FC2ブログ

2009.01.09 (Fri)


派遣村のカラクリ

働くより生活保護がいい

昨年末から今年にかけてマスコミが念仏のように繰り返した「ハケンギリ」という言葉。
そして派遣村に集まった多くは偽派遣社員たちのドキュメンタリー番組。
もうどこにチャネルを回しても首を切られたと称する派遣社員のインタビューや密着取材ばかりでウンザリだ。

多くの保守系ブログが暴いているように、それらは反麻生キャンペーンであり、打倒自民党、祝民主党誕生を狙う反日左翼マスコミの仕掛けに過ぎない。

すでにその仕掛けは暴露されているので繰り返しになるが、自分用のアーカイブとして以下書き留める。

静岡から日比谷公園の「派遣村」まで歩いてきたという男に密着取材していたテレビ局があった。
静岡-東京といえばおよそ180キロ、東名高速の出来た今でこそ車で3時間くらいだが、東海道五十三次よろしく国道一号線を走れば、昔は5-6時間くらいかかった。
そこを徒歩で何日もかかって日比谷まで来た男の足も靴もぼろぼろだという。
一体そんなにしてまでなぜ日比谷公園の派遣村に来なければならないのか。 
いや、そのへんは曖昧にしているから、派遣村を目当てに歩いて来たというのは多分ウソだろう。
静岡から東京まで数日かかる。派遣村の存在をテレビも新聞もない男が数日前に分かるはずはない。
何も東京まで来なくとも静岡の田舎に行けば飯を食わせて納屋に寝かせてくれる農家があるはずである。ただし、百姓仕事を手伝ってくれればの話である。

かように派遣村に集まった面々のうち何人が本当の派遣切りされた人なのか実に疑わしい。
だから、坂本哲志総務政務官が5日、派遣村について「本当にまじめに働こうとしている人たちが日比谷公園に集まってきているのかという気もした」と率直な感想を述べたのは間違っていない。
それなのに野党から攻められて、あっさり前言を撤回し謝罪した。
田母神氏のように正しい事を言った以上、簡単に撤回したり謝罪したりするなかれ。
かえって左翼リベラル派、野党を喜ばせるだけである。

派遣村にはホームレスがたくさん集まって来て(共産党が日比谷に行けば飯が食えると声を掛けたらしい)テントの張り方など自分は何もしないで指図していた(ラジオ番組で田中康夫議員)。
その田中議員も派遣村の村長こと湯浅誠氏を褒めていて、左翼が湯浅氏の気持ちを裏切ったかのように言っているが間違いである。
湯浅誠氏は共産党と同じ穴の狢。9条の会で講演する左巻きである。

新.義によりて勇を馳せる、保守派
http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/864358/

ライブドアのアンケート「日比谷公園の派遣村村長の湯浅誠氏は無責任だと思う?」でも、「何か別の思惑が」が半数近く、「無責任」が35%、「責任感あり」は2割を切っている。
ネットの住人は気が付いているのだ。
http://lislog.livedoor.com/r/19432

ブログ主各位は「憲法を守れ」などと共産党や社民党のスローガンそのものの幟や横断幕でデモをしている様子を写真に収めて公開している。
中に書いてある手書きのスローガンの文句と文字の稚拙さは、とても派遣社員としても勤まらぬような代物である。

派遣村は反日左翼が造り上げた仕掛けであり、それをマスコミとりわけテレビメディアが取り上げたことは明々白々である。

したがって茶の間の有権者は決して騙されてはならない。

なお、労働者派遣業の仕組みと毎日新聞の嘘(ハンコがないから生活保護法が受けられないなど)を「博士の独り言」さんが解説している。
http://specialnotes.blog77.fc2.com/

派遣村から生活保護を申請する人が多数出たという。
真面目に働いて国民年金を払い続けても貰える年金は月6万円、払わずに生活保護を受ければ月16万円では真面目に働くのが阿呆臭くなる。
そういえば、娘の綾香ちゃんと隣家の豪憲くんを殺害した畠山鈴香は生活保護を受けていながら自家用車に乗っていた。
まさに弱者は強者を駆逐する。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

20:35  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.09 (Fri)


赤羽女医解放に憎まれ口を叩く

崇高な目的か足元の病人か

昨年9月、エチオピアで武装集団に誘拐された日本人医師の赤羽桂子さん(32)女医さんが3ヶ月半ぶりに解放された。
まことに喜ばしいニュースである。
赤羽さんは非政府組織(NGO)の国際医療団体「世界の医療団」(本部・パリ)に所属していて、「崇高な目的のために献身的に働」いていた(産経新聞)という。

産経新聞は社説で

「大事なことは、こうした崇高な目的のために献身的に働く民間人、邦人たちの海外での安全をいかに確保するかだ。政府としても、一段と態勢の強化を図るべきだろう」

と政府に注文をつけている。

このテロ組織の幹部は1億数千万の身代金を受け取った事を明らかにした。
いったいどこの誰が払ったのか。下衆のPonkoは勘繰ってしまう。
寄付を募って活動しているボランティア団体に一億円以上もの金を右から左に動かせるはずはない。
日本政府は関係ないと言っているが、日本政府が払わずして誰が払うのか。
この金は次のテロ活動のための資金になる事を忘れてはならない。

「世界の医療団」は神戸大震災の時に援助に日本にやって来たことから日本支部が出来たという。
有難い話である。
しかし、崇高な行為にケチを付けるようだが、今日本の医療の現場は医師不足で荒廃している。
一人でも医師が欲しい。
なのに、何も海外まで出かけて「崇高な目的」を果たさなくてもいいのではないか。
あなたの助けを求めている病人はあなたの足元にいる。

ボランティアがノーガードで続々と海外に出かける一方、武装した日本の自衛隊は海賊退治にも出かけられない。

産経新聞は日本政府にNGOで働く邦人の安全を守れというが、「世界の医療団」は非政府活動だから、どの国の政府軍の護衛もつけられないという。

だったら、このような事件はこれからも多発するだろう。
人質が解放されたと単純に喜んでばかりいられないのだ。


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

15:35  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.09 (Fri)


取り舵一杯の産経新聞

窮鼠(自民)猫(民主)を噛む?

産経新聞のWEBニュースをみると、産経新聞が左に舵を切ったことがよく見て取れる。
はやくも民主党政権の誕生を見越してゴマをすり始めたか。
ジャーナリストの名が泣くというものである。

国会で自民党が民主党のマルチ商法との癒着や小沢一郎の不動産問題を追及した姿を「窮鼠猫を噛む」とWEBニュースの見出しにした。
さすがに新聞ではこの見出しは控えたが、「『窮鼠猫を噛む』と言えなくもない」と揶揄している。
民主党が猫で、自民党は追い詰められた鼠だというのか。

マルチ商法と政治家の癒着は当然国会で取り上げるべき案件であり、自民党の野田聖子も民主党の山岡賢次、石井一らと刺し違えればいいのだ。
小沢一郎の不動産問題も追求されてしかるべきである。
自民党も問題とするのが遅きに失している。互いに叩き合って膿を出すべきである。

何を遠慮してかマスコミは小沢一郎の問題をとことん追及しようとしない。
マスコミは蛇に睨まれた蛙か。


産経ニュース(2009/01/08 22:53)
与党が異例の先制攻撃、衆院予算委で舌戦スタート 「窮鼠猫かむ」戦術か

今国会初の衆院予算委員会が8日開かれ、本格論戦がスタートした。「倒閣国会」と位置づける民主党は定額給付金や雇用対策などで政府を責め立てたが、自民、公明両党は、民主党とマルチ業界との癒着や、小沢一郎代表の不動産問題などを次々に取り上げ応酬した。「攻撃は最大の防御」とばかりの先制攻撃に、民主党もややたじろいだようだが、支持率低迷に喘ぐ政府・与党の「窮鼠猫を噛む」と言えなくもない。(以下略)


ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

12:32  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |