FC2ブログ

2009.08.02 (Sun)


ジジパージは止めろ

「政権交代」のお経を上げる民主党「くの一」

日曜早朝のTBS「時事放談」は御厨 貴(司会)自民党の加藤紘一、野中広務や民主党の渡部恒三、藤井裕久など既に終った政治家が登場して阿呆らしい座談会をしていて、Ponkoは「時事呆談」と呼んでいる。
日曜日の早朝なので観ている人がほとんど居ないであろうことだけが救いの反日番組である。

しかし、今朝は政界の御意見番・塩爺こと塩川正十郎(元財務大臣)が正論を述べていたのでご紹介する。
小泉郵政選挙の時に刺客と呼ばれる女性候補が多数立候補し、民主党を圧倒した。
今回は小沢のマドンナ候補乱立作戦で、その敵討ちをされそうである。
4年前の自民党は「郵政改革」だったが、今回は「政権交代」の4文字である。
塩爺は「政権交代」をお経にすぎないと批判し、有権者はマドンナ達が何をしたいのか追求すべきだという。
一方ではこのような20-40代の別嬪民主党候補に敗北を喫する可能性の高い自民党候補は押しなべて老人であり、都議選も今度の衆院選も「ジジパージ」になることを危惧している。
もし自民党が大敗すれば明治以来連綿として続いてきた真正保守党が消滅するとの危機感には同じ思いである。

TBS「時事放談」(2009/8/2)
小沢選挙 「女性」続々


①群馬4区
自民党 福田康夫(73) 民主党 三宅雪子(44)元フジテレビ記者

②石川2区
自民党 森 喜郎(72) 民主党 田中美絵子(33)元河村たかし名古屋市長秘書

③東京12区
公明党 太田昭宏(63) 民主党 青木愛(43)衆院議員 小沢チルドレン

④愛媛1区
自民党 塩崎泰久(58) 民主党 永江孝子(49)地元アナ

⑤長崎2区
自民党 久間章生(68) 民主党 福田衣里子(28)元薬害肝炎原告

塩川正十郎
「不思議に30台40台と若い。それとベッピンさんですねえ。ベッピンさんだから選挙に強いという事は無い。問題はこういう人達は何を言っているか一回聞いてみたい。ただ「政権交代」とお経を上げている事しか言っていない。地区の有権者が呼んで来て、『あんたは何を考えているんだ』と討論会をしてみればよい」


今のところ、このベッピンさんたちは金太郎飴のようにどこを切っても「政権交代」の四文字しか言わない。
ただ別嬪は今の軽佻浮薄な時代、「チバン、カンバン、カバン」より有利な条件かもしれない。
青森県八戸市の「美人過ぎる市議」は「世界一美人の政治家」になったくらいだから・・・
都議選では経験豊かな自民党幹部が公示2日前に立候補した20台の若者に負けた。自民党の経験豊かな都議の多くは民主党の若手に負けてしまった。都民は若さだけで選んだと見えた。
もっとも民主党都議の多くは石原都知事支持だから都政イコール国政ではないという麻生総理の言葉も間違いではない。

塩川
「東京都議選と今度の衆院選でどうなるか分からないが、今の風潮から見て『年寄りは辞めろ』のジジパージだ。これをやってたらどういう矛盾が起こるか。来年の春闘で年寄り辞めろ、社長・会長辞めろの声が起こってくる。もうひとつは高齢者を大事にしようとするなら、高齢者に生き甲斐を感じさせることを併せてやるべきだ。しかし『お前は年寄りだから用は無いんだ、出て行けと』といわんばかりの事をしたら高齢者社会にどういう影響を与えるか。私は年寄りとして反発を感じる。無条件に大事にいろとは言わないが、配慮して欲しい」


麻生総理も元気な高齢者が働いて生き甲斐を感じてもらおうとしたが、言葉足らずでマスコミのいつもの言葉狩りでやられてしまった。

《自民党の負け方について》


司会の御厨に「自民党の負け方について」訊ねられて・・・

塩川
「負けが決まったような言い方をしないで下さい。いい勝負になってきたらどっちが勝ったか分からない可能性もある。それはこれからの候補者の努力だ。そこそこの負け方になれば細川政権のようなことが起こる可能性が非常に強い。ベッチャンコに負けてしもうたら分裂が起こる。そうしたら明治時代から続いてきた保守本流の政党が消えるのが残念でならない。こういう連綿として続くひとつの伝統を持った政党を残しておいて欲しい」


青山繁晴氏によれば、安倍晋三氏を中心とした真正保守派は生き残る。
五分五分に持ち込んで、政界再編を果たしてほしいものだ。

なお、塩川氏は自民党に対しては根本的な税制改革などで新規事業を起こさせ新規分野の開拓をおこさせろと注文をつけた。
オバカさんの野党は税制優遇をすれば企業優先で労働者のためにならないというが、会社が潰れたら労働者は路頭に迷うだけだ(これはPonkoの独り言)。
また小泉改革の負の部分だけ叩かれるが、起業を容易にしたという功績もあったと言っていた。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:41  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.02 (Sun)


民主党政権で酒・タバコが増税

政権交代はバラ色か?

民主党政権になると酒やタバコの税金があがるという。
ビール党や愛煙家には迷惑な話である。

ビールにはいわゆる普通のビールと発泡酒、第3のビールがある。
酒や煙草の趣向品の税金は高すぎる。
だから税金を呑んでいるようなものだといわれる。

発泡酒はビールより味は落ちるが税金がかからないので安く出来た。
しかし政府が課税をしたために第3のビールが開発されたと記憶している。
イトーヨーカ堂やイオンのプライベート・ブランドの第3のビールは一本100円だという。
まさに庶民の味方だ。

それなのに、暑い夏を迎えて庶民の楽しみである安いビールが民主党政権になると増税されて値上がりするのはなぜか。
それはアルコールの度数に応じて課税しようとしているからである。
ビールも発砲酒も第三のビールもアルコール度は5%だから第3のビールは100円から119円に値上がりする。
度数に応じて課税する理由は「アルコールの健康への影響」を考えてだそうである。
いかにも「友愛」を説くヒューマニストの鳩山代表らしい。
心優しい鳩山氏に国民は値上げビールで乾杯しようではないか。

民主党は「国民の生活が第一」と言いながら、おせっかいにも庶民の楽しみを奪おうとしている。
小さな親切大きな迷惑である。

ただ愛煙家には申し訳ないが、煙草の増税には賛成である。
フアミレスなどで分煙していても、喫煙しているひとの煙が入り込んできて不快な思いをすることがよくあるからである。
若者も煙草が1000円になればそう簡単には喫煙できまい。
自民党も一時は煙草増税を試みたが、葉タバコ農家の反対で断念した経緯がある。
果たして民主党は煙草の増税に踏み切ることができるだろうか。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2


酒・たばこは増税視野?

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

10:50  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |