FC2ブログ

2008.11.21 (Fri)


国籍法改悪は日本の崩壊を招く

国籍法「改正」という名の「改悪」を目指した法案が成立する見通しだ。
このような日本の国の根幹を揺るがすような法律が審議されているというのにマスコミは全くスルーして、麻生首相の失言だの、末期症状だの、厚生省元幹部の殺人事件を連日騒ぎ立てている。
厚生省関係者の殺傷事件も、もとはといえばテレビメディアが年金々々と毎日のように大騒ぎし、後期高齢者医療制度を悪者にしたせいで起こったようなものだ。
その意味でマスメディアは殺人教唆犯である。

恐ろしい事は、与党も野党も選挙の準備で地元入りしている間に、そして誰も法案の及ぼす影響を理解せぬままに成立の運びとなっている事だ。
一部の良識ある議員とネットユーザーが事の重要さを感じて懸命に阻止しようとしている。
もちろん、なかにはこの法案に賛成する売国奴のブロガーも居る。
この法案がたとえ通っても、必ずボロが出る。
私達は手を変え品を変え悪法を廃止すべく全力で阻止しなければならない。


産経ニュース(2008/11/20)
国籍法改正“誰も理解せぬまま”参院も審議入り
「偽装認知」など議論尽くせるのか


 未婚の日本人の父と外国人の母の間に生まれ、出生後に認知された子の日本国籍取得要件から「婚姻」を外す国籍法改正案は20日、参院法務委員会で趣旨説明が行われ、審議入りした。法務委は同日の理事懇談会で、26日に1時間45分の参考人意見聴取、27日に4時間の一般質疑を行った後に委員会で採決することで合意。このため、改正案は28日の参院本会議で成立する見通しとなった。

 衆院法務委がわずか3時間の審議で改正案を採決し批判を受けたことから、参院側は「慎重な対応をしたい」(自民党国対幹部)として倍近い審議時間(5時間45分)を確保した形だ。だが、これで懸念される偽装認知への歯止めをどうするかなど、十分な議論が尽くせるかどうかは疑問だ。
 「この中で、国籍法改正案を全部理解している人は手を挙げてください」
 20日昼の自民党津島派の総会で、戸井田とおる衆院議員はこう呼びかけたが、手を挙げた議員は1人もいなかった。改正案は国会議員も内容をよく把握しないまま、成立へと向かって突き進んでいるようだ。
 改正案は今月4日に閣議決定されたが、国会議員らが問題点や危険性に気付いたのはその後のことだった。無所属の平沼赳夫元経済産業相は19日の「国籍法改正案を検証する会合に賛同する議員の会」で、こんなエピソードを紹介した。
 「現役閣僚から『とんでもない法律が通りそうだから何とかしてくれ』と電話があった。『あなたはそれに閣議でサインしたんだろう』と言ったら、『流れ作業で法案の中身は分からなかった』と話していた」
 自民党では、改正案が衆院を通過した18日の役員連絡会や参院執行部会で問題指摘が相次いだ。執行部会では、国対幹部が「運用で(犯罪に)歯止めをかけていく工夫が必要だ」と述べ、尾辻秀久参院議員会長も「もう一度検討した方がいい」と語ったが、成立の流れを押しとどめるまでには至っていない。
 一方、民主党の改正案を問題視する議員からも「うちの法務部会(部門会議)も、『次の内閣』会合も通っちゃっているんだよな」との嘆息が漏れている。


国籍法改悪に反対の方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

17:32  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.21 (Fri)


自分の力で南北統一したら

厄介な隣国

韓国の世論調査で、韓国人は北朝鮮は敵ではなく共存する相手だと思っている事が分かった。
現在は朝鮮半島を南北に分断されていても、元来はコリア民族である。
韓国人の8割が北朝鮮を「共存する対象」つまり「同胞」と思っているのは当たり前の話であり、いまさら不思議でもない。

しかし、政治システムから言えば相容れない敵である。民主主義国と敵対する独裁政治システムのもとで苦悩する同胞をどう思っているのだろうか。

このへんの曖昧な態度が日本にとっては理解できないし厄介な隣国といえる。
早く自分の力で南北を統一してコリア民族として「民族自決」して欲しいものだ。

朝鮮半島民族は以前から自分の力で国を維持していく能力に欠けていた。
歴史的にも日韓併合でコリアは近代化を実現できたのは紛れも無い事実であるのに、植民地化されたといたずらに日本を非難することにエネルギーを集中し、いまだに自分の国を自分の手で統一することができない。
戦後60有余年経ったいまでも日韓併合時代に親日派だった同胞の子孫から財産を収奪するような国である。

12月13日に福岡県太宰府で日中韓の首脳会談が開催されるが、竹島問題で反日に舵を切った李明博大統領が、IMF経由で日本に経済援助を求めても決して同意してはならない。

それにしてもいまどきこんな無意味な意識調査をする李明博大統領の気が知れない。


産経ニュース(2008/11/21)
韓国人の8割以上が「北は共存する対象」世論調査

【ソウル=水沼啓子】韓国人の8割以上が「北は共存する対象」とみていることが20日、韓国大統領の諮問機関「民主平和統一諮問会議」(議長・李明博大統領)がリサーチ会社を通じて今月初旬に実施した「国民の統一意識」に関する世論調査で分かった。
 調査は今月7、8日、全国の19歳以上の男女1008人を対象に実施。その結果、「北朝鮮は自分たちにとってどんな対象か」という設問に対して、55.3%が「包容して共存する相手」、28.8%が「敵だが共存する相手」と回答し、8割以上が北に対して肯定的な見方を示した。
 一方、「対峙する敵」と答えたのは9.7%に過ぎず、「無関心の対象」4.8%と合わせても、北に対して否定的な見方は2割にも満たなかった。
 南北統一の重要性については、「重要だ」との回答が82.3%を占め、調査開始の2004年以降で最多となった。「重要でない」は17.3%だった。
 南北関係改善のために最も重要なこととして、「経済協力の活性化」が27.1%で、続いて「政治的信頼の構築」23.8%、「北の核問題解決」16.0%、「軍事的緊張緩和」13.9%-などとなった。
 現政権の対北政策については、「支持する」が49.8%で、「支持しない」が46.4%と評価が分かれた。


韓国とは関わりたくないと思う方はクリックを!
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

16:54  |  -朝鮮半島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.21 (Fri)


冷酷だと言われようとも

ふやけたニッポン

不法滞在したフィリピン人夫婦の間に出来たフィリピン国籍の子供が日本在住を求めているニュースが連日取り上げられて同情をかっている。

TBS「ピンポン!」(2008/11/21)

埼玉県の公立中学校に通うフィリピン国籍のカルデロンのり子さん(13歳)が特別理由がある場合に法務大臣が裁量で日本に残ることを認める「在留特別許可」を求めている。
のり子さんは2年前に両親の不法滞在が発覚、一家は今月27日までに国外退去するよう命じられている。
しかし、日本で生まれて日本の学校に通うのり子さんは、フィリピンの言葉も文化も分からないとして、昨日2300人の署名や嘆願書を法務大臣と文部科学大臣あてに提出していた。

森英介法相
「こういった事案はこれ一つにとどまらないので、個別の事案についてはコメントは差し控える」

塩谷立文科相
「今回の問題はすでに最高裁で判決が出ている問題だ。不法な滞在であって、これについては法的に守って頂かねばならない」

ナレーション
「のり子さん一家の国外退去の期限は後六日に迫っています」


のりこさんが利発そうな中学生であるだけに、悲しい思いをさせた両親の無責任さに怒りを覚える。
法を犯した両親は恥じる事も無く子供と該当で署名運動したり、テレビの取材に応じている。
2年前に不法滞在が発覚して、いままで両親は何をしていたのか。
不法滞在を摘発してなお2年も日本への滞在を許した政府はいったい何をしていたのか。
この情報だけで判断すれば、少なくとも13年以上日本に不法滞在していた事になる。
同情的なマスメディアの取り扱いにも腹が立つ。
日本は外国人に対してなんと甘い国なのかと思う。
このうえ参政権付与、国籍法改悪で日本はますます崩壊に向かって進んでいる。

もうひとつは9年前の割り箸事故。
綿飴を食べていて転んで割り箸が口蓋に突き刺さった少年が医者が見落として死亡した。
両親が医療過誤だとして訴訟を起こしたが二審でも医師の無罪判決が出た。
これも親の悲しみは理解するものの、結局は親の監督責任だろう。
自分の責任を感じないで嘆願したり訴訟したりする。それを厳しく批判する世論も無い。
いつから日本はこんなにふやけた日本になったのか。
田母神論文が問うている問題のひとつがここにもあると思う。



ランキングへのご支援をお願いします。
****
FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

14:36  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |