FC2ブログ

2009.08.07 (Fri)


NHKは党首討論をノーカットで放映せよ

「なに拒否してんだNHK!」

前回の麻生首相と鳩山代表の党首討論の最後に、麻生首相は「次回は外交と安全保障について討論したい」と言っていた。
「外交と安全保障」は国家の在り方を示す重要なテーマであり、同時にまさしく民主党のウイークポイントである。
やれ年金だ、景気だというのもいいが、国あってこその国民であり、有権者最大の関心事であるべきだ。

ところで、最初、自民党は党首討論を地上波の全国ネットでノーカットで放映放しなければ応じないとしたが、最後は折れた。
テレビメディアはおしなべて反日であり、麻生首相の失言を待ち受けて勝手に編集し、「政権交代」のお手伝いをするだろう。
民放はともかく、公共放送を自認するNHKが党首討論のノーカット放映をしないというのはなぜか。
政府も強くNHKに要請すべきである。

「皆様のNHK」は口先だけなのか。

この党首討論の帰趨によっては自民党逆転のチャンスとなる。
反日マスメディアがひた隠しに隠す民主党の実像を有権者が知るまたとないチャンスである。

NHKと民法に抗議する運動は「目を覚まして日本人!」のKeiのHeartさんが展開している。


「なに拒否してんだNHK!」
http://blogs.yahoo.co.jp/keinoheart/48857871.html

みんなで参加しよう。


産経ニュース(2009.8.5)
12日に麻生、鳩山両氏が「党首討論」 21世紀臨調が主催


有識者でつくる「21世紀臨調」(新しい日本をつくる国民会議)は5日、衆院選を前に、麻生太郎首相(自民党総裁)と民主党の鳩山由紀夫代表による党首討論を12日に都内のホテルで開催すると発表した。
 21世紀臨調の要請に対して、民主党は無条件で応じると回答。自民党は当初、無編集、地上波のテレビ放送を条件に難色を示したが最終的に応じた。12日の党首討論はインターネット中継はある見通しだが、地上波テレビの無編集の放送は微妙な情勢だ。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2




テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:29  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.07 (Fri)


今頃何さBPO

4ヶ月経って腰を上げる

テレビ朝日の「朝まで生テレビ!」で司会の田原総一朗氏が拉致被害者を「生きていない」と断言したことを4ヶ月近く経った今頃になって取り上げて審理するとか、一体いままで何をしていたのか。
そもそも田原総一朗氏の常識をわきまえない身勝手な発言は広く知られており、かつては高市早苗議員を

「下品で無知な人にバッチをつけて靖国のことを語ってもらいたくない」
「こういう幼稚な人が下品な言葉で靖国、靖国っていう」
「靖国神社に行ったら、下品な人間の、憎たらしい顔をしたのが集まっている」


とテレビ朝日の番組「サンデ-・プロジェクト」で罵倒した。
この時、最大の侮辱に健気に耐えていた高市早苗さんの姿を今でも覚えている。

田原氏の発言は高市さんだけでなく、靖国参拝に参拝するすべての人達を侮辱したものであり到底許せるものではない。

8月2日の東京MXTV(14チャネル)で平沼赳夫元経産相と対談した西部邁秀明大学学頭は・・・

「田原総一朗氏は首相を『あんた、ねぇ』呼ばわりしている。何様のつもりか」

という意味の批判をしていた。

前述したようにBPOなどと言う組織は自主規制の仮面を被ったテレビ局擁護のための組織でしかない。視聴者が抗議しても何ら改善・進展は見られず、ガス抜き装置でしかない。
どうせ今回の件もBPOは「教育的指導」くらいの対応でお茶を濁すであろう。

産経ニュース(2009.8.7 12:02)
田原総一朗氏の拉致被害者めぐる発言でBPOが審理へ


ジャーナリストの田原総一朗さんが、テレビ朝日の番組で拉致被害者の横田めぐみさんらについて「生きていない」と発言した問題で、NHKと民放でつくる放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会が審理入りを決めたことが7日、分かった。
 テレビ朝日などによると、田原氏は4月25日未明の「朝まで生テレビ!」で、横田さんと有本恵子さんに関し、「外務省も生きていないことは分かっている」などと発言。拉致被害者家族会などが「根拠なく発言したならば重大な人権侵害」と同委員会に申し立てていた。
 テレビ朝日は「今後、放送人権委員会の審理に誠実に対応していく」と話している。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

15:10  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |