FC2ブログ

2009.07.26 (Sun)


政治はギャンプルじゃない

1_convert_20090727220301.jpg

2_convert_20090727220355.jpg

3_convert_20090727220420.jpg


マスコミがネガキャンと騒ぐわけ

マスコミがしきりに自民党がネガティブキャンペーンをやっているのは逆効果だと批判し、石破茂農水相が民主党批判にブレーキをかけている意味が分かった。
自分は特に自民党シンパでもないので自民党のHPは見ることもなかったが、自民党は6月から民主党批判のビラを刷り上げていたのだ。
最新のビラをご紹介する。
これだけ痛いところを突かれては民主党シンパは慌てるだろう。

これはネガティブキャンペーンというより政敵への挑戦であり、正しい論戦である。
ネガティブキャンペーンが否定的に捕らえられるのは、アメリカの選挙のように政敵の家族のトラブルや政敵個人のプライベートな性癖まで取り上げて攻撃するからだ。

国民が反日マスコミにブレイン・コントロールされ、「政権交代」の四文字に踊らされている現状では、事実を国民に知らせることが政府与党の責務といえる。

しかし、マスコミはネガキャン呼ばわりはとどまることがない。今朝の「サンモニ」もそうだった。

TBS「サンデー・モーニング」(2009/7/26)

小菅信子(山梨学院大教授、平和研究)
「中傷誹謗合戦をしないで欲しい」

金子勝(慶応大学教授)
「自民党は野党批判ばかりしている。ネガティブなメッセージしか出していない」


野党の自民党批判は許されて、自民党の野党批判は許されないのか。
自民党が野党批判をすると、もう野党になったのかと野党とマスコミは揶揄する。
これでは選挙前の正常な論戦は期待できない。
愚衆は論戦の中味ではなく外見だけで判断するからどうでもいいといえばいいが。

なおこのパンフは自民党から入手できるらしい。
心ある方は友人に配ったりポスティングしよう。

政治はギャンブルじゃない

http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/pamphlet/pdf/2009_nominsyu.pdf

ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:08  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.26 (Sun)


またもや麻生首相失言?

マスコミに餌を与えるな

衆議院が解散し、選挙まで後40日。早くも心配していたことが起こった。
マスコミは解散後初日に麻生総理が「異例の」団体組織への挨拶回りをしたのに対し、鳩山代表は街頭演説をこなしたといかにも民主党は国民に顔を向けているかのようなイメージを作って視聴者を誘導したことはすでにご報告した。

そして今度のいわゆる「麻生失言」である。
マスコミは嬉々として話題にしている。

TBS「サンデー・モーニング」(2009/7/26)
麻生首相がまたもや・・・


麻生首相
「この人たちはみなさんと違って、働くことしか才能が無いと思ってください」

高齢者の社会参画の必要性を説いた中での発言である。まだ働ける有能な高齢者を活用して社会を活性化するとともに、自分はもう社会から求められていないと失望し、老け込んで健康を害し健康保険を食い潰すことも避けられる。
ところが友愛の黒い鳩は街頭演説で早速噛み付いた。


鳩山代表
「なんでお年寄りの方々に、必ずしも働く必要も無い方々まで『働くことしか能力がない』と言い切ってしまうのか。お年を取った方の自由ではないか」

これは麻生発言をわざと取り違えた言いがかりに過ぎない。
まだ働けるのに、「働く必要も無い」と年金や生活保護で高齢者をダメにしてしまう高齢化社会の本質的な問題から目をそらせている。
黒鳩の高齢者に媚びる姿勢もいやらしい。

司会の関口宏も


関口
「一週間前に反省された方がどうしちゃったのか」


と悪乗りした。

麻生首相は「元気で活力のある高齢者に社会参加してもみらうのが発言の趣旨だ」と後で釈明したが時すでに遅し。
マスコミと民主党に付け込まれる麻生首相にも問題が無いとは言えない。
いままで散々やられてきたではないか。学習能力があるのか。
国民は愚民であることを十分理解して、もっと丁寧に説明すべきである。
民主党とマスコミが喜ぶような餌を次々と投げ与えては40日間ももたない。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:57  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.26 (Sun)


黒鳩よ、国民に媚びるな

政治の程度は国民の程度

細田幹事長の発言は100%正しい。
マスコミの傾けた盆の上に乗った愚衆と言う名の豆(国民)は、ひとつの方向に向かって転がりだしているのだ。

マスコミの杜撰な毎週の世論調査、自民党と民主党のどちらを選ぶか、麻生総理と鳩山代表のどちらが首相にふさわしいかの街頭インタビュー。
街角の主婦や老人の答えはテレビの反日コメンテーター達のコメントとそっくりである。

今や猫も杓子も政治を語るが、芸能ゴシップ並みのマスコミの政治記事に犯されているだけである。

洗脳された国民と、それに媚びる黒鳩は日本を滅亡への道に向かわせている。

数十年後、振り返ってみて8月の選挙で如何に間違った選択をしたのか国民は気づくだろう。
その時に日本人が住む日本と言う国が未だあっての話だが・・・


産経ニュース(2009/07/25 15:22)
鳩山代表、細田氏「国民の程度」発言を批判


民主党の鳩山由紀夫代表は25日午前、大阪府富田林市内での街頭演説で、国民の政治意識が低いとの認識を示したと受け取れる自民党の細田博之幹事長の発言に関し、「政治家は決して持ってはいけない考え方」と批判。「私たちは徹底的に国民の皆さんを信頼申し上げる」と述べ、国民重視の姿勢を強調した。
細田氏は24日、麻生太郎首相の言動などを取り上げた報道に関連し「(首相が見送った)役員人事だろうが、閣僚人事だろうが、どうでもいいことだが、その方がみんな面白いんだから。国民の程度かもしれない」と述べた。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:48  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.26 (Sun)


日テレで平沼元経産相がGJ!

初めてテレビで耳にした

今朝の日本テレビ「ウェークアップ」に平沼赳夫元経産相が登場した。
当ブログは平沼グループの結成を歓迎したものの、そのキャッチフレーズに疑問を呈したばかりだった。
「二度と戦争を起こさない」とか「ブレない、投げ出さない」が気になった。

しかし平沼氏はテレビで民主党の問題点をズバリと突いた。
地方参政権や人権擁護法案の問題は新聞やネットではよく見かけるが、テレビで聞いたのは始めてだった。
自民党はなぜこの問題をテレビでクローズアップしないのか。
なにか具合の悪いことでもあるのか。
真正保守党としての矜持に欠けているのではないか。

日本テレビ「ウェークアップ」(2009/7/25)

平沼赳夫
「民主党は政策の中に、外国人にも地方参政権をとか、人権擁護法案だとか、あるいは国籍法だとか、さらには国立の国会図書館に日本がやった悪いことを列挙するような調査局を置く。こういう政策を表に出しているから国民の皆さんの大半はこれに大変危惧を抱いている。従って健全な保守をこの国で育てていく事が大切だ」

渡部恒三
「外国人参政権の問題は私と共通している考えだ。選挙が終ったら一緒に内閣を作ろう」


渡部氏は外交や安全保障は与野党ともに歩調を合わせるから協力してくれと、もう政権を取ったかのように平沼氏にラブ・コールを送っていたのが苦々しかった。

塩川正十郎元財務大臣
「自民党も民主党も極端なオポチュニストで迎合主義だ。平沼さんの政治哲学には共感する所がある。自民党も民主党も国民にと言うよりマスコミに擦り合わせているような感じだ」


塩爺は第4の権力であるマスコミに牛耳られている現在の日本の政治状況をズバリ指摘していた。

いまや、日本の政治は毎週杜撰な世論調査をやり、不当な批判を繰り返すテレビを中心とするマスコミに牛耳られている。
そして、そのマスコミを牛耳っているヤツが何処かに居る。

街頭インタビューでどの政党を支持するか、政治に何を望むかと聞かれた有権者の言葉は、テレビの反日コメンテーター達の猿真似である。
テレビによる一億総白痴化の壮大な作業は、今や最後の仕上げの段階に入っている。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:44  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.26 (Sun)


平沼グループーの疑問

気になるキャッチフレーズ

保守派の人たちには絶大の人気がある平沼赳夫元経産相。
郵政民営化の造反議員として自民党を離党したが、その後、病に倒れた。
しかし幸いにも回復し、真正保守党として「平沼グループ」を作った。

だが、そのマニフェストに「二度と戦争をしない強い決意を確認」とある。
これでは平和主義者の戯れ言と同じではないかと思った。

【平沼グループがマニフェストを発表】
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/32612051.html

そして今度は「ブレない、こびない、投げ出さない政治」を掲げるという。
どうも引っかかるものがある。
ブレまくるのは麻生総理と繰り返し反日マスコミは伝えた。
安倍、福田が続けて政権を投げ出したと繰り返したのも反日マスコミだ。
平沼氏が安倍政権の業績を否定するようでは真正保守派とは言えまい。


産経ニュース(2009/07/23)
平沼グループ15人で第3極勢力を目指す


平沼赳夫元経済産業相は22日、都内のホテルで記者会見し、保守系無所属「平沼グループ」として衆院選に立候補するメンバー15人を発表した。スローガンは「ブレない、こびない、投げ出さない政治」を掲げ、8月18日の公示までに20人超のグループにしたい考えだ。平沼氏は「選挙後に自民、民主両党の議員を糾合しながら第3極をつくりたい」と述べた。

グループのメンバーは以下の通り(敬称略、前は前職、元は元職、それ以外は新人)

青森1区 升田世喜男▽秋田1区 藤井陽光▽秋田3区 村岡敏英▽山形1区 伊藤香織▽栃木4区 植竹哲也▽埼玉11区 小泉龍司(元)▽東京4区 宇佐美登(元)▽静岡7区 城内実(元)▽大阪1区 堺井裕貴▽大阪14区 三宅博▽兵庫4区 石原修三▽岡山3区 平沼赳夫(前)▽徳島1区 岡佑樹▽香川3区 真鍋健▽熊本3区 三浦一水


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:36  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.26 (Sun)


石破茂の利敵行為

石破茂「農水相」は「脳薄い相」か

石破茂は与謝野馨と麻生総理おろしを企んだが、成功しないと見ると途端に麻生支持に転じた男だ。
しかも自分は麻生おろしには加担していないと嘘をついた。
そんな石破が民主党を批判してばかりいてはダメだと利敵発言。
もう戦闘状態に入ったのだからそんに綺麗事は言っている暇はない。
政敵の弱点を突かずして勝てるわけは無い。

自民党のネットCMをネガティブキャンペーンだと批判し、逆効果だとマスコミは言うが、民主党が政権を取ったらどうなるかの具体的な絵柄を国民に示すことは与党の責務である。

財源のないバラマキ大衆迎合政策、自虐教育への回帰、地方参政権付与、二重国籍認可、人権擁護法案、夫婦別姓、国立追悼施設、沖縄一国二制度、外国人1000万人移民受け入れ、慰安婦賠償・・・数え上げればきりがないが、これらを一言で言えば「売国政党」だということである。

なぜ民主党は売国行為をするのか。
それは日本を安く買い取ろうとする特ア国がいるからだとしか考えられない。
マスコミや識者はしきりに政策論争をせよ、マニフェストで戦えという。

「自民党は民主党批判だけでなく、自らも明確な政策を打ち出して結束して戦うべきだ」(石破茂)

あんたには言われたくない。結束を乱しているのはあんただ。
自民党マニフェストは週明けには出来上がる。
そのマニフェストで民主党のマニフェストを叩くことで「政権交代」の催眠術に罹った国民の目を覚ますのが自民党の責務である。


産経ニュース(2009/07/24)
石破農水相 民主党批判ばかりでは支持回復せず


「民主党を批判するのは当然だが、民主党の支持が高いのは自民に対する批判の裏返しだ」
石破茂農水相は24日の閣議後の記者会見で、民主党批判ばかりしていても、自民党への支持は回復しないとの考えを示した。政府・与党幹部は衆院選での劣勢を盛り返そうと、懸命に民主党批判を展開しているが、与党内にも「それだけでは選挙に勝てない」石破氏は会見で、民主党が海賊対策での自衛隊派遣を容認するなど、外交・安全保障政策で従来の国会対応と異なるマニフェスト(政権公約)を打ち出したことに「正直言って相当な怒りを覚えている。政権をとるために言ったことが、実際に取ったらこう変えましたというのは、選挙の意義を愚弄するものではないか」と批判した。
 しかし、同時に「なぜ自民党は批判をいただいているのかということを顧みないと、なかなか有権者の共感は得られない」とも強調し、自民党は民主党批判だけでなく、自らも明確な政策を打ち出して結束して戦うべきだとの考えを示した。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

22:28  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |