FC2ブログ

2009.04.21 (Tue)


安倍元首相 健在なり

「敵基地攻撃能力」と「集団的自衛権」の検討を主張

安倍元首相が「敵基地攻撃能力」と「集団的自衛権」の論議を進めるべきだと講演した。
安倍元首相はご存知のように、僅か一年でそれまで誰も手につけなかった実に沢山の法案を通した。

●教育基本法改正
●防衛庁省昇格法
●国民投票法
●教育関連三法
●社保庁改革関連法
●国家公務員法改正
●年金時効特例法

そして集団的自衛権については様々なケースを想定して論議を纏めたが、福田前首相は握りつぶしてしまった。
安倍、中川(昭)議員等の真正保守派のこれからの活躍に期待したい。
一方、山拓は相変わらず媚北、宥和政策を進めいる。来るべき総選挙では福岡市民の良識が問われることになる。


産経ニュース(2009.4.21)
安倍元首相、敵基地攻撃と集団的自衛権行使の検討を主張

自民党の安倍晋三元首相は21日、党本部で開かれた中堅、若手議員の議員連盟「北朝鮮に対する抑止力強化を検討する会」の会合で講演し、北朝鮮の弾道ミサイル発射を踏まえ「日米両国が協力を深めつつミサイル防衛を機能させるためには、集団的自衛権の行使や敵基地攻撃能力の保有について議論しないといけない」と述べた。
 安倍氏は、米国を攻撃する長距離弾道ミサイルを日本の自衛隊が迎撃するケースに触れ、将来、技術的に可能になることを想定し、その前に法的整理をすることが必要と指摘。安倍内閣で発足し、集団的自衛権行使に向け憲法解釈の変更を求めた「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の報告書に基づき、検討するよう求めた。
 また、敵基地攻撃能力については「装備や法的整理の検討をしなければいけない」と語った。

時事ドットコム
安倍元首相、敵基地攻撃の議論必要=山崎氏は「対話」強調

(前文略)
一方、同党の山崎拓前副総裁は同日、都内の中国大使館を訪れ、北朝鮮が離脱を表明した6カ国協議の再開に向けた外交努力を求めた。同氏によると、孔鉉佑臨時代理大使は「北朝鮮が復帰するにはかなりの冷却期間が必要だ」と指摘し、「新しい事態が発生しないため、関係国の慎重かつ冷静な対応が望ましい」と述べ、日本政府の北朝鮮への制裁強化に慎重な考えを伝えた。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:53  |  これぞ正論  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.21 (Tue)


デヴィ夫人と街宣車はグルか?

国防意識高揚を危惧する反日サヨク勢力

デヴィ夫人が北朝鮮の招待されたり、「人工衛星に日本は騒ぎ過ぎ」と親北的な発言をしたことで、右翼街宣車が夫人宅に抗議行動をした。夫人が怒ってベランダの植木鉢を三つ投げつけ、街宣車のミラーを壊した。
さらに右翼活動家の写真を撮ろうとしてカメラを取り上げられて、道路に叩き付けられ壊された。警察は両者が加害者と被害者の可能性があり捜査中だと言う。
夫人は「警察は街宣活動をやめさせようとした私を逆に羽交い締めにしたり、警察署での調べで私の方が被害者なのに加害者のように扱った」という。

この話は不審な点が多い。
まず第一に夫人は行動を起こす前になぜ110番に通報しなかったのか。みずから行動して騒ぎを大きくしている。植木鉢は当たらなかったと夫人は言い、右翼は当たったという。証拠写真を撮ろうとした行動も、カメラを地面に叩き付けたという行動も過激である。
夫人と街宣車の馴れ合い騒動ということも考えられる。

そもそも、右翼街宣車はヤクザと在日朝鮮人で構成されているという噂が高い。共産党から資金を得ているという噂もあるが、これは怪しい。しかし、サヨク勢力が資金を提供して、真正保守派の活動を妨害するためにやっているという解釈には頷けるものがある。
過激な右翼活動が国民の眉をひそめさせ、真に国を愛する保守本流の印象を悪くさせる世論誘導の道具になっている。

産経ニュース(2009/4/21)
街宣車に植木鉢投げたデヴィ夫人「右翼より警察に怒り」
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090421/tnr0904210807000-n4.htm


はやくもテレ朝がこの事件を利用して北朝鮮との宥和政策を進めよと世論誘導している。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(2009/4/21)
デヴイ夫人が右翼街宣車に・・・
自宅2階の庭から植木鉢投下


川村晃司(発言の途中から)
「・・・拉致被害者5人が帰ってきた。しかし、それにも拘わらず爆弾が仕掛けられたりしている。非常に感情的な高ぶりが国民の中にあるので、その辺をやっぱりもう少し冷静に、政府の方も『圧力、圧力』と言わないで、交渉もしていって、これからの道筋を早くつけることが、こういう騒動を無くす事につながると思う」


夫人と右翼街宣車が馴れ合いのお芝居だとしたら、サヨク偏向テレ朝との見事なトリプル連携プレーである。
北朝鮮と仲良くすれば「こういう騒動もなくなる」というのか。
北朝鮮のミサイル発射で、日本の国民がようやく自国防衛の必要性を感じ始めてきた事に反日サヨク勢力は危惧を抱いている証拠である。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:39  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |