FC2ブログ

2009.06.26 (Fri)


「民主党ファシズムだ」と東国原知事

TBSが東国原知事に不快感

与良正男毎日新聞論説委員がTBSの番組で東国原知事の「民主党ファシズム」発言に不快感を示した。

TBS「みのもんたの朝ズバッ!」(2009/6/26)

みのもんた、今朝の朝日新聞の記事を紹介して・・・

「東国原知事 国政をど真ん中から変えて行く」

朝日新聞の単独インタビューで、東国原知事は自民党の総選挙に立候補することに改めて意欲を示した。「今のままでは民主党が圧勝してしまう。民主党のファシズムになってしまう」と強調した。

みのもんた
「民主党のファシズムって何ですか?」

与良正男(毎日新聞論説委員)
「これはちょっと言い過ぎだ。意味不明だしもあまり使わない方がいい言葉だ。なにを根拠にファシズムなのか」


マスコミの手のひらに上の盆に乗った国民という名の豆は、麻生おろし、政権交代というマスコミが傾けた方向に一斉に転がり出している。
これをファシズムと東国原知事はいみじくも表現したのだろう。
コメンテーターたちは、「県民の声を優先しろ」と東国原知事の国政への参画を一斉に批判していた。痛いところを突かれたマスコミは狼狽している。

東国原知事の本気度、この機会を逃したら国政に参画するチャンスは二度とないという読みが見て取れる。
あの海千山千の古賀誠選対委員長が、勝算も無く出馬要請の会談をマスコミにオープンするとは思えない。このままでは古賀氏は顔に泥を塗られたという事で終ってしまう。2人の間で何か示し合わせたのではないかと勘ぐりたくなる。
あれほど東国原氏を罵倒した松浪健四郎議員が一日経ってコロッとトーンダウンしたのも怪しい。

少なくとも東国原知事はアンチ民主党であることを鮮明にした。それだけでも古賀氏の作戦勝ちだったかもしれない。
盟友の橋下大阪府知事が地方自治体の首長を集めて支持政党を明らかにすると言っているが、東国原氏は一足先に自民支持の旗を揚げた。
麻生首相の総選挙近しの発言と合わせて、東国原総務大臣という噂が現実味を帯びて来たのか。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:29  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |