FC2ブログ

2009.03.11 (Wed)


国民の声でどうこうしないと岡田民主党副代表

これが民主党の本音

「国民の生活が第一」とか「民意、民意」と言っていた民主党の岡田克也副代表が、国民の「小沢辞めろ」コールにもかかわらず、「それでどうこういうことではない」と開き直った。
かつて代表を辞めると拗ねて(静岡方面では「ちんぶりかいて」という)言い出した小沢をみんなで慌てて引き止めた民主党。
あれ以来、小沢の首に鈴をつけようとする者は誰一人居ない。
小沢が代表の座にいつまでも居座ってもらった方がイメージダウンを深めて自民党はやりやすいという声もあるが、一方では独裁者小沢の辞任後に起こる民主党分裂に期待する向きもある。
いずれにしても、民主党は政権が欲しいばかりで国民の声など聞く気は無いことを図らずも示したといえる。


産経ニュース(2009.3.11 18:56)
小沢代表続投支持の姿勢 民主・岡田副代表

民主党の岡田克也副代表は11日、西松建設の巨額献金事件をめぐる小沢一郎代表の進退問題で「代表は説明責任を果たしていこうという姿勢。党内が右往左往しないことが大事だ」と述べ、続投を支持する姿勢を示した。訪問先のシンガポールでの記者団との懇談で語った。
また各種世論調査で、代表を辞めた方がよいとの意見が多いことについて国民の声として真剣に受け止める必要があるが、それでどうこうということではないと話した。(共同)


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:10  |  2009衆院選  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.11 (Wed)


日本の子供も自虐に

「とてつもない日本」へ

東京都の教育委員会が小・中・高校生を対象に調査したところ、自分のことを嫌いだとする回答が過半数を占めた。
一般的に、多感な思春期は自尊と自虐の間を行き来するものだが、小学生から自己否定に走るとは、この国の教育はいったいどうなっているのだろうかと不安になる。
やはり、日教組の自虐歴史教育が黒い影を落としているのではないかと疑わざるを得ない。

自民党は衆院選を睨んで日教組批判を始めた。安倍元首相、森元首相、麻生首相、鳩山総務相、塩谷文科相らが相次いで各地の講演で日教組批判。
森元首相は輿石力という実名を挙げて政治資金問題を指摘した。輿石氏は「コメントに値しない」と逃げている。
自民党のこの作戦は正しい。民主党政権になったらどうなるかを明確に国民に訴えて国民の審判を仰ぐべきだ。

産経新聞( 2009/3/11)
自民 衆院選にらみ「保守色」鮮明 日教組に矛先

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090310/stt0903102207019-n1.htm

閑話休題

アメリカや中国の中学生たちが「自分は価値がある人間だ」と半数以上思っているのに、日本の中学生は、9%にも満たないとはまことに情けない話である。

自虐精神は私の好きな太宰治の小説の世界で十分である。
虐めの世界は子供の中だけではない。
「麻生降ろし」「中川(昭)降ろし」で、大人が醜い見本を子供たちに見せている。

昨日、日本人よ自信を持とうと訴える麻生首相の著書「とてつもない日本」が2ちゃんの呼びかけで爆発的に売れたとしう。

(産経ニュース)
「『2ちゃんねる』に詳しい札幌国際大学の大月隆寛教授は「インターネットの世界には、物見高いけれど無責任、それでいて正義感も持っていた江戸の町人気質が感じられる。マスコミの激しい麻生たたきに対して、町人気質が異議を唱え、多くの賛同者を生んだと考えるべきだ」と解説する。
一方、版元の新潮社は『ただただ困惑している』とコメントしている」


麻生首相氏が政策以外の枝葉末節でマスコミに不当に貶められていると国民(町人)は気づいているのだ。
それにしても新潮社の「ただただ困惑している」というコメントはなにごとか。
太宰治が大嫌いだった言葉、「嬉しい悲鳴」ぐらい言ったらどうだ。


産経新聞(2009/2/11)
小学生に"自尊教育"
中高生の半数「自分に否定的」


 日本の子供たちは自分が嫌い-。東京都教育委員会が公立の小中学生、都立高校生を対象に「自尊感情」について調査したところ、中高生の5~6割が「自分」を好意的にとらえていない
とが10日、分かった。
 日本の子供たちの自尊感情の低さはこれまでも指摘されてきたが、自治体レベルで大規模な調査が行われたのは初めて。都教委は現状を深刻に受け止め、「自分の存在や価値を積極的に肯定できる子供を育てる」とし、4月から小学校で試験的に“自尊教育”を実施する。
 都教委は昨年11~12月、都内の小学生4030人、中学生2855人、高校生5855人を対象に、自尊感情や自己肯定感をテーマにしたアンケートを行った。 
 調査結果によると、中学生では「自分のことが好きだ」との問いに、「そう思わない」「どちらかというとそう思わない」と否定的に回答した割合が、中1=57%、中2=61%、中3=52%に上り、全学年で「そう思う」「どちらかというとそう思う」と肯定的に答えた割合を上回った。高校生でも否定的な考えが目立ち、高1=56%、高2=53%、高3=47%だった。
 小学生では、小1の84%が肯定的な回答をしたが、学年が上がるにつれてその割合は低下し、小6では59%となっている。
このほか、国内外の青少年の意識などを調査・研究している財団法人「日本青少年研究所」の国際調査(平成14年)でも「私は他の人々に劣らず価値のある人間である」との問いに「よくあてはまる」と回答した中学生が、アメリカ51・8%、中国49・3%だったのに比べ、日本は8・8%と極端に低かった。
 自尊感情が低いことについて、同研究所の千石保理事長は「謙虚さ、控えめを良しとする日本の文化がまだ根強いのが一因」と指摘。「子供が成績を他人と比較して、すぐに『自分はダメだ』となる傾向も見られる。これは日本だけの特徴で、諸外国に比べて自己評価が低い。もっと自分に自信を持たせるような教育を進める必要がある」と話している。
 都教委も「自分のことが嫌いでは、学習意欲もわいてこない」と自尊感情の大切さを認識。試案ながら、「自分への気づき」「自分の可能性」などの観点で教員が子供の自主性や個性を積極的に評価し、失敗や間違いが大切な経験であることを強調する指導モデルも作成した。都教委は今後、具体的な指導方法について国内の大学と連携して研究を進め、4月からは小学校1校で試験的に“自尊教育”を実施する予定だ。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

21:22  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.11 (Wed)


自民党の支持率64%!

きききききき自民党支持率67
http://www.iza.ne.jp/jump/http%253A%252F%252Fwww.tfm.co.jp%252Fnews%252F%2523mobilejudge

「ブレた」のではなく「変化」?

東京FMの携帯によるアンケート結果を見て驚いた。
民主党政権に交代することが間違いないかのようなマスメディアの論調の中で、このアンケート結果を見るとまったく別世界に居るようだ。

小沢秘書逮捕を民主党幹部とマスコミは「国策捜査」「不当な国権の行使」だと非難している。
愚民による選挙で参議院を支配した民主党の西岡武夫参院議院運営委員長は、参院議院運営委員会に樋渡利秋検事総長を喚問し、事情聴取すべきだと主張している。
これらの軽率な発言は、民主党がまことに未熟な政党であり、絶対に政権を任せられない、日本を任せられないという思いを強くする。
小沢代表は最初の強気の発言を翻し、国民に謝罪したものの代表の座に居直ることを表明した。
小沢の暴走を止められない民主党に蔑みと哀れみを覚える。

TBS{みんもんたの朝ズバッ!」(2009/3/11)
記者会見での発言が変化

●(謝罪)お詫びする理由は見当たらない 大変ご迷惑をお掛けしご心配を掛けたことをお詫び申し上げる。

●(進退)私自身として、何らやましいことはない 最終的な判断が出るまでは現時点ではまったく考えていない。

●(監督責任)秘書を信頼してやる以外に現実問題として不可能。一つ一つ目を通す時間的余裕は現実にない 結果として代表者だから監督責任がある。


マスコミは麻生首相の発言がブレたの、ブレまくりだのと大いに叩いたくせに、小沢代表になると「変化」だとは恐れ入る
こんなところにも不偏不党であるべきマスコミが、実際には麻生潰しと民主党政権の実現に民意を誘導していることがはっきりと見て取れるのである


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

14:14  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |