FC2ブログ

2009.04.29 (Wed)


窮地の小沢氏意気軒昂

民主党には日本を任せられない

居座る小沢党首を引き摺り下ろせない民主党の党員たちが、小沢辞任を求めて連判状を回しているという。
党首のあり方について、自由闊達な議論を国民の目の前で展開するということではなくて、ひそかに連判状を作成して党首を葬る相談をしているなどというのはいかにも前近代的であり非民主主義的である。
今日の産経新聞では石井一代表代行が「小沢しかおらん」とインタビュー記事が載っていた。民主党がいかに人材に払底しているかをみずから物語っている。
やはり民主党には政権政党になってもらうわけにはいかない。

一方、小沢氏は今日、メーデーの前準備なのか民主党の選挙基盤である「連合」の集会に出席して、「政権奪取」の意気込みを語った。
本気で総理大臣になるつもりらしい。
テレビでは舛添厚生労働大臣も挨拶していたがどういうつもりなのか。
そもそも労働組合にはサヨク分子が紛れ込み、正常な労働者擁護の活動を逸脱していることが多い。マルクス主義だの、チェチェ思想だの日本の風土になじまない外国製の思想を持ち込んで日本人を撹乱しようとしているのである。
民主党の選挙基盤がこのような労組にあるということだけでも、日本を託す政権政党ではないと思う。


産経ニュース(2009.4.29 01:16)
民主有志が小沢辞任で「連判状」

 西松建設の違法献金事件に伴う小沢一郎民主党代表の進退問題で、党内の反小沢勢力の有志議員らが、小沢氏の辞任を求める「連判状」作成を検討していることが28日、分かった。水面下で署名集めを進め、大型連休明けにも動きを本格化させる。小沢氏は同日の記者会見で、代表続投の意思を改めて示したが、署名者の顔ぶれや数によっては、窮地に追い込まれる可能性が出てきた。

 署名集めを検討しているのは、小沢氏と距離を置く中堅、ベテラン議員ら。若手にも次期衆院選への影響を懸念し、小沢氏の早期退陣を望む声があるが、ある中堅は「若手に決起させるとリスクがある。われわれが動いた方がいい」としている。
 また、渡部恒三最高顧問は28日、国会内で記者団に対し「次期衆院選は今の態勢では勝てない」と述べ、小沢氏が早期に辞任すべきだとの考えを重ねて強調した。だが党内には、「小沢氏は渡部氏の意見は気にかけていない。菅直人代表代行か鳩山由紀夫幹事長が説得しないと無理だ」(別の中堅)との見方が強い。このため、「連判状」の提出先は、菅氏か鳩山氏が検討されているという。

 小沢氏は28日、党本部で記者会見し、自身の進退問題について「いろんな意見があることは風の便りに聞いている」と、辞任論があることを認めたうえで「(次期衆院選で)国民の信頼を必ず獲得できると現時点では思っている」と、代表辞任を改めて否定した。

同(2009.4.29 14:48)
民主・小沢代表、あらためて政権交代に意欲

 民主党の小沢一郎代表は29日、東京・代々木公園で開かれた支持団体「日本労働組合総連合会」(連合)のメーデー中央大会式典であいさつし、次期衆院選について「なんとしても勝利して政権交代を実現する。自分自身の身が果てるまで、あらゆる障害を乗り越えて使命を達成する」と述べ、政権交代に強い意欲を示した。
 また、連合の高木剛会長は「衆院選では、何が何でも政権交代を果たさなければならない」と組合員らに民主党への支援を訴えた。
 ただ、両氏とも小沢氏の公設秘書が逮捕・起訴された西松建設からの違法献金事件への言及はなく、小沢氏は「皆様からいただいた、さまざまな激励に深く感謝したい。声はしっかり受け止める」と述べるにとどめた。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

16:36  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |