FC2ブログ

2009.08.14 (Fri)


靖国不参拝で命運尽きたか

麻生首相への失望は拭えない

麻生首相が8月15日に靖国神社に参拝しないと明言したことで、真正保守派の多くは彼を見限ったのではないか。
参拝しない理由は「政争の具にしたくない」「静かに祈る場所にしたい」というが、参拝しないための後付けの理由でしかない。

一方、鳩山代表は「A級戦犯が祀られている」ことを理由に参拝しないと明言し、首相になったら閣僚にも行かせないとしている。そして国立追悼施設を作り、村山談話を踏襲し、侵略したアジア諸国への謝罪と贖罪を続けるという。

鳩山由紀夫
「ご案内の通り靖国神社はA級戦犯が合祀されている状況でありますので、このような状況の中で、例えば総理大臣とか閣僚が参拝することは好ましくないと。私はそう思っております」


A級戦犯など存在しないという歴史的事実を鳩山代表は知らないのか。
国家観の無い売国政治屋の鳩山代表がそういうのは勝手だが、産経新聞は社説で「国の指導者としての勤めを果たせ」と麻生首相に注文をつけ、櫻井よしさんも麻生首相の不甲斐なさに「名誉挽回に死力を尽くせ」と檄を飛ばしている。

そもそも自民党凋落の原因は「安倍・福田・麻生の3代にわたる首相が靖国神社に踏み切れなかったことだ」と産経新聞の乾正人政治部長は指摘している。

産経新聞(2009.7.14)
「(自民党凋落の原因は)異説ではあるが、私は「ポスト小泉」の安倍晋三、福田康夫、麻生の3代にわたる首相が靖国神社参拝に踏み切れなかったことを最も大きな理由として挙げたい(むろん、福田氏はまったくその気がなかったろうが)」(乾正人)

産経ニュース(2009.8.12 )
 【主張】靖国神社参拝 指導者の務めはどうした

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090812/plc0908120315002-n1.htm

産経ニュース(2009.8.13)
【櫻井よしこ 麻生首相に申す】名誉挽回に死力尽くせ

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090813/plc0908130239002-n1.htm


靖国神社参拝で真正保守の姿を身をもって示せなかったことで、麻生首相は起死回生のチャンスを自ら捨ててしまった。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 衆議院選挙 - ジャンル : 政治・経済

23:02  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |