FC2ブログ

2009.04.05 (Sun)


北のミサイル飛び去る

防衛予算の倍増が答え

北朝鮮が発射した「飛翔体」は日本列島の上空を飛び越えて太平洋のかなたに落ちた。
日本の迎撃ミサイルは発射されることもなく全て終わってしまった。
予想通りの、最悪のシナリオである。
発射直後自爆か、発射直後日本の迎撃ミサイルで撃墜という一番望ましいシナリオにはならず、日本は飛翔体を見送っただけ。大山鳴動鼠一匹という結果になった。
騒がずに冷静にとマスコミは国民に訴えたが、一番騒いでいたのは視聴率アップを狙うマスコミ自身であった。

フジテレビ「新報道2001」(2009/4/4)
担当官の勘違いによるミス?


アメリカの早期警戒衛星も受信したと勘違いし、中央指揮所は個人的な見解で「発射」とアナウンスしたとされ、防衛省は担当官の処分も検討している。
文民のミスだ。制服に任せるべきだったというコメンテーターも居る。
いろいろな情報を集めて最終判断すべきなのに、千葉に設置されたガメラレーダーだけで判断したと責めるコメンテーターもいる。
しかし、、Ponkoの下衆の勘ぐりでは、実際はアメリカの早期警戒衛星からも発射のデータが入って来たのではないか。アメリカの偵察衛星の誤報を隠すために、一人の情報分析官に全ての罪を負わせた。
まあ、それはちょっと考えすぎだとしても、誤報をしきりに責めるマスコミも異常だ。
今日はテレ朝「サンプロ」で田原総一朗が「誤報で世界に恥をさらした」と力んでいたが、恥を掻きたくなかったら、もっと前向きに考えたらどうだ。
「レーダは古くて解体する予定だったのが、今回のミサイル警戒のために無理やり使い続けた(軍事評論家:岡部いさく)」というから、これを機に新しいレーダーに変えるとか、アメリカの警戒衛星を頼るのではなく、自前で警戒衛星を飛ばすとか、日本の防衛体制の手薄さが分かったので、防衛予算を倍増する方向にもっていくべきである。
そもそも、舛添要一添大臣の前妻である片山さつき議員が防衛予算を削ったのが間違いだと言いがかりをつけたくなる。

中谷元元防衛庁長官によれば、日本のカーナビはアメリカの開発したGPSだからお金は全部アメリカに取られてしまう。アメリカは民間に転用してビジネスにしてるいるという。石原都知事も言っていたが、アメリカのステルス機の表面の金属加工は日本のテクノロジーが採用されているという。それなのに機密だとして日本にステルスを売ってくれない。売ってくれたにしても肝心のところはブラックボックスで日本の技術開発に役立たないという。この話の後半は別の情報源だが。
日本は優秀な技術力を持ちながら、海外に流出されるばかりで自国の役に立っていないのはおかしい話だと思う。
それにしても、衛星でないことが分かったのだから(北朝鮮が衛星だと言い張るなら、軌道に乗っていないことは打ち上げの失敗を意味する)NHKを始めとするテレビメディアは「飛翔体」という表現をいつ「ミサイル」と呼び変えるのだろう。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

23:13  |  -北朝鮮  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |