FC2ブログ

2009.02.26 (Thu)


本日発売「WILL4月号」より

かかかWILL4月号


今月は玉石混交のWILL

本日発売のWILL4月号は玉石混交の論陣を張っている。

玉のひとつ、対談「田母神俊雄VS石原慎太郎」は日本がアメリカ一辺倒ではなく自主防衛をする必要性を説いている。政治的スタンスは同じなので"大激論"というより"大合唱"の対談といえよう。

田母神氏の歴史認識を踏まえた軍事知識と経験をベースにした主張は説得力がある。さすがの石原慎太郎も一目置かざるを得ない対談となっている。

●戦勝者側から見た一方的な歴史を押し付けられた。戦後、GHQによって巧妙に、日本の社会の中に自己破壊システムみたいなものがビルトインされて、アメリカが去ったあともそれがどんどん増殖していくような形になっていた。

この指摘は正しい。いまだに自己破壊システムは順調に稼動しているからである。工作員というパーツも当然ビルトインされているに違いない。
反日マスメディアは自己破壊システムの代表ともいえる。

防衛産業における日本の技術の優秀性はアメリカに利用される一方で、日本には直接役に立たない。武器輸出を解禁せよと説く。田母神氏は日本が核を持つといえばアメリカは絶対に持たせないように手を打ってくると予想している。だから核三原則の「持ち込まない」を破棄してドイツやイタリアのように核共有システムを導入せよと説く。(石原慎太郎はこのシステムを知らなかった!田母神氏の著書で言及しているのに)

●核は一発でも持てば抑止が成立する。だから北朝鮮は持とうとしている。一方で核兵器は絶対使われることのない兵器だ。

●日本は善人だが世界は腹黒い。アメリカの戦略は北朝鮮に対するミサイル防衛体制に日本の金を使わせる。防衛に金を掛ければ攻撃に金を掛けられずアメリカに依存せざるを得なくなるというものだ。

●一歩ずつ自分で自分の国を守れる体制を作っていかないと、経済が駄目になった時に国民が頼るものがなくなってしまう。


田母神氏が玉とすれば石はだれか。
Ponkoの独断と偏見をお許し願えれば、森田実、亀井静香、屋山太郎、上杉隆の4氏は石とは言わないまでも向こう側の人たちである。
しかし、森田・亀井の両氏は今回、小沢民主党を形の上では批判している。
もっとも森田氏は「小沢氏の『生活重視』は権力を握るための戦術だ」と繰り返し述べ「国連主義」「独裁性」を批判しているが、そんな事は誰でも知っている。

亀井氏は民主党議員に、朝起きたら新聞とテレビを見るなと言うそうな。支持率などのマスコミの報道に簡単に左右されるなと。

●小沢一郎は人相もよくないし、性格も悪い。しかし小沢さんしかいない。今の流れでは民主党が勝つ。

よく読めば、民主党の悪口を言いながら「小沢首相」に擦り寄っている。

上杉隆氏は民主党幹部は旧田中派、経世会出身者ばかりだと指摘する。小泉元首相が自民党をぶっ潰すと言いながら経世会をぶっ潰し、小泉劇場で自民党を立ち直らせたのは周知の事である。

●公明党にとって、今の麻生自民党との連立政権が「ツインベッド」ならば、小沢さんたちとは「ダブルベッド」で寝た仲だ。連立を組むには実は意外に手っ取り早い相手とも言える。

言い得て妙なり。
自民党は自己保存本能から「次の衆院選では小池百合子か野田聖子を首相にして戦うのではないか」と予測している。
事の是非はともかく、十分有り得る話である。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

23:46  |  おすすめの本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.26 (Thu)


麻生首相の英語力は◎

漢字力の次は英語力か

反日マスコミは今度は日米首脳会談の麻生首相の英語が下手だとこき下ろしている。

日本テレビ「情報ライブ ミヤネ」(2009/2/26)
やっぱり落第 麻生首相の英語スピーチ
これ以上恥をさらすのはやめて


日刊ゲンダイの記事を引用して宮根キャスターが麻生首相の英語力が無いと批判していた。
そのくせ、ご自分は麻生首相の英語力を正しく評価できないようだ。

「世界第1位、第2位を the No.1 and second biggest」といった。No.1ならNo.2だ。
翌日の米各紙は、まるでASO WHO?の論調だった。ワシントンポストは『支持率は1ケタ政治的に防戦一方。ボストングローブは『国民に非常に不人気で権力維持に苦闘している』と紹介した。共同記者会見も昼食会も、米側の意向でソデにされた麻生首相・・・」(日刊ゲンダイ)

宮根誠司
「麻生さんて英語ペラペラじゃないですか?」


確かに麻生首相の英語は必ずしもパーフェクトではない。
しかし、どうしても通じないというほど下手ではない。
麻生首相の英語力をあげつらっている連中こそ英語力がないのである。

米紙のネガティブな論調だけ集めて麻生叩きのネタに使う日本のマスコミは日本の国力を侮辱する反日マスコミである。

ちなみにボストングローブ紙(2009/2/25)を調べてみると、
Obama meets with Japanese premierと題して、

The Japanese leader, sitting next to Obama in the Oval Office before their
private meeting, saidthe world's top two economies "will have to work together hand in hand" to solve the "very critical, vital issue of the world."


とちゃんと麻生氏の英語を理解しているではないか。
http://www.boston.com/news/nation/washington/articles/2009/02/25/obama_meets_with_japanese_premier/

勿論、言った言わないの大事な外交交渉の際には専門の通訳がつくのが原則だ。
日刊ゲンダイごときゴロツキ新聞を取り上げて日本のトップを貶めるテレビメディアは即刻、放送権を剥奪すべきである。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

19:20  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.26 (Thu)


日米会談は大成功

麻生VSオバマの思惑

日米首脳会談をめぐるテレビメディアの全てが麻生批判に終始したのに対し、例外的に会談の成果を認めるコメンテーターの番組があったのでご紹介する。
岡江久美子さんの旦那さんの大和田獏さんが温厚な語り口柄でありながらいつも局の方針に従って麻生叩きをしていたが、番組の製作意図を覆すゲスト・コメンテーターのコメントをうまく料理できなかった。獏さん仕事終わったらプロデューサーに叱られるぞ。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(2009/2/25)
日米首脳会談の成果は!?
"麻生VSオバマ”の思惑
「日本は偉大なパートナー」


相変わらずこの番組も「近年の日米首脳会談で、食事も共同会見もないのは異例」と馬鹿の一つ覚えで繰り返している。

大和田獏
「小池さん、異例といえば異例なんですかね?それともスケジュール的な問題だったんですかね」

小池政行(外交評論家)
「スケジュール的な問題だと思う。オバマさんは初めて背広を脱いで執務している写真を出した。だから、儀式やセレモニーにこだわらなくて実を取る。会談時間からすれば、通訳を入れて1時間15分はそんなに短いという感じはしない。無駄な事は喋らないで実質的に事をちゃんと1時間15分でやったという感じがする」


江田憲司は同じテレビ朝日で「通訳入れると正味30分だ。こんな会談で碌な話はできない。外交儀礼上たいへん失礼な話だ」と怒っていたが、ずいぶん話が違うではないか。
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/29614808.html

大和田
「そうすると、昼食を共にしなかった、あるいは共同会見がないからと言って別に軽く見られたのではないということですね」

小池
「ないと思う。日本という国が軽く見られたという事ではないという事は確実に言える。アメリカのドルという基軸通貨の価値を下げないためにも日本の力が絶対に必要だ。だからパナーキンさんというアメリカの中央銀行の総裁が銀行に資金を注入しない、国有化しないと言った途端にニューヨークの株価が上がっている。日本もこれについで上がっている。そういう意味でこの会談は非常によかったなとオバマさんはなるし、日本としても円高傾向がとめられるからよかった」


小池氏はアメリカが一番重視しているアフガン問題については日本の支援が伝えられて感謝されているという。
●8000人の警官の民生支援。訓練と経費の負担。
●200の学校を作る。
●100の病院を作る。


外務省のこのような決定をテレビで聞いたことは無い。
4月に予定されるG20に向けて日米の結束、特にドルの基軸通貨として価値を維持しようという堅い約束ができたという事で、日本にとってもアメリカにとってもいいことだ。

大和田
「日本の首相を最初に呼んで、強いパートナーだといった。その後に高~い請求書が回ってくることはないですか?」

小池
「アメリカが経済的に悪くなるという事は日本も悪くなると言う事だ。この経済危機の中、日本の果たす役割をちゃんとアメリカのオバマ大統領は分かっているということだ。そういう意味でこの時期に呼んだ。一般教書演説、これから何をして行くかと議会で国民に訴えるその直前に呼んだと言う事にも意味がある。だから日本は我々が考えている以上に経済の中で果たす役割、アメリカにとって大変重要な国だと考えた方がいい」


このまま済ませては番組の企画に反するとばかり、川村晃司氏の反論が始まる。

川村晃司
「麻生さんの会談が決まったのはクリントンさんが日本に到着寸前の飛行機にアメリカから入ってきた。クリントンさんのお土産になった。私が見ていると、麻生さんの早く会いたいという要望をオール外務省でやった成果だ。ただ問題は、クリントンさんが来る直前に決まったということは、オバマさんがそれだけ日本の麻生政権に対してどういう風な考え方を持っているのか。
というのは、オバマさんが昨年当選した時に、麻生さんは『オバマさんが勝ったがどうか』と聞かれて『誰が大統領になろうと日米の関係は変わらない』と答えた。ところがオバマさんの方は麻生さんがどういうい人かと勉強するのにこれだけ時間がかかった。
だから小池さんがおっしゃったようにドルを基軸通貨としてお互いにドルを信頼していくことに基本的な認識が一致したという事は日本がドルを支えて行く、国債を売らないでくれ、買ってくれと暗に言っている。これから財務省を通じてジワッと来る」


文字起こししていると、発言者が明晰な頭脳を持っているかいないかが手に取るように分かる。川村氏は悪い例で、喋っている途中で中身が変わる。プルーストの「意識の流れ」ではないけれど、起承転結が破綻している。
たとえば、「クリントン来日の直前に訪問が決まったというのは麻生軽視だ」と言う積もりを途中から「どういう風に考えているのか」ぼかしてしまう。
麻生氏の「誰が大統領になろうとも日米関係は変わらない」という回答はまことに無難で100点満点だが、それを批判する川村氏の後半のセンテンスとつながらず意味不明となる。

良くも悪くも日米の経済関係は一蓮托生だと小池氏は言っているのに、川村氏は日本がアメリカに強いられたいるかのような言い方をする。それが事実だとしても、日本なしには生きていけないアメリカならば逆手にとって外交カードにするという積極的な発想はないものか。いつも自虐に満ちている。

小池
「オパマさんもクリントンさんも決して日本パッシングの政権ではないよと言う事を日本の国民に訴えかけている。そこを分かってあげないといけないなと思う」

山本晋也(映画監督)
「分かりやすく言えばオバマ税を我々納税者は取られると考えてもいいわけですね」


手元の原稿を見て用意した発言のようであったが、政治に口を挟まないでピンク映画でも撮っていなさい。TBSの与良正男といい山本晋也といいお髭のおじ様はどうも信用ならない。

小池
「税という形よりも共に生きていこうという意味では、とても大事な経済的なパートナーだとヒラリーさんもオバマさんも、安全保障もそうだが、日本の国民に訴え掛けている。政権の浮揚のためにやっているのではない」


元外交官であった小池氏の政治的スタンスについてはちょっと甘いかなという気がしないでもな
いが、麻生外交の批判が渦巻く中、首脳会談を前向きに論評したのが印象に残った。
日高義樹氏の「不幸を選択したアメリカ」を今読んでいる所だが、オバマ政権の真価と日本への対応はいずれ明らかになってくると思う。


【提供】
日本直販
アートネイチャー
かぶちゃん農園
アスカコーポレーション
アリコジャパン
大成建設
日清食品


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:53  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.26 (Thu)


与謝野首相で大連立?

怪しい与謝野ラブコール

野党とマスコミの動きがおかしい。
ポスト麻生に与謝野という話がチラホラ出てきて、マスコミも野党も与謝野に対しては気持ち悪いほど褒めている。
今日のテレ朝「スパモニ」では「野党からもラブコール 与謝野氏研究」と題して野党の幹部のラブコールと祖父の与謝野鉄幹まで紹介して与謝野特集をしていた。
その意図は明らかに「麻生降ろし」である。
朝日新聞の言うことの反対のことをすればいい、今までの日本の歴史はそれを証明しているといわれる。
ということは、ここは全面的に麻生支持に回らなければならないということだ。

いつもはピンボケ発言してスタジオの笑いを買っている森永卓郎氏が珍しくいいことを言って与謝野一辺倒のスタジオに冷水を浴びせた。

森永卓郎
「与謝野さんの言ってることは財務省の主張そのものだ。消費税は引き上げなければならない、財政出動はそうは出られない、たとえば政府紙幣の発行はいけないと。私は与謝野さんの政策を取っていたら日本はかなり長い間経済は沈没に向わざるを得ないと思う。この不況期には適切な人物ではないと思う」

早野透(朝日新聞コラムニスト)
「与謝野さんも、時代が求めるときに総理大臣はあり得るのであって、取りに行くというものではないと言っている」

赤江珠緒(キヤスター)
「いままで『自分が自分が』という政治家が多かった中で与謝野さんに注目が集まっているというのは、今、時代が求めているのかもしれません。みなさん有難うございした」


と最後は赤江が与謝野ラブコールでまとめてしまった。

Ponkoは消費税増税には賛成だが、中川氏の一連の事件は財務省の怠慢にも責任の一端があり、陰謀説も否定できない。
こ乱世の時代に与謝野氏では日本の舵取りはできないと直感的に思う。
与謝野首相の下に大連立は願い下げである。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:06  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |