FC2ブログ

2009.07.04 (Sat)


産経まで麻生ネガキャン

産経新聞も落ちたもんだ

今朝の産経新聞一面トップを見て驚いた。
都議会選の初日、応援演説で深く頭を下げた麻生首相と交差点の赤信号の写真を掲載し、次のようなキャプションをつけているのである。

麻生政権に赤信号?

東京都議選の応援にかけつけた麻生太郎首相。支持者等を前に満面の笑みを浮かべたが、選挙の結果次第では政権運営に赤信号がともりかねない。3日午後、東京都文京区(植村光貴撮影)


そしてその下に、「人より政党」大きなうねり・・・とある。
(原紙は一枚の写真)

こんな子供騙しのような手法を用いて麻生首相と赤信号を関連付けて印象操作をする産経新聞には呆れるしかない。
しかも「人より政党」として、「候補者本位の地方選挙だった東京都議選を『大きな渦』が飲み込んだ」と記事を書き出し、「その起点は民主党だ」として政権交代にかける民主党の勢いを紹介している。
地方選挙は国政とは直接関係ないものを政権交代の前触れ選挙だと煽っているのはマスコミである。
マスコミの世論操作で風は民主党に吹いているが、都議選の争点は「東京オリンピック」「新銀行東京」「築地移転」など東京都民の生活に関する問題がまず第一である。
共産党の小池晃議員も民主党の99%は石原都知事に賛成している。都議選の与野党の構図は国政とは違うと今朝のTBS「サタズバ」で述べている。

産経新聞は「自民VS民主で一番ボルテージを上げてしまったのは当の麻生太郎だ」と揶揄し、麻生首相が応援演説の第一声で「政権交代と景気交代、おなじコウタイでも意味が違う。政権交代が景気後退にならないようにしなければならない」と述べたことを取り上げている。
この麻生首相の皮肉は的を射ている。

産経新聞はいよいよスポーツ紙並みに劣化しつつある。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:06  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |