにしろ鳩山代表が上杉隆ゴロツキ記者と共に首相秘書官にしたいという男である。     

寺島
「『懸念』ってなんだと中味をよく踏み込む必要がある。要するに今までの日米関係によって大きな利権を得たり、その構造の上で生きていた人達が変更されることへの不安から提示されているのが大部分だ。Agree to disagreeということがあって、要するに、反対だけどあなたの言いたい論点はよく分かるということは、国際関係を作っていく上には重要なんで、自分の意見に反対してくることにいちいちビビっていてはいけない。日本としてしっかり考え抜くべきだと僕は受け止めますけど」


「日米関係で利権を得た人達」って誰だろう? 
この男の喋り方は尤もらしく自信満々だが、中味が空疎であると言う点で、姜尚中とそっくりである。
「日本としてしっかり考え抜くべき」だそうである。
沖縄の米軍基地撤退は日本の核武装とセットにして考えて頂こう。
でも、一方では非核三原則堅持ということは、北朝鮮のミサイル攻撃を許し、中国に日本を明け渡すということなのであろうか。


産経ニュース(2009/09/02)
米ワシントン・ポストが鳩山氏に警告「米国との決別は危険」


1日付の米紙ワシントン・ポストは、日本の総選挙で勝利した民主党の鳩山由紀夫代表を「経験のない政治家」と評し、北朝鮮の核の脅威があることから、「日本が米国との決別を模索すること」はあまりに危険だと主張する社説を掲載した。
同紙は、民主党の勝利で自民党の一党支配が終わり、政治的競争がもたらされたことを歓迎する一方、鳩山氏がアジアに軸足を置いた外交政策を目指し、米国の市場原理主義を批判していると指摘した。
 また、民主党が掲げる福祉の拡充政策について、財源が不明確だと指摘した。(共同)


産経ニュース(2009/09/02)
米政権、民主勝利に衝撃 「鳩山外交」を懸念と米紙


米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2日、日本の衆院選での民主党勝利はオバマ政権を揺るがすほどの衝撃を与え、「鳩山外交」で日本がアフガニスタン問題など米政府の外交最優先課題から距離を置く懸念が高まっていると伝えた。複数の政権高官の話として伝えた。
 同紙は米政府は過去数十年来で初めて、完全に未知の日本政府への対応を迫られ、北朝鮮、イランなどの「頭痛の種」に加え、新たな課題を突き付けられることになったと強調している。(共同)

【NYT記事】
http://www.nytimes.com/2009/09/02/world/asia/02diplo.html?_r=1&th&emc=th


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:03  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.06 (Sun)


北朝鮮、民主党篭絡を指示

動き始めた北朝鮮

政権交代で危惧していたことがいよいよ現実になりそうである。
民主党の支持母体は労働組合の「連合」のほかに部落開放同盟、民団などがあり、朝鮮総連も民主党と深い関わりをもっている。総連系の組織から政治献金を受けた政治資金規正法違反の角田義一なども居た。
その朝鮮総連(北朝鮮のいわば大使館)に本国から「民主党篭絡」の指令が届いたことが分かった。
拉致問題も解決できないまま、北朝鮮への圧力は消え失せ、「話し合い」という名の宥和政策、経済援助が始まるだろう。
一方、中国は兼ねてから日本のマスコミに工作員を送りこむことも含めた日本篭絡指令書が出されており、民主党の篭絡などは赤子の手を捻るよりも簡単である。
隠れた民主党の支持母体テレビメディアは「政権交代」を実現させた。産経新聞が一面で取り上げたこの記事は当然スルーであり、新政権の閣僚人事の話題で国民の目をそらせている。


産経新聞(2009/9/6)
北「総連よ、民主篭絡せよ」労組に影響力使え 万景峰入港再開を


北朝鮮が日本の朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)に対して、日本の対北政策を軟化させるために民主党への働きかけを始めるよう“攻略指令”を出していたことが5日、分かった。日朝関係筋が明らかにした。指令は、民主党政権誕生を前提として、衆院解散前の段階で出された。総連では、日朝政治対話の開始も視野に入れて、民主党研究を始めたもようだ。

 関係筋によると、北朝鮮の朝鮮労働党で日本の朝鮮総連を担当する「225」と呼ばれる対外連絡部から総連中央本部に「民主党攻略」についての指示があったのは7月上旬。政権交代に備えて「民主党の支援組織の労組に影響力を使え」としたうえで、2006年のミサイル発射で日本政府が発動した日朝間を往来する貨客船「万景峰(マンギョンボン)92」入港禁止措置について「本国への往来を希望する在日朝鮮人の人権問題として禁止措置解除を働きかけろ」との内容だったという。「指令」は総連の全国の地方支部にも伝達、徹底された。
 最近の自民党政権は対北強硬路線をとっていただけに民主党政権誕生は、北朝鮮にとって好機だ 北朝鮮は、旧社会党や旧総評系労組と良好な関係を築いてきた。民主党支持で旧総評系の自治労には北朝鮮と交流を進めてきた地方議連メンバーがおり、日教組にも日本の代表的な親朝団体「主体思想研究会」会員としての訪朝経験者がいる。このため、「日朝ルートを作りやすい」との認識があるようだ。
北朝鮮が「民主党に期待」するもうひとつの理由は同党の対北政策のブレだ鳩山由紀夫代表は拉致被害者の家族会に対して「北朝鮮には圧力が必要だ。拉致問題は私が体をはって解決したい」と語っていた一方で、先月17日の党首討論会で、対北政策について、「対話と協調によって、世界のさまざまな脅威に対して答えを出す」とも述べている。同党には」と発言した幹部もおり、党の対北政策は不透明。北朝鮮は付け込むすきがあると判断し6カ国協議で日本が拉致問題に固執しすぎるのはいかがなものか」と発言した幹部もおり、党の対北政策は不透明。北朝鮮は付け込むすきがあると判断しているようだ。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:49  |  民主党の正体  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |