FC2ブログ

2009.01.20 (Tue)


国会で首相を漢字テストする愚

国会を冒涜する石井一議員

日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」(2009/1/20)

麻生首相に政権を維持して欲しい人が居た。
それは二見書房で、麻生首相の失言問題から「読めそうで読めない間違いやすい漢字」という本がよく売れているという。

松尾貴史(コメンテーター)
「なんでこういう本が流行っているかというと、総理大臣がアホやからですよね」

宮根誠司(司会)
「アホやんか、漢字読まれへんがね」


そういう宮根も街で聞いた「目深」「労わる」のうち、「労わる」が読めなかったではないか。

コメンテーターにも漢字テストをすると言われた松尾はうろたえて

松尾
「ちょっと待ってください。総理大臣のせいでなんで僕等がトバッチリを受けなきゃいけないの」


と抵抗するが、結局全員テストを受ける。

読取問題:「強ち」「焦らす」「頌春」「太々しい」

宮根は「焦らす」を「あせらす」と答えて「『あせらす』でもいいんとちゃうの」とバカなことを言う。松尾は「頌春」を「きんしゅん」と答えるし、宮根は4問中2問正解、松尾は4問中3問正解、その他のコメンテーターも1-2問間違えている。

今日の午後の予算審議委員会で民主党の石井一議員が漢字を列記した大きなボードを持ち出して首相に回答を迫った。

①就中②唯々諾々③揶揄④畢竟⑤叱咤激励⑥中興の祖⑦窶し⑧朝令暮改⑨愚弄⑩合従連衡⑪乾坤一擲⑫面目躍如

石井
「ここに書いてある文字はねえ、あなたの漢字力からして届くかなあ?と」

麻生首相
「多分、皆様方のお読みになりにくいのは『身を窶(やつ)し』ぐらいじゃないですか。後の文字は普通に皆さんお読みになられるのでは」


議場に「え~つ」と言う驚きとも感嘆とも取れる大きな声が巻き起こった。

愚問賢答!!! 麻生首相の皮肉を込めた逆襲で石井一は返り討ちにあった。

石井
「もしそうなら、、なぜ『みぞゆう』とか『ふしゅう』とか言うんだよ。おかしいよ!」


と石井がおよそ国会議員に相応しくないヤクザな言葉で反論してももう遅い。
もしかして、麻生首相は今迄わざと読み間違えて話題を呼んだのかとさえ思うような場面だった。

石井
「あるものを認め、率直に訂正するという心が無かったら、段々段々支持率下がるよ。スピーチライターぐらいしっかり決めろよ!」


麻生首相は破顔一笑して手を横に振った。

宮根
「予算委員会で漢字のテストはどうですかねえ」

高野孟
「やり過ぎですよねえ」

宮根
「時間もったいないですよ」

高木美也子
「ちょっと下らないですよねえ」

宮根
「これを麻生さんが全部読めたからと言ってねえ、それで景気がようなったやいいんやけどね」

春川正明
「ちょっと、やっぱりやり過ぎですよ」

松尾
「12種類書いてあるのは、きっと石井さんが読まれへんかったヤツだ」

春川
「国の予算委員会なんだからもっやるべき大切な事があるのにイヤですよね、こういう形でやるってのは」

宮根
「ちょっと見ていて気持ちのいいもんではないですよね。『就中』って『なかんずく」って読むの?はぁ~っ。これ窶し(やつし)って麻生さん読んではったんや。そう考えると、みんな漢字苦手な部分もあるんですけど、これ予算委員会ですから、もうちょっと建設的な話をして頂きたいと思います」


司会者もコメンテーター達も先程の簡単な漢字テストで自信を無くしてか、麻生さんの回答に舌を巻いたのか石井議員の質問の下劣さを批判していた。

今日の予算委員会はこの石井議員に限らず、野党の質問は愚劣を極め、このような程度の低い野党にはとても国の将来を任せられないと良識ある有権者なら思った筈だ。

こんな簡単な12問も正解ではないような野党議員、評論家、マスコミの記者もアナも麻生首相のことを馬鹿にする資格はない。

ところで、あなたは何問正解できましたか。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

18:36  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |